最近は大気の状態が不安定な日が多く、
晴れていても、サーッと雨が降ることがよくありますね。
そんな予報が出ていた朝は、
アウターに防水仕様のパーカを選んでみました。

シンプルな白Tも、ベストを重ねると“おしゃれ感”が出せるようです。パーカ/ヘルノ Tシャツ/無印良品 ニットベスト/LEMAIRE パンツ/インコテックス ピアス/サイモン アルカンタラ バッグ/ザ・ロウ 靴/トッズ

インに着ているのは白のTシャツに黒のニットベスト、
アンクル丈の黒パンツというベーシックなアイテム。
このモノトーンの着こなしには、
もちろん黒アウターがぴったりなのですが、
あえてネイビーを合わせてみたのが私的ポイント。
スポーティな紺の存在感で、重くなりがちな春夏の黒も
軽やかに仕上がったように感じています。

思えば、かつては黒に紺を合わせることは、
めったにしなかったものですが、
スポーティな着こなしがトレンドになってからというもの、
黒という色のもつ硬さを程よく払拭できることから、
黒×紺という配色が定着してきたように思います。

前立ては比翼になっていて、ファスナーの後に、スナップで綴じる仕組み。防水・防風の機能性を感じます。パーカ/ヘルノ

アウターに選んだパーカは、ヘルノのラミナーシリーズ。
薄軽で暖かいダウンで知られるヘルノですが、
GORE-TEXのファブリックを使用したラミナーも、
機能性の高さとシンプルなデザインで、
メンズから火が付き、女性にも人気の存在に。

防水耐久性・透湿性・防風性に優れていることから、
私もダウンとコートが二枚重ねになった冬物を
日常から旅まで愛用してきましたが、春夏物はお初。
着てみると、とにかく軽く、適度に温かく、
ちょっとやそっとの雨でもへっちゃらの頼もしさ。
フードが付いているから、小雨なら傘も不要です。

前身頃が短め、後ろ身頃が長めになったデザインも、
小柄な体型をバランスよく見せてくれるとあって、
この春、ヘビロテのアウターになりました。

(写真/エディターH&J 文/エディターJ)

【身長152㎝の着こなし】シリーズはこちら