「定番の時計ではもう持っているから、目先の変わった機械式腕時計がほしい」という時計上級者向けのラインナップが、今季は豊富にそろっている。文字盤の色だけではなく、素材にファブリックを使用するなど、2017年の新作時計は高級時計ならではの遊び心にあふれているものが多い。ベルトの色やベゼルなどの豊かな配色が、時計上級者の「もっと個性的な時計を!」というリクエストに応えているのだ。まさに虹色のカラーリングを持つ、名門ブランドの新作がこれだ。

腕時計の常識を覆すファブリックダイヤル
ウブロ『クラシック・フュージョン クロノグラフ イタリア インディペンデント チタニウム プリンス・オブ・ウェールズ』

フィアット創業家の出身であり、イタリア インディペンデントのオーナー、ラポ・エルカンとウブロとのコラボモデルは、大胆にも名門・サルトリアルビナッチのチェック生地をダイヤルとストラップにあしらった、「ウブロ」らしいスタイリッシュな一本だ。

●自動巻き ● チタニウムケース×ファブリック+ラバーストラップ ●ケース径/45㎜ 予価¥1,600,000(問い合わせ LVMH ウォッチ・ジ ュエリー ジャパン ウブロ)※世界限定50本、ブティック限定、7月発売予定

これぞイタリアの粋旬のイエローに心躍る
ブルガリ『ディアゴノ スクーバ』

大胆なカラーリングを、300m防水の本格派ダイバーズに採用するというのが「ブルガリ」らしい洒落た遊び心だろう。古代ローマの建造物からインスピレーションを受けたというデザインと、トレンドカラーのイエローの組み合わせが楽しい。海辺のリゾートで、ほどよく日焼けした手首につけたい一本だ。

両方向巻き上げ式自動巻き ●ステンレススティールケース×ラバーストラップ ●ケース径/41㎜ ¥720,000(ブルガリ ジャパン

不朽の名作ダイバーにカラーバリエーション登場
オーデマ ピゲ『ロイヤル オーク オフショア・ダイバー』

堅牢さを主張するような八角形のベゼルと、8本のビス。不朽の名作『ロイヤル オーク オフショア・ダイバー』に、ホワイト、イエロー、オレンジ、グリーン、ネイビーのバリエーションが登場。唯一無二の個性を感じさせるこの時計の高いデザイン性を際立たせるホワイトは、大人のカジュアルシーンを贅沢に彩る。

●自動巻き ●ステンレススティールケース×ホワイトラバーベルト ●ケース径/42㎜ ¥1,900,000(お問い合わせ オーデマ ピゲ ジャパン

人気のパイロットウォッチの新色は、大人のディープレッド
ゼニス『パイロット タイプ20 エクストラ スペシャル-40㎜』

パイロットウォッチブームの火付け役であり、牽引役の『タイプ20』に新色が登場。深みのあるレッドは、エイジング加工を施されたケースやストラップとの相性抜群。着古したデニムシャツなどに合わせたくなる一本だ。ほかにブルー、カーキなど全4色で展開。好みやスタイルにあわせて選びたい。

●自動巻き ●エイジドスティールケース×オイリーヌバックストラップ ●ケース径/40 ㎜ ¥640,000(お問い合わせ LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン ゼニス

落ち着きを感じさせるグリーンのグラデーション
カール F.ブヘラ『マネロ パワーリザーブ』

外周からセンターに向かって少しずつ明るさを増すグリーンのグラデーションは、繊細かつ複雑な工程で仕上げられたもの。個性的でありつつ落ち着きをも感じさせる大人の色。ビッグデイトやパワーリザーブ、スモールセコンドをダイヤルに配した一本は「遊び」を超え、定番としての風格をたたえる。

自動巻き ●ステンレススティールケース×カーフスキンストラップ ●ケ ース径/32㎜ ¥640,000(お問い合わせ ブヘラジャパン)※世界限定188本

リネンスーツに合わせたいブラウンのダイバーズ
ブライトリング『スーパーオーシャン ヘリテージ II 42』

1957年に発表され、ダイバーたちの間で圧倒的な人気を誇った『ス—パーオーシャン』にオマージュを捧げるニューモデル。ダイヤル、ベゼル、ストラップまでブラウンで統一され、シックな雰囲気に変身した一本は、Tシャツではなく、リネンなど涼しげな夏のスーツスタイルに合わせたい。

●自動巻き ●ステンレススティールケース×ラバー・レザーストラップ ●ケース径/42㎜ ¥490,000(お問い合わせ ブライトリング・ジャパン)※今夏発売予定

※価格はすべて税抜です。

この記事の執筆者
TEXT :
MEN'S Precious編集部 
BY :
MEN'S Precious 2017年夏号スイスの2大時計フェアから厳選した男の手元を飾るべき「名品時計」の結論より  / 2017.9.27 更新
名品の魅力を伝える「モノ語りマガジン」を手がける編集者集団です。メンズ・ラグジュアリーのモノ・コト・知識情報、服装のHow toや選ぶべきクルマ、味わうべき美食などの情報を提供します。
Faceboook へのリンク
Twitter へのリンク
クレジット :
撮影/武田正彦(静物)、唐澤光也(静物/パイルドライバー)、川田有二(人物) スタイリスト/大西陽一(RESPECT) ヘア&メーク/星 隆士(SIGNO) モデル/Trayko 構成/川上康介、岡村佳代
TAGS: