この春夏に向けて新調したもののひとつに、
身長152㎝と小柄な私のマストアイテム、黒のクロップドがあります。
定番的なボトムスではありますが、
ウエスト位置をジャストウエストに、
ノータックからタックありのデザインにすることで、
今の気分に合わせて進化させたつもりです。

ブラウスは首の後ろをリボンで結ぶデザイン。立食のパーティでもありがたいポイントに。ブラウス/AERON パンツ/インコテックス サングラス/ブルガリ ピアス・リング/ホアキン・ベラオ 時計/ベダ&カンパニー バッグ/Sans Arcidet 靴/プラダ

案の定、どんなトップスを合わせても新鮮に映り、
出番の多いアイテムになったこのパンツ、
仕事スタイルはもちろんですが、
ちょっと華やかな席にも活躍させようと、
トップスにプリントのブラウスを合わせてみました。

このブラウス、後ろ身頃が前身頃より長くなっていて、
前身頃はちょうどおへそのあたりにくる
いわゆるミドリフ丈になっています。
トップスをインで着なくても、上半身が小さく見えて
小柄な私にとってはありがたい限り。
しかもプリントの効果で、シンプルな黒パンツでも
俄然、ドレスアップした感が出せるのです。

ごくごくシンプルなデザインなので、うん十年前のものでも未だ現役。3つ重ねづけはもちろんですが、ブラック&ホワイトで付けることも。リング/ホアキン・ベラオ

この日は、会食ということもあり、普段はあまりつけない
リングも加えてみることにしました。
うん十年前に購入したものですが、
曲線的なデザインとブラックダイヤモンドとが、
ブラウスの柄とリンクするかな…と思ったからです。

お箸や器を持つ手というのは、意外と注目を集めるもの。
そこで時計もケースダイヤのものをセレクトしました。
本来は所作にまで心を配れるといいのですが、
まだまだ自信がないので、
せめて爪の手入れと装身具には抜かりのないように…と
心がけてみたつもりです。

写真ではわかりづらいのですが、
実はサングラスのテンプルも、
少しだけキラキラと輝くデザインになっています。
昼でも夜でも、会食やパーティなどの予定のある日は、
服や小物で上半身にポイントをつくっておくと、
気後れせずに、その場に臨めるように思っています。

(写真/エディターH&J 文/エディターJ)

【身長152㎝の着こなし】シリーズはこちら