今回、ベース型の輪郭をカバーできるミディアムヘアを提案してくれるのは、表参道にある美容院・ROIのデザイナー関田康司さん。

エラの張り、頬骨を目立たなくするための方法を関田さんに聞くと、その答えは3つ。「前髪をかき上げる」「リバース巻きで顔まわりを華やかに」「顔のフレームを菱形にする」ことだと教えてくれました。

「ベース型の場合、前髪を下ろして輪郭を隠すのは逆効果!前髪で額を隠してしまうと肌の露出面が台形になってしまい、よりエラの張りを目立たせる原因に。輪郭を綺麗な卵型に見せるためには、顔のフレームを菱形に作ることが大切です。前髪をかき上げて額を出し、顔まわりをリバース巻きにすると、自然と菱形フレームが完成します」(関田さん)

気になるエラをカバーできるだけでなく、エレガントで華やかな雰囲気にも。前髪をかき上げることで華やかさがぐっと増す、関田さんイチオシのスタイルがこちら。

■髪型:かき上げた前髪がエレガント。華やか美人になれる菱形フレームは必見!

ベース型のミディアムヘア代表:羽舞 咲さん(44歳/モデル)の場合

完成
サイド
バック

羽舞さんのHAIR CHART

  1. やわらかさ(柔→硬)★★★
  2. ボリューム(少→多)★★★★
  3. 髪の太さ(細→太)★★★
  4. うるおい(乾→潤)★★
  5. 白髪の量(多→少)★★★★★

「顔まわりにだけレイヤーを入れて、巻いたときに動きが出やすいようにしています。毛先がスカスカしていると艶やまとまりが出にくいので、カットベースは重めに設定。大人の女性は、毛先の毛量をある程度残した方がエレガントな印象に仕上がります」(関田さん)

■スタイリング: かき上げ前髪とリバース巻きで菱形フレームを意識!

「顔まわりをリバース巻きするときは、かき上げた前髪の毛先と顔まわりの髪の毛を一緒に巻いてください。前髪の毛先をかませることでサイドとなじみ、自然な毛流れになります」(関田さん)

スタイリング前

■1: 前髪をかきあげながらドライヤーを当てる

根元に熱を当てるとうまく立ち上がる。

■2: 前髪と顔まわりの毛束の中間をリバース巻きに

コテは32mmを使用。前髪と顔まわりの毛束をとってコテでリバース巻きにする。前髪の毛先も一緒に巻くのがポイント。

■3: ワックスを髪全体の根元につける

パール1粒大くらいのワックスを手のひらになじませて、髪の内側から大胆に揉み込んで。

〈ベース型ミディアムヘア スタイリングのコツ3か条〉

  1. ■前髪をかき上げる時は根元にドライヤーを当てる
  2. ■リバース巻きする時は前髪の毛先もかませる!
  3. ■ワックスは根元に揉み込む

「ワックスをつける時は前髪からつけないこと。やりがちですが、かき上げた前髪にワックスがつきすぎると時間とともに潰れてしまいます。ワックスは神の内側、襟足、耳の上の根元に重点的につけて。少し硬めでキープ力のあるものを使用すると根元からふわっとした印象に仕上がります」(関田さん)

ROIのデザイナー関田康司さん。家電にハマっている関田さん。「今一番欲しいのは除湿機!いろいろと特徴があるので、どれを買うかすっごく悩んでいます(笑)」

問い合わせ先

ROI
住所/東京都港区南青山5-7-21-B1F
TEL:03-6434-1168
営業時間:月~金 12:00~21:00/土・日・祝 10:00~19:00
定休日:水曜・第三火曜

アンティーク調で落ち着いた雰囲気の店内。丁寧なカウンセリングで40代の髪悩みに真摯に向き合ってくれる。

 

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
古谷利幸〈F-REXon〉
EDIT&WRITING :
青木 笑