面長顔のショートヘアは「メリハリがないと野暮ったくなる」と話すのはZACC raffineスタイリスト・賀山博之さん。

面長顔のショートヘアに必要なメリハリとは?

「トップとサイドにしっかりとボリュームを出して、襟足はキュッと引き締める。このメリハリによって髪全体のシルエットが菱形になり、面長顔を綺麗な卵型に見せることができます」(賀山さん)

とはいえ、年齢とともにボリュームが出にくくなり、トップがペタッとした印象になることもしばしば…。

「ボリュームが出にくい方はパーマがオススメ。ワンカールくらいのゆるいパーマをかけると、頭頂部がしっかりと立ち上がり、カールの動きでサイドにもボリューム感が出ます」(賀山さん)

パーマだけでなく、マジックカーラーでボリュームを作る方法もあるのだそう。今回は、自宅でも簡単にメリハリを作るスタイリング方法をご紹介します。

■髪型:ゆるふわウェーブと程よいボリューム感が魅力!

面長顔のショートヘア代表:西原英理子さん(39歳/会社員)の場合

完成
サイド
バック

西原さんのHAIR CHART

  1. やわらかさ(柔→硬)★★
  2. ボリューム(少→多)★★
  3. 髪の太さ(細→太)★★
  4. うるおい(乾→潤)★★
  5. 白髪の量(多→少)★★★★★

ボリュームが出にくく、ペタッとなりやすい髪質の西原さん。

「トップに動きが出るよう、つむじ周りを短くカット。サイドにもレイヤーを入れて、ペタッとしがちな髪質でもボリュームが出るように工夫しています。顔まわりと襟足をスッキリと抑えることで、トップとサイドのボリュームがより際立ちます」(賀山さん)

■スタイリング: 襟足を抑えるとメリハリがより際立つ!

「スタイリング剤をなで下ろすようにつけると、ペタッと感が強調されてしまいます。つけるときは髪をクシュクシュと握るように。空気感のあるふんわりとした印象に仕上がります」(賀山さん)

スタイリング前

■1: カーラーで頭頂部にボリュームをプラス

頭頂部の毛束を上下に分ける。トップの毛束をざっくりと取って後ろに向けて巻く。そのまま10分ほどキープ。

■2:前髪もカーラーで巻く

前髪を根元から巻く。そのまま5分ほどキープ。

■3: ワックスを全体に揉み込む

小指の爪くらいのワックスを手のひらになじませ、髪を握るように全体になじませる。

■4: 襟足を抑えてメリハリを

手のひらに残ったワックスで襟足を抑える。

〈面長顔ショートヘア スタイリングのコツ3か条〉

  1. ■頭頂部をカーラーで巻く時は根元からしっかりと!
  2. ■スタイリング剤は髪を握るように揉み込む
  3. ■襟足は必ず抑えてタイトに!

「スタイリングの前に、髪の根元を起こすように乾かしておくと、よりふわっとした印象に。襟足を抑えたときに、よりメリハリが生まれます」(賀山さん)

ZACC raffineスタイリスト・賀山博之さん。スニーカーが好きで集めているという。「コレクションは12足。上限を決めていて、これ以上増えたら友達にあげるようにしています」

問い合わせ先

ZACC raffine 
住所/東京都港区北青山3-11-7 AO4F
TEL:03-5468-5882
営業時間:平日12:00~21:00、土・日・祝10:00~19:00
定休日:火曜(賀山さんは月曜日定休日)

フランス語で「洗練された」という意味のraffine。その名の通り洗練された技術と上質なおもてなしで迎えてくれる。

 

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
古谷利幸〈F-REXon〉
EDIT&WRITING :
青木 笑