「年々クセが強くなっている」と感じていませんか? 

せっかくアイロンで伸ばしても、湿気や汗ですぐに戻ってしまうクセ毛。クセを生かすショートにすると、白髪が目立ってしまうため、白髪染めの回数が増えてしまう…こんな負のトライアングルに陥ったクセ毛を救ってくれるのは、Doubleのヘアスタイリスト・田中直美さん。

「クセと膨らみが気になるサイドのボリュームを抑えるだけで、扱いやすくなりますよ。白髪は黒く染めず、あえて明るい髪色に染めましょう。白髪が目立たなくなるだけでなく、うねりも目立たなくなります」(田中さん)

クセ毛を救うおすすめスタイルをさっそくチェック!

【お悩み】何をしても収まらないクセ毛をコントロールしたい!

ショート代表:杉本貴子さん(49歳/栄養士)のお悩みを解決するには…

■髪型:広がりやすいサイドを抑えボリュームは後ろにつくる!

完成
サイド
バック

杉本さんのHAIR CHART

やわらかさ(柔→硬)★★
ボリューム(少→多)★★★
髪の太さ (細→太)★★
うるおい (乾→潤)★
白髪の量 (多→少)★★

歳を重ねるごとにクセが強くなっている杉本さんの髪。「クセが強くなると、どうしてもペタッとなる部分と膨らむ部分ができます。髪の内側を少しだけ刈り込んで2ブロックにすると膨らみやすいサイドを軽くしました。その分、ボリュームは後ろにつくり、後頭部に丸みを出しています」(田中さん)

■スタイリング:全体はクセを生かし、前髪だけ真っ直ぐ伸ばしてメリハリをつくる

「クセ毛は乾燥しやすいので、スタイリングにクリームやオイルは欠かせません。スタイリング前と後になじませておけば、長時間ツヤ髪をキープできます」(田中さん)

スタイリング前

■1:スタイリング前に必ず髪をまんべんなく濡らしておくこと

クセをリセットするように、まんべんなく髪を濡らしておくこと。

■2:髪全体を揉み込むようにヘアクリームをなじませる

クリームは指2本分の第一関節ですくった量。
2回に分けて、たっぷりのクリームをなじませる。

■3:前髪だけ手ぐしで整えながらドライヤーをあて、真っ直ぐに伸ばす

指で少し引っ張るような感じでブローを。

<老け見えをくい止めるポイント3か条>

  1. ■膨らみやすいサイドの広がりを抑える
  2. ■髪は黒く染めず明るい髪色に染める
  3. ■乾燥しやすいクセ毛はクリームやオイルでパサつきを抑える

「杉本さんの髪はピンク バイオレットで染めています。白髪がちょうどメッシュのようになって、白髪そのものの存在が目立たなくなります」(田中さん)

クセ毛は乾燥しやすいので、パサついて見えるのが難点。田中さんのおすすめは、『スクリーム モイスト ヘアクリーム』¥1,500(サンコール)。「髪が濡れている状態でこのクリームをなじませておけば、パサつきが抑えられます。それでも髪が乾くのであれば、スタイリングの後にオイルスプレーをかけておくと、もちが違います」(田中さん)

Double ヘアスタイリスト・田中直美さん。最近、家に花を飾るようになったとか。「花があるだけで部屋の雰囲気が変わりますよね。花屋さんをのぞくのが楽しくなりました」

問い合わせ先

Double
住所/東京都渋谷区神宮前4-13-13 フォレストプラザ表参道1F
TEL:03-3475-6060
営業時間:月・火・水・日祝 10:00~19:00、木・金12:00~21:00、土10:00~20:00
定休日:第3月、火

大人の女性ならではの髪悩みを解消するスタイルを提案してくれるサロン。
この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
古谷利幸〈F-REXon〉
WRITING :
中島祐美
DIRECTION :
青木 笑