タピオカミルクティーは飲めば飲むほど奥深い

ほぼ毎週のようにどこかでオープンしているタピオカミルクティーの専門店。ドリンクスタンド形式の店舗が多く、テーブルが必要な業態よりも出店が容易なのもありますが、そのスピードたるや驚異的なレベル。甘さのレベルが調整できるなど、台湾ではおなじみのオーダー方法にも、みなさん慣れてきたころではないでしょうか。

飲み比べているうちに気が付くのが、タピオカのおいしさの違い。最近は「生タピオカ」「黒糖タピオカ」など、タピオカ自体の味わいにも注目が集まっています。

そんなブームのなか、また話題になりそうなのが、2019年6月14日(金)、MAGNET by SHIBUYA109の7階にオープンした「珍煮丹(ジェンジュダン)」。

その創業は2010年、年⼠林(シーリン)観光夜市にて1号店をスタート。 2017年には、独⾃の⿊糖⼯場を設⽴し、純粋なハンドメイド技術で⿊糖を製造するなど、素材への深いこだわりがあるお店です。

珍煮丹 渋⾕ MAGNET109店

その味わいは、台湾のライフスタイル・時事情報を多⾓的に伝える⼈気モバイルサイト「Mobile 01」主催で2017年に開催されたブラインドテイスティングでも証明されています。

このブラインドテイスティングでは、台湾の⼈気タピオカミルクブランド30ブランドをノミネート。味・⾊・タピオカのサイズ・⾷感などをすべてブランド名を伏せたうえで審査し、そこで珍煮丹の「⿊糖ミルク」が断トツの1位に選ばれています。

主原料にはすべて天然のものを使用。タピオカには、100%台湾製の天然⿊糖とその⿊糖の味を存分に染み込ませています。さらに、⽇本の珍煮丹では北海道産の濃厚な⽜乳を使い、リッチな味わいも楽しめます。

タピオカミルクティー以外もおいしい!

「珍煮丹(ジェンジュダン)」の名前の由来は、台湾の古い⾔い伝えの「将珍珠煮成仙丹」から。その昔、秦の始皇帝が、不⽼不死の薬とされる「仙丹」という薬をつくらせようとした故事に由来しているのですが、そこには「添加物などを使わず、素材にこだわった本当に体によいものを提供する」という想いが込められています。

黒糖を使ったドリンクもおすすめですが、さっぱりと飲みたい人には「フレッシュフルーツティー」がおすすめ。店内でカットしたフルーツを沈めたフルーツティーは、飲み終わったあとのりんごやキウイなどもおいしくいただけます。

また、MAGNET by SHIBUYA109の7階は共有の飲食スペースがあるので、座って飲めるのもうれしいポイント。駅前なので待ち合わせまでの時間調整などにも使えそうです。

左/「ミルクフォーム 黒糖オレオ タピオカミルク」Mサイズ・右/「フレッシュフルーツティー」Lサイズ 各¥750(税抜)
商品を受け取るカウンターからはドリンクの調理過程がよく見えます。
店舗に設置されているメニュー。実はミルクティーではなく、「ミルク」や、スムージーなどバラエティ―豊富にそろっています。

問い合わせ先

  • 珍煮丹 渋⾕ MAGNET109店
  • 営業時間/11:00〜23:00(休館⽇1⽉1⽇または施設に準ずる)
  • TEL:03-6868-8477
  • 住所/東京都渋⾕区神南1-23-10 MAGNET by SHIBUYA109 7F「MAG7」

 

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
WRITING :
北本祐子