カーキ色のファッションアイテムを使った、夏の着こなしを雑誌『Precious』から集めました。パンツにジャケット、ワンピースまで、カーキでつくる大人のファッションテクニックを参考に、ぜひ夏のおしゃれを楽しんでみてください。

【目次】

レディース夏のカーキコーデ


【1】カーキベスト×ベージュプリーツスカート

ベルト・ベスト・スカート・バッグ(クリスチャン ディオール〈ディオール〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious7月号』小学館、2019年
ベルト・ベスト・スカート・バッグ(クリスチャン ディオール〈ディオール〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious7月号』小学館、2019年

ジャケットなどアウターの上からベルトをつけるのが、今の新しい傾向のひとつ。最適なのが、トップブランドの品格漂うロゴベルトです。クラシカルなエレガンスを物語るDバックルのベルトを、襟付きベストの上からジャストウエストでマークすれば、優雅な女らしさが際立って。「ディオール オブリーク」のジャカードキャンバスも華やぎオーラを発信します。

【2】カーキワンピース×ベージュパンツ

ワンピース・パンツ(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉)、バングル(フレーク) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious6月号』小学館、2019年
ワンピース・パンツ(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉)、バングル(フレーク) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious6月号』小学館、2019年

サファリを連想させる流行色=カーキに、大人が挑戦するなら、着こなしのどこかに女らしさを意識しましょう。例えばこのシンプルなワンピース、襟元を飾るボールチェーン「ルーチェ」が華やぎを添え、強撚のレーヨン素材が艶としなやかな落ち感を生み出します。サテンパンツと合わせて、軽快なスポーツ感覚で着こなすのが今の気分です。

【3】カーキカーディガン×白トップス×ベージュパンツ

カーディガン(スローン)、トップス(コロネット〈アバティ〉)、パンツ(ウールン商会〈ジェントリーポルトフィーノ〉)、バッグ(モワナ メゾン GINZA SIX)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious6月号』小学館、2019年
カーディガン(スローン)、トップス(コロネット〈アバティ〉)、パンツ(ウールン商会〈ジェントリーポルトフィーノ〉)、バッグ(モワナ メゾン GINZA SIX)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious6月号』小学館、2019年

白のノースリーブトップスとベージュのパンツに投入。グレイッシュカーキの辛口のニュアンスが、淡色配色に深みと自然なメリハリを生み出し、洗練された印象に。カーディガンの前を開けてはおると、白のボタンが縦ラインを強調してすっきりスタイルアップできます! 

【4】カーキニット×ブラウンパンツ

ニット(スローン)、パンツ(ストラスブルゴ〈アリクアム〉)、タプレイのピアス・リング・ソフィー ブハイのブレスレット(エスケーパーズ)、時計(IWC) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2019年
ニット(スローン)、パンツ(ストラスブルゴ〈アリクアム〉)、タプレイのピアス・リング・ソフィー ブハイのブレスレット(エスケーパーズ)、時計(IWC) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2019年

ニットはウルトラ撥水加工を施したポリエステル糸で編んだ、スポーティーな天竺クルーネックプルオーバー。空気を多く含むため非常に軽く、通気性と速乾性に優れたイージーケア素材なので、旅先でも重宝します。写真のカーキほか、鮮やかなグリーンやロイヤルブルーなど全5色、5サイズ展開。大ぶり時計や個性的なシルバージュエリーを効かせて、シンプルシックに茶系でまとめましょう。

【5】カーキブラウス×ベージュタイトスカート

スカート(ebure〈ebure〉)、ペンダント(ebure〈キャス〉)、ブラウス(Vince表参道店)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、スニーカー(トッズ・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious6月号』小学館、2019年
ebureのスカート・キャスのペンダント(ebure)、ブラウス(Vince表参道店)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、スニーカー(トッズ・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious6月号』小学館、2019年

シックカラーのシルクサテンのブラウスは、ワイドなカフが優雅さを引き立てて、パーティーにも対応できる一枚。チノ風のカジュアルなひざ下スカートでデイリーなワークスタイルにしたら、人気の厚底スニーカーを合わせて、ハンサムなコーディネートを完成。スカートも小物もベージュトーンでまとめれば、スニーカーも上品に仕上がります。

夏のカーキパンツコーデ


【1】カーキパンツ×ピンクシャツ

ベルト・シャツ・パンツ・バッグ(ロエベ)、ピアス(エドストローム オフィス〈シャルロット シェネ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious7月号』小学館、2019年
ベルト・シャツ・パンツ・バッグ(ロエベ)、ピアス(エドストローム オフィス〈シャルロット シェネ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious7月号』小学館、2019年

オレンジシャツ×カーキパンツのこなれたスタイルは、フレッシュなオレンジ色のベルトをポイントに。幸福感のあるグラデーション配色に仕上げましょう。程よく存在感のあるベルトによって、ロングシャツもスッキリかつドラマティックに見違えます。「アナグラム」バックルがポイントになったベルトは、ロエベの定番モデル。リバーシブルで使えるツートンカラーも魅力。これは裏がスタンダードなネイビーです。

【2】カーキワイドパンツ×カーキジャケット×白カットソー

ジャケット・パンツ・カットソー(アマン〈アンスクリア〉)、ピアス・バングル(TASAKI)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2019年
ジャケット・パンツ・カットソー(アマン〈アンスクリア〉)、ピアス・バングル(TASAKI)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2019年

イタリアの老舗生地メーカーのリネン生地を使ったパンツは、独特のシャリ味やヴィンテージライクなウォッシュ感のあるテクスチャーのカーキベージュです。Tシャツを一枚合わせるだけで着こなしが完成するような、スタイリングの主役になる存在感を備えた一着。パンツと共生地のVネックジャケットを合わせてセットアップに。白いカットソーで抜け感をプラスしましょう。

夏のカーキジャケットコーデ


【1】カーキジャケット×白Tシャツ×柄パンツ

ベルト・ジャケット・Tシャツ・パンツ・時計・バッグ(フェラガモ・ジャパン〈サルヴァトーレ フェラガモ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious7月号』小学館、2019年
ベルト・ジャケット・Tシャツ・パンツ・時計・バッグ(フェラガモ・ジャパン〈サルヴァトーレ フェラガモ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious7月号』小学館、2019年

カーキのジャケットにきれいになじみ、着こなしをリッチに高めるグレージュ・ベルト。夏らしいプリントボトムの装いも、上質カーフのグレージュ・ベルトでシックにクラスアップ。2か所の「ガンチーニ」バックルでつけ外しをするデザインが、モダンなかっこよさをプラスしてくれます。

【2】カーキジャケット×黒ニット×白パンツ

パンツ(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店)、カーディガン(スローン)、ジャケット(マディソンブルー)、時計(LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン ゼニス)、ペンダント・ブレスレット・リング(フレッド)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious8月号』小学館、2018年
パンツ(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店)、カーディガン(スローン)、ジャケット(マディソンブルー)、時計(LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン ゼニス)、ペンダント・ブレスレット・リング(フレッド)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious8月号』小学館、2018年

清潔感があって涼しげな白パンツは、夏の定番。久々にダブルのジャケットを投入したら、きちんと感が加わって、着こなしもリフレッシュ。辛口メインの装いに、甘口の黒ニットを添えることで上品な印象に仕上がります。

【3】カーキジャケット×白カットソー×レッドパンツ

パンツ(ユナイテッドアローズ 有楽町店)、ジャケット(マディソンブルー)、靴(J.M. WESTON 青山店)、カットソー(ヴァリアス ショールーム〈エイトン〉)、ピアス・バングル(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、サングラス(オリバーピープルズ 東京ギャラリー)、バッグ(トッズ・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious8月号』小学館、2018年
パンツ(ユナイテッドアローズ 有楽町店)、ジャケット(マディソンブルー)、靴(J.M. WESTON 青山店)、カットソー(ヴァリアス ショールーム〈エイトン〉)、ピアス・バングル(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、サングラス(オリバーピープルズ 東京ギャラリー)、バッグ(トッズ・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious8月号』小学館、2018年

鮮やか色のパンツの日は、ほかの色はできるだけ引き算してモノトーンとシックカラーに限定。カットソーやスニーカーなどで白の分量を多めに加えることで、インパクトの強い色を取り入れた着こなしも、爽やかかつクールな印象に仕上がります。

【4】カーキジャケット×白カットソー×黒デニムパンツ

ジャケット(マディソンブルー)、カットソー(ヴァリアス ショールーム〈エイトン〉)、パンツ(ゲストリスト〈レッドカード〉)、ピアス(showroom SESSION〈ヒロタカ〉)、バングル(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious8月号』小学館、2018年
ジャケット(マディソンブルー)、カットソー(ヴァリアス ショールーム〈エイトン〉)、パンツ(ゲストリスト〈レッドカード〉)、ピアス(showroom SESSION〈ヒロタカ〉)、バングル(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious8月号』小学館、2018年

ニュートラルアイテムのノースリーブカットソーとデニムに、辛口のジャケットを合わせた装いは、マニッシュな印象。そこにゴールドジュエリーを添えるだけで、ハッとさせるような女らしさが生まれます。

夏のカーキワンピースコーデ


【1】カーキワンピース×サンダル

ワンピース・バッグ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、その他/私物 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious6月号』小学館、2019年
ワンピース・バッグ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、その他/私物 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious6月号』小学館、2019年

すれ違った人までをもハッとさせる、エレガントな美しさ…。後ろ姿まで素敵に映るこのワンピースは、大人の女性の理想形。

【2】カーキワンピース×白ジャケット

ワンピース・ジャケット・バッグ・靴(アクリスジャパン〈アクリス〉)、その他/私物 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious6月号』小学館、2019年
ワンピース・ジャケット・バッグ・靴(アクリスジャパン〈アクリス〉)、その他/私物 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious6月号』小学館、2019年

爽やかな白のテーラードジャケットをはおったら、シンプルなのに華があるビジネススタイルに。ふわりと軽いカシミヤモスリンのジャケットなら、その効果も絶大。足元はヒールサンダルを合わせ、エレガントに仕上げましょう。

【3】カーキワンピース×黒ジャケット

ワンピース・ジャケット・バッグ・靴(アクリスジャパン〈アクリス〉)、その他/私物 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious6月号』小学館、2019年
ワンピース・ジャケット・バッグ・靴(アクリスジャパン〈アクリス〉)、その他/私物 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious6月号』小学館、2019年

ギャラリーを訪れる休日は、ブルゾンタイプのジャケットをさっとはおり、足元にスニーカーを投入。スニーカーとも相性がよく、カジュアルに着こなせるのも、このロングワンピースに惹かれる理由です。足さばきのいいワンピースから、軽やかなエレガンスが生まれます。

【4】カーキワンピース×ベージュバッグ

ワンピース・バッグ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、その他/私物 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious6月号』小学館、2019年
ワンピース・バッグ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、その他/私物 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious6月号』小学館、2019年

ひと目で上質さが伝わる、極上のサマーウールを用いたワンピース。カーキの色味も絶妙で、華やぎ力もノーブル感もこなれ感も授けてくれる一着です。

夏のカーキコーデの関連記事