この夏、着こなしをたちまちスッキリさせる「ベルト」に注目!

「ここしばらくベルトからは遠ざかっていたわ。」そう思う人が、大人世代には多いかもしれません。確かに、何度か経験したベルトのブームから久しぶりの復活でしょう。でも、またおしゃれの表舞台にベルトが戻ってきているのです。

以前との大きな違いは、バランスの変化。女らしいジャストウエストでマークをするようになり、スタイルアップ効果も高い、と人気を集めているのです。

一周回って新鮮な小物界のスターを、気負わずエレガントに取り入れる4パターン

■1:ロゴベルト

ジャストウエストでキリッと効かせて華のあるスタイル美人に

ベルト¥92,000【幅5.5cm】・ベスト¥410,000・スカート¥730,000・バッグ¥390,000(クリスチャン ディオール〈ディオール〉)

ジャケットなどアウターの上からベルトをつけるのが、今の新しい傾向のひとつ。最適なのが、トップブランドの品格漂うロゴベルトです。

クラシカルなエレガンスを物語るDバックルのベルトを、襟付きベストの上からジャストウエストでマークすれば、優雅な女らしさが際立って。「ディオール オブリーク」のジャカードキャンバスも華やぎオーラを発信します。

問い合わせ先

■2:ベルトバッグ

ミニバッグ感覚でシンプルな着こなしの鮮度がアップ!

ベルトバッグ¥125,000【ベルト幅3cm】・ワンピース¥425,000/ブローチ付き・サングラス¥45,000・ピアス¥217,000・バッグ¥250,000(グッチ ジャパン)

小さくてもアクセントになるミニバッグのような手軽さで、人気を集めているベルトバッグ。ブームに火をつけたグッチの「GGマーモント」は、上品なツイードワンピースを軽快な着こなしにアップデート。

ベルトバッグは、パンツに合わせるとスポーティーになりすぎる傾向があるので、大人はスカートスタイルに取り入れましょう。

問い合わせ先

■3:きれい色ベルト

トップスとのカラーハーモニーで洗練のたたずまいを醸し出す

ベルト¥58,000【幅3.2cm】・シャツ¥92,000・パンツ¥92,000・バッグ¥268,000(ロエベ)、ピアス¥75,000(エドストローム オフィス〈シャルロット シェネ〉)

フレッシュなオレンジ色のベルトをポイントに、幸福感のあるグラデーション配色に。程よく存在感のあるベルトによって、ロングシャツもスッキリかつドラマティックに見違えます。

「アナグラム」バックルがポイントになったベルトは、ロエベの定番モデル。リバーシブルで使えるツートンカラーも魅力。これは裏がスタンダードなネイビーです。

問い合わせ先

■4:グレージュ・ベルト

大人の万能カラーはボトムとスッキリ、上品になじむ!

ベルト¥69,000【幅4.5cm】・ジャケット¥390,000・Tシャツ¥34,000/ブローチ付き・パンツ¥165,000・時計¥108,000・バッグ¥370,000(フェラガモ・ジャパン〈サルヴァトーレ フェラガモ〉)

ベージュ、ブラウン、グレー系の服にきれいになじみ、着こなしをリッチに高めるグレージュ・ベルト。夏らしいプリントボトムの装いも、上質カーフのグレージュ・ベルトでシックにクラスアップ。

2か所の「ガンチーニ」バックルでつけ外しをするデザインが、モダンなかっこよさをプラス。

問い合わせ先

※掲載した商品はすべて税抜です。


ブランドのアイコンバックルや、ベルトバッグのようなちょっぴりモードな新顔アイテムが登場し、デザインもリッチで華やか。ワンアイテムで印象が見違える、要注目の小物をぜひ取り入れてみてください!

PHOTO :
水田 学(NOSTY/人物)、佐藤 彩(静物)
STYLIST :
三好 彩
HAIR MAKE :
川原文洋(UM)
MODEL :
安宅葉奈
EDIT&WRITING :
長瀬裕起子、遠藤智子(Precious)