髪全体のシルエットを菱形にすることで、丸顔が目立たなくなると教えてくれたのが、air-GINZAcentral・副店長の藤本麻衣さん。

「顔のサイドにボリュームを持たせることで全体のシルエットを菱形に。毛先を外ハネにするとシルエットにくびれができて、フェイスラインがキュッと引き締まった印象になります。丸い輪郭から視線をそらすこともできますよ」(藤本さん)

透け感のある前髪も丸顔を目立たせないポイントだと言います。

「シースルーまではいかずとも、少し隙間のある前髪にすると額に抜け感が生まれ、シルエットもより菱形に。太めの束感でサイドに流せるように先細りさせると、丸い輪郭が目立ちにくくなります」(藤本さん)

サイドのボリューム、軽やかにハネる毛先、透け感のある前髪、この3つが丸顔を目立たせない秘訣です。藤本さんの作るお手本スタイルをぜひ参考にしてみてください。

■髪型: ランダムに動く毛束と透けた前髪でラフな装いにも!

丸顔のミディアムヘア代表: 板野寿恵さん(40歳/自営業)の場合

完成
サイド
バック

板野さんのHAIR CHART

やわらかさ(柔→硬)★★
ボリューム(少→多)★★
髪の太さ(細→太)★★
うるおい(乾→潤)★★
白髪の量(多→少)★★★★★

「ワンレンベースで顔まわりとトップにだけレイヤーを入れた軽やかなミディアムヘア。ボリュームがなく、ペタッとした印象になりやすい髪質なので、顔まわりと髪の表面に動きが出るようにカットしています」(藤本さん)

■スタイリング: 使うのはコテだけ。ボリューム感も束感も思いのまま!

「顔まわりやサイドをコテで巻く時は、毛束の中間だけを巻いて。長めミディアムの方はもみあげ、こめかみも巻くとよりニュアンスが生まれて、今っぽい仕上がりになります」(藤本さん)

スタイリング前

■1: トップの根元にコテを押し当ててふわっとさせる

コテは32ミリを使用。毛流れと逆方法に押し当てるのがポイント。根元がふわっと立ち上がる。

■2:顔まわりをコテで巻いて菱形を作る

毛束の中間だけを巻く。顔のシルエットが菱形になるよう意識して。

■3: 毛先全体を外ハネにする

毛先をランダムにとって、全方位外ハネにする。

〈丸顔ミディアムヘア スタイリングのコツ3か条〉

  1. トップは毛流れと逆方向にコテを押し当てる
  2. 顔まわり、サイドは毛束の中間だけを巻く
  3. 全体のシルエットは菱形を意識!

「顔まわりとトップがペタッとした印象だと、老け見えの原因に。髪がペタッとしやすい方は、髪をしっかりと濡らしてからドライすると根元から髪が立ち上がり、仕上がりに差が出ます。前後左右、いろんな方向から熱を当てるのがコツです」(藤本さん)

air-GINZAcentral・副店長の藤本麻衣さん。「韓国ドラマを観るのが好きです。時間ができたら常に観てます(笑)。お客様からDVDを借りたり、韓国情報をたくさん伺うのが楽しいです」

問い合わせ先

air-GINZAcentral
住所/東京都中央区銀座6-9-3 銀座AKビル5F
TEL:03-3573-6565
営業時間:平日11:00〜21:00(木曜11:00〜20:00) 日・祝 10:00〜19:00
定休日:火曜

みゆき通りが交差する銀座の中心にあるまさにプレミアムサロン

 

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
古谷利幸〈F-REXon〉
EDIT&WRITING :
青木 笑