面長顔のロングヘアは、髪が長い分、顔が縦長に見えやすいのが欠点です。その欠点を解消する方法を表参道にある美容室・LANVERYの大谷千乃さんに伺うと、「毛束の中間に縦巻きでカールをつける。するとサイドにボリュームが生まれ、縦長に見えていた輪郭に丸みが生まれます」と教えてくださいました。

短めにカットした前髪も輪郭カバーに一役買っているのだそう。

「長めの前髪をセンターパートにすると、より顔が縦長に見えてしまいます。短めにカットすることで、額の面積を小さく見せつつ、サイドに流して顔のフレームを菱形に。これで面長顔が目立たなくなり、卵型の綺麗な輪郭に見せることができます」(大谷さん)

面長顔を美しい卵型に見せるロングヘア。その方法をレクチャーします。

■髪型:ゆるやかなウェーブが上品。肩で揺れる毛束も軽やか

面長顔のロングヘア代表:齋藤ゆかりさん(38歳/フリーランス)の場合

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

齋藤さんのHAIR CHART

  1. やわらかさ(柔→硬)★★
  2. ボリューム(少→多)★★
  3. 髪の太さ(細→太)★
  4. うるおい(乾→潤)★★
  5. 白髪の量(多→少)★★★★★

「毛先がスカスカしているとサイドを巻いた時に毛先が動きすぎてまとまりのない印象に。顔まわりにだけレイヤーを入れて、毛先には厚みを残しています。これで、巻いた時にまとまりと毛束感のあるスタイルに仕上がります」(大谷さん)

■スタイリング: 縦巻きにするときは毛先を巻き込まないのが鉄則!

「サイドの髪を縦巻きで毛先まで巻き込むと無造作になりにくく、古臭い印象に。縦巻きにするときは、毛束の中間だけを巻くのが鉄則。毛先を逃すと、ラフに跳ねる毛束になります」(大谷さん)

スタイリング前
スタイリング前

■1: 顔まわりの毛束をリバース巻きに。その他の髪は全方位MIX巻きに

コテは38ミリを使用。顔まわりは毛束の中間だけをリバースに。両サイド、後頭部はMIX巻きにしていく。太めのコテは束感が出るのでオススメ。
コテは38ミリを使用。顔まわりは毛束の中間だけをリバースに。両サイド、後頭部はMIX巻きにしていく。太めのコテは束感が出るのでオススメ。

■2: 髪の内側からワックスを揉み込む

ワックスはパールひと粒大を手のひらになじませて、髪の内側から中間に揉み込む。根元や毛先につけすぎるとベタッとした印象に。
ワックスはパールひと粒大を手のひらになじませて、髪の内側から中間に揉み込む。根元や毛先につけすぎるとベタッとした印象に。

〈面長顔ロングヘア スタイリングのコツ3か条〉

  1. コテで巻く時は毛束の中間だけを巻く
  2. コテは太めのものを使用すると仕上がりがエレガントに
  3. ワックスは根元と毛先につけすぎない

「毛先にもっと動きをつけたい時は、ランダムに毛先をとって横巻きにして。サイドの縦巻きと毛先の横巻きがランダムに動き、より空気感のある仕上がりになります」(大谷さん)

LANVERYプロデューサーの大谷千乃さん。ハマっているのがバイクエクササイズ。「サロンワークで汗をかくことが少ないので、体力をつけるために始めました。週2でもう3年間通っています」
LANVERYプロデューサーの大谷千乃さん。ハマっているのがバイクエクササイズ。「サロンワークで汗をかくことが少ないので、体力をつけるために始めました。週2でもう3年間通っています」

問い合わせ先

LANVERY
住所/東京都渋谷区神宮前5-2-5 MAX&Co.Building 6F
TEL:03-6805-1656
営業時間:平日 11:00~20:00 / 土日祝 11:00~19:00
定休日:日曜日、水曜日

上質なものを求める大人がこぞって通う優雅な空間。髪質改善を目的としたトリートメントも人気。
上質なものを求める大人がこぞって通う優雅な空間。髪質改善を目的としたトリートメントも人気。

 

この記事の執筆者
美しいものこそ贅沢。新しい時代のラグジュアリー・ファッションマガジン『Precious』の編集部アカウントです。雑誌制作の過程で見つけた美しいもの、楽しいことをご紹介します。
PHOTO :
古谷利幸〈F-REXon〉
EDIT&WRITING :
青木 笑