シャネルがコスメ研究室を公園に再現!

「ジャルダン、ジャルダン」は毎年6月に開催されているエキスポジションで、今年は26,500人のビジターを迎えたとのこと。なかでも、シャネルの展示は大きな注目でした。

シャネルは、ピレネー山脈の足元であるフランス南西部の5ヘクタールの土地にカメリア(椿)を栽培しているそうです。

この椿、Camellia Japonica Alba(カメリア・ジャポニカ・アルバ)は、シャネルの象徴であるだけでなく、保湿用スキンケアコスメの素材として使用されています。その名の通り、日本原産です。

「ジャルダン、ジャルダン」でシャネルは、温室の中に“研究室”を特別設置し、どのような製法で椿の抽出液を精製しているかを披露しました。

テュイルリー公園のなかに特設されたシャネルのゾーン。巨大なロゴが置かれています。
すっかり変化した公園。左手に温室が見えます。
カメリアの花や木が飾られて、フランス南西部のカンパーニュのムード。

シャネルは、植物の有用成分を取り出し、ピュアな状態のまま肌に届けることを可能にした革新的なサイエンス、マイクロ フルイディック テクノロジーを採用しており、カメリアの花から抽出した有用成分をマイクロバブル(細かい泡)に閉じ込めて、肌に豊かな潤いと活々とした輝きをもたらす、エッセンス入りのローションなど、優れたスキンケアコスメをつくりだしています。

カメリアはメゾンの象徴というだけだけでなく、カメリアを使ったコスメはきわめて科学的なアプローチとプロセスのもとに誕生しているのです。

温室の中にはラボが再現されました。

「カメリアエキス」で肌を輝かせるラグジュアリーコスメ

カメリアのエキスがどんなスキンケアコスメに採用されているのか見て行きましょう。

例えば、「イドゥラ ビューティ マイクロ リクィッド エッセンス」です。

マイクロバブルの中にカメリア由来の有用成分「カメリア アルバCE」と脂質が閉じ込められて、高い保湿効果が期待できます。このマイクロバブルはローション1本当たり約5,000個含まれています。アルコールフリーで敏感肌の人も安心して使えるのがうれしいですね。

高機能保湿化粧水、化粧水の保湿効果と美容成分を含んだマイクロバブルが組み合わされて誕生。イドゥラ ビューティ マイクロ リクィッド エッセンス ¥8,800(税抜)

「イドゥラ ビューティ マイクロ クリーム」も見逃せません。

このクリームもまた、目に見えるマイクロバブル、目に見えない微小なマイクロバブル、さらに界面活性剤フリーという3つのイノベーションを取り入れ、カメリアのエッセンスをピュアなままバブルの中に封じ込めています。クリームならではの心地よさ、保湿力で肌の弾力を取り戻します。

高機能保湿クリーム、指先で肌をパッティングするようになじませると肌に輝きが生まれるそう。イドゥラ ビューティ マイクロ クリーム ¥10,000(税抜)

カメリアによる自然のパワーと「シャネル」のテクノロジーで、女性の肌がさらに輝く。そんなステートメントが「ジャルダン、ジャルダン」に繰り広げられました。

この記事の執筆者
某女性誌編集者を経て2003年に渡仏。東京とパリを行き来しながら、食、旅、デザイン、モード、ビューティなどの広い分野を手掛ける。趣味は“料理”と“健康”と“ワイン”。2013年南仏プロヴァンスのシャンブル・ドットのインテリアと暮らし方を取り上げた『憧れのプロヴァンス流インテリアスタイル』(講談社刊)の著者として、2016年から年1回、英語版東京シティガイドブック『Tokyo Now』(igrecca inc.刊)を主幹として上梓。
PHOTO :
CHANEL