汗をかかずに、小豆入りブリオッシュをお取り寄せ

まだまだ続く高級食パンブーム。でもこの暑い夏に行列に並んでまで…というのは、躊躇してしまいますよね。そんなときにおすすめしたいのが、お取り寄せできるパン。今回ピックアップしたのは、2019年6月17日にお目見えしたばかりのブリオッシュです。

「HOKKAIDO BRIOCHE」¥850(税込)

このブリオッシュの生みの親は、札幌グランドホテル。故秩父宮殿下の提唱のもと、政財界の応接室、そして市民の社交場として1934年に誕生。北海道で初めての本格的洋式ホテルとして、西欧文化の窓口という役割を担ってきました。

開業から今年で85周年を迎えたのを記念し、北海道の大地が育んだ食材を使い、札幌グランドホテルが総力をあげてつくり上げたのが「HOKKAIDO BRIOCHE」なのです。

北海道の動物や自然をデザイン化したパッケージで、持ち寄り式ホームパーティーにぴったり。

北海道食材オールスターズのおいしさはくせになる!

使っている食材は、小麦、牛乳、卵、バター、十勝産大納言と北海道産のものを使用(仕入れの状況によって異なる場合もあります)。手でちぎってみるとよくわかるのですが、断面が綿のようにふわっとしていて、その間に十勝産大納言がさまざまな彩りでちりばめられています。

食感もふわふわと優しく、十勝産大納言の甘みがあるので何もつけなくてもOK。まずはそのまま、次にトーストして食べてどちらがお好みか確かめてみてください。

ブリオッシュは、フランスでは「祝福のパン」といわれるそうです。幸せを分かち合う集まりでみんなでシェアするのにふさわしいネーミングではないでしょうか? 販売は札幌グランドホテルの店頭のほか、公式サイトから通販でも購入できます。

パンの表面はもちろん、切った断面にも十勝産大納言がぎっしり!

問い合わせ先

 

この記事の執筆者
TEXT :
Precious.jp編集部 
2019.9.4 更新
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
WRITING :
北本祐子