オリーブ、ワインレッド、キャラメル、フォレストグリーンなど、なんとも言えないニュアンスが感じられる色味は着こなしに取り入れると、モードさが際立ち、おしゃれ上級者の雰囲気に。

そんなニュアンスカラーを新鮮に着こなしていたのが、女優のジェシカ・アルバ。4パターンのさまざまなコーディネートは、今っぽいムード抜群なので、必見です。

切れがよくモードさが光る、ジェシカ・アルバの「おしゃれカラー」技ありスタイル4選

■1:オリーブワントーンで新鮮にまとめた、モード&エレガンスの理想スタイル

足元はヌードベージュのストラップサンダルをセレクト。すらりと見える脚長効果を狙っています。
足元はヌードベージュのストラップサンダルをセレクト。すらりと見える脚長効果を狙っています。

透けるシフォン素材のチェック柄ブラウスにタイトスカートを、オリーブカラーでまとめています。

フェミニンな要素が詰まったコーディネートも、渋めのオリーブ色でまとめているから切れのよさが際立ちます。
ボウをリボン結びにせず、垂らしているアレンジもシャープなムードに。こんな細かな着こなしアレンジも辛口エレガンスのお手本にしたいものです。

■2:ワインレッドのワンピースは、洗練された女性らしさを豊かに香らせる

バッグにもロングカーディガンと同色の淡いピンクを。BIGサイズでも重たく見えず、軽やかさを印象づけます。
バッグにもロングカーディガンと同色の淡いピンクを。BIGサイズでも重たく見えず、軽やかさを印象づけます。

レースがあしらわれたワンピースはワインレッドを選ぶと、大人っぽく雰囲気豊かな印象に仕上がります。

ワインレッドには白や黒などの定番カラーを組み合わせがちですが、メリハリがつきすぎて、きつい印象に見えることも。淡いピンクのロングカーディガンをコーディネートすれば、やわらかなムードが高まって洗練されたおしゃれを実現できます。

■3:流行のオールインワンを、今どきのキャラメル色でハンサムに

足元にはスパイシーなオレンジのミュールを。ピリっと引き締まって、ヘルシーなアクセントに。
足元にはスパイシーなオレンジのミュールを。ピリっと引き締まって、ヘルシーなアクセントに。

胸元が深いV開き、きゅっとシェイプされたウエスト、細身シルエットのパンツというスタイリッシュなオールインワン。トレンドど真ん中のアイテムを、キャラメル色で着こなせばかっこよく凛々しいイメージにまとまります。

キャメルに黄味を足したようなこんな色味は、どんなアイテムで取り入れても、健康的でこなれたムードを簡単にアピールできます。

■4:軽快なモードさを演出できる、フォレストグリーンのレディーワンピース

モノトーンのバッグを合わせてクールに。大きめのサイズなので、カジュアル感が漂ってアクティブさが高まります。
モノトーンのバッグを合わせてクールに。大きめのサイズなので、カジュアル感が漂ってアクティブさが高まります。

深いフォレストグリーンは、センスのよい存在感を香らせて、大人の女性に魅惑的なイメージを宿してくれます。特に、日焼けした肌や赤リップに映えて、ラグジュアリー感を演出できます。

ドレッシーなデザインのワンピースですが、BIGサイズのバッグ、白の厚底スニーカーをコーディネートして、気取らずこなれたスタイルに仕上げていたのはお見事。


どんなアイテムで投入しても着映え力抜群で、おしゃれな印象に導くニュアンスカラーのコーディネート。

エレガントな着こなしはもちろん、こなれた上級者の佇いにもクラスアップさせてくれます。ぜひ新鮮な夏のおしゃれを楽しんでください!

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
AFLO
EDIT&WRITING :
佐野有紀