白のTシャツは、夏になると必ず出番が増えるものですが
リラックスフィットやノースリーブタイプも登場し、
今年は毎日でもTシャツ気分ですよね。
そこで今回はひざ丈のタイトスカートを合わせて、
少しエレガントに着こなしてみることにしました。

黒のタイトスカートのなかでも、ひざ下に来るやや長めの丈が今の気分。Tシャツ/Uniqlo U スカート/メゾン マルジェラ サングラス・靴/プラダ 時計/シャネル バッグ/Sans Arcidet
黒のタイトスカートのなかでも、ひざ下に来るやや長めの丈が今の気分。Tシャツ/Uniqlo U スカート/メゾン マルジェラ サングラス・靴/プラダ 時計/シャネル バッグ/Sans Arcidet

シルエットのきれいな黒タイトに、
大ぶりのラッフルを施したこのスカートは、
フラットシューズを合わせれば普段着に、
ハイヒールに替えればフォーマルな席にも対応可能。
その便利さが気に入って購入したものです。

ウエスト位置がちょっと高めになっているので、
Tシャツはすそをインにして着て、
ひざ丈にフラットシューズの組み合わせが
小柄でもバランスよく見えるよう意識したつもりです。

Tシャツ=カジュアルにパンツと合わせがちですが、
スカート、なかでもタイトとの組み合わせは、
適度な女っぽさを出せるところが気に入っています。

写真ではわかりづらいのですが、グラスはミラータイプ。キラリと光って、胸元で映えてくれます。サングラス/プラダ
写真ではわかりづらいのですが、グラスはミラータイプ。キラリと光って、胸元で映えてくれます。サングラス/プラダ

この日、胸元にはサングラスを掛けています。
目に紫外線が当たると、脳からの指令で
メラニンが放出されるのだという恐ろしい事実を
美容のプロフェッショナルから聞いて以来、
サングラスは、ほぼ通年アイテムになりました。

この胸元のサングラスは、実はネックレス並に
ポイントになってくれると考えています。
特に胸元がのっぺりと単調になりがちなTシャツや、
この夏、大流行のTワンピースなどにはぴったり。
少しスポーティなテイストも演出してくれるので、
着こなしを今っぽく見せてくれる効果にも期待です。

ちなみに上半身のポイントづくりは、
身長152㎝と小柄な私には
欠かせないコーディネート術のひとつ。
胸元サングラスで視線を上に集めることで、
多少なりともすらりと見えるのではないかと思っています。

(写真/エディターH&J 文/エディターJ)

【身長152㎝の着こなし】シリーズはこちら