「日本が誇る建築家の作品に住むこと自体を楽しみたい。だから、家具もものも極力置かず、空間の美しさを生かすようにしています」と話す本田美奈子さんは、北欧出身の夫とともに大の建築好き。縁あって、憧れの建築家のひとり、妹島和世さんが建てた集合住宅を借りることになり、セカンドハウスにすることを決めた。

本田美奈子さんのセカンドハウス

京都の住宅街に建つこの家は、リビングも浴室もほぼ全面ガラス張り。「リビングから見える景色がいちばんの贅沢。春の花や夏の緑もきれいだし、雪で真っ白になる冬もいい。四季折々の眺めを楽しめます」

約5mもの天井高をもつリビングルームは、ガラスを多用した開放的な空間。ガラスの向こう、椅子が2脚並んでいるウッドデッキのスペースは、半屋外になっている。家具はミッドセンチュリーのデザインが好きで、ダイニングテーブルはフレンチミッドセンチュリーを代表する建築家、ジャン・プルーヴェ。重ねたスツールはアルヴァ・アアルト。「一生使い続けられるような、普遍性のあるデザインを選んでいます」と本田さん。

刻々と移りゆく光の色や空の色をのんびり追いかける時間ほど、心を癒やすものはない。「本当に必要な最小限のものだけで過ごす暮らしは、セカンドハウスだからできること。そのぶん、美しいものだけを、よく吟味して置くように意識しています」

別荘のお庭

妹島和世さんが京都に設計した集合住宅「NISHINOYAMA HOUSE」。全10戸の住宅が集まる敷地内には、植栽豊かな共有庭や屋根のある半屋外スペースが点在。暮らしと自然をつなぐ仕掛けが考えられています。

バスルーム

バスルームは天井もガラス張り。「あまりに心地いいので、バスタイムは一日2回以上。雲の流れを見ているだけでリフレッシュできます」

畳の間

リビングからウッドデッキを挟んで建つ“離れ”のような畳の間。

 

柳 宗理の「バタフライスツール」をシンプルにしつらえています。隣は骨董の重箱。

ワイアーチェア

ウッドデッキには、アメリカンミッドセンチュリーの名作、通称「ワイヤーチェア」。イームズと並ぶミッドセンチュリーのデザイナー、ハリー・ベルトイアの作。

 

「京都に別荘をもってから骨董探しが楽しくなりました」と本田さん。南部鉄の鉄瓶は骨董市で見つけたもの。大好きなロイヤルコペンハーゲンと合わせて。

この記事の執筆者
TEXT :
本田美奈子さん LYDIA代表
2017.7.9 更新
ハワイ出身、東京育ち。国内外のブランドのファッションや、アート、飲食、建築、ベビー、キッズなど幅広いジャンルのクライアントをもつ、PR会社LYDIA代表取締役。インターナショナルなバックグラウンドを生かして、人と人、人と物をつなげる仕事を生きがいとしている。ノルウェー人のご主人と協力しあって、もうすぐ3歳の息子を育てながら、仕事も遊びも諦めない、欲張りな全力投球ワーキングマザーでもある。 好きなもの:美味しいご飯と美味しいお酒、時計、大ぶりなジュエリー、デザイナーの心意気を感じるモノ、旅、お家
公式サイト:LYDIA公式サイト
Instagram へのリンク
クレジット :
撮影/篠原宏明 文/輪湖雅江
TAGS: