世界三大スポーツの祭典ラグビーW杯の開催まであと少し!

ラグビー観戦のお供に「NO SIDE BEER(ノーサイドビール)」

日本人のパワーの源でもあるお米を使用した軽快な味わいのビール。内容量:330ml 商品価格(本体):¥641 展開店舗(予定):伊勢丹新宿店 日本橋三越本店、銀座三越
芳醇な甘み、繊細な味わいと豊かな麦芽の風味、そしてアメリカンホップの強い苦みが特徴。内容量:330ml 商品価格(本体):¥450 展開店舗(予定):伊勢丹新宿店
ホップの香りがしっかり効いてるラガービール。内容量:330ml 商品価格(本体):¥389 展開店舗(予定):伊勢丹新宿店 日本橋三越本店、銀座三越
低温でじっくりと熟成させた極めて洗練された味わい。内容量:330ml 商品価格(本体):¥400 展開店舗(予定):伊勢丹新宿店
瑞々しいホップの香りを滑らかな喉越し、芳醇な香りと濃厚な味わい。内容量:330ml 商品価格(本体):¥871 展開店舗(予定): 伊勢丹新宿店
キレのある苦味、柑橘系のフルーティな香りが特徴のIPA(インディア・ペールエール)。内容量:330ml(瓶) 商品価格(本体):¥350 展開店舗(予定):伊勢丹新宿店、銀座三越

三越伊勢丹とラグビーのつながりは、統合前の伊勢丹時代に遡る。昭和34年(1959年)に誕生した伊勢丹ラグビー部(2001年廃部)は、百貨店リーグを経て、関東社会人リーグに加盟、1989年には東日本社会人リーグ(現在のトップリーグ)へ昇格。創部から総勢273名のラガーマンを輩出し、全国社会人大会の常連になるまでに成長をした歴史を持つ。ラグビートップリーグの発展に大きく貢献したのは言うまでもない。

伊勢丹の時から、ラグビーとの関わりが深い三越伊勢丹にとって「ノーサイド」という言葉には特別な意味を持つ。「事業者とお客さま」「生産者とお客さま」をつなぎ、「ノーサイド」の精神を広めながら、ラグビー文化への一助を目的とし、日本全国のラグビーファンをはじめ、ラグビーにかかわるすべての人たちの、「地元のビールでラグビーを応援したい」という声に応えるべく、クラフトビール6社と提携し「NO SIDE BEER(ノーサイドビール)」6種類を順次展開する。

ノーサイドとは

ラグビーの試合終了時に吹かれる「ノーサイド」の笛は、単なる試合終了の合図だけではなく、「負けた者は、勝者を称え、勝った者は敗者を敬う」という崇高なラグビー精神を表す言葉だそう。それぞれに込められた思いを感じ、この崇高なクラフトビールを堪能していただきたい。

この記事の執筆者
名品の魅力を伝える「モノ語りマガジン」を手がける編集者集団です。メンズ・ラグジュアリーのモノ・コト・知識情報、服装のHow toや選ぶべきクルマ、味わうべき美食などの情報を提供します。
Faceboook へのリンク
Twitter へのリンク
TAGS: