涼やかさと爽やかさをプラスしてくれるブルー。そんなブルーのアイテムを使った、夏におすすめの着こなし方を雑誌『Precious』から集めました。大人のブルーの着こなし方をぜひ取り入れてみてください。

【目次】

ブルーのトップスを使ったコーデ


【1】ブルーブラウス×ブラックスカート

ブラウス(東レ・ディプロモード〈セブンティ〉)、スカート(ADORE)、バッグ(ピエール アルディ東京)、リング・時計(ピアジェ)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2018年
ブラウス(東レ・ディプロモード〈セブンティ〉)、スカート(ADORE)、バッグ(ピエール アルディ東京)、リング・時計(ピアジェ)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2018年

スカートをライトグレーから黒に替えると、ピーコックブルーとのディープカラー同士が奥深いリッチ感を生み出します。黒のブーティパンプスで引き締めると、着こなしがまとまり、ダブルバックルのベルトがカジュアル感を添えます。

【2】ブルーブラウス×ホワイトスカート

ブラウス(東レ・ディプロモード〈セブンティ〉)、スカート(ebure)バッグ(モワナ メゾンGINZA SIX)、サングラス(TAKA ROCK〈クレア〉)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious9月号』小学館、2018年
ブラウス(東レ・ディプロモード〈セブンティ〉)、スカート(ebure)、バッグ(モワナ メゾンGINZA SIX)、サングラス(TAKA ROCK〈クレア〉)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious9月号』小学館、2018年

シルクサテンを使ったピーコックブルーのブラウスを、白に近いニュアンスグレーのフレアスカートで、明度を上げたクリーンな装いに。足元はポインテッドトウのミュールパンプスで抜け感をプラスして清涼感を後押ししましょう。

【3】ブルーシャツ×ホワイトスカート

シャツ(サン・フレール〈レ・コパン〉)、スカート(アングローバル〈イレーヴ〉)、ピアス・バングル・リング(TASAKI〈TASAKI〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious9月号』小学館、2018年
シャツ(サン・フレール〈レ・コパン〉)、スカート(アングローバル〈イレーヴ〉)、ピアス・バングル・リング(TASAKI〈TASAKI〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious9月号』小学館、2018年

バンドカラーのすっきり感をさらに高める比翼仕立てのストレートシルエット。カフリンクスをあしらい、折り返した袖口が知的な手元を演出。シンプルなたたずまいに、自然な光沢をたたえたオックスフォード生地の上質な素材感が引き立ちます。明度をそろえたライトベージュのハイウエストスカートを合わせた着こなしは、上品なフレッシュ感が魅力です。

【4】ブルーニット×ブルーパンツ

ニットフーディ・ジャケット・デニム(ラルフ ローレン〈ラルフ ローレンコレクション〉)、時計(ブルガリ ジャパン)、ヨガマット(イージーヨガジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2019年
ニットフーディ・ジャケット・デニム(ラルフ ローレン〈ラルフ ローレンコレクション〉)、時計(ブルガリ ジャパン)、ヨガマット(イージーヨガジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2019年

「アスレジャー(運動と余暇の造語)」と呼ばれるスポーティーなファッションが注目される今、健康的な美しさこそ、新しいエレガンスの基準に。そして、ジムに通うときこそラフになりすぎないよう、きちんとしたおしゃれを心がけましょう。

【5】ブルーブラウス×ピアス

ブラウス(オールウェイズ〈MIKAKO NAKAMURA〉)、ピアス(ラリック銀座店)、女性の時計(ソーウィンドジャパン〈ジラール・ペルゴ〉)、その他/私物 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious4月号』小学館、2019年
ブラウス(オールウェイズ〈MIKAKO NAKAMURA〉)、ピアス(ラリック銀座店)、女性の時計(ソーウィンドジャパン〈ジラール・ペルゴ〉)、その他/私物 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious4月号』小学館、2019年

ターコイズにブラック&アイボリーのリボンが曲線を描くオリジナルシルクプリント。ボウタイブラウスをモダンに更新する一方、高級感のある艶と鮮やかな配色が肌をいきいきと見せ、仕事シーンにふさわしい品格エレガンスを奏でます。

着こなしはビジネスランチには堅苦しく見えず、ノーブルなブラウスを主役に。長いボウを首元にゆるやかに巻き、所作の邪魔にならないようにコンパクトに結ぶのがたしなみ 。顔周りや胸元のやわらかなニュアンスも好印象の決め手です! 

【6】ブルーブラウス×ブルーパンツ

ブラウス(コロネット〈エアロン〉)、パンツ(0 キートン)ピアス・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(TOMORROWLAND〈ヴァシック〉)靴(トッズ・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2019年
ブラウス(コロネット〈エアロン〉)、パンツ(キートン)、ピアス・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(TOMORROWLAND〈ヴァシック〉)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2019年

きれい色は、トップスだけ取り入れるよりむしろ、セットアップ風に取り入れるのが今の気分。しなやかな素材のブラウスとウールのパンツ…と異素材を組み合わせることでニュアンスもアップ。白のバッグ&靴で爽やかに仕上げましょう。

【7】ブルーブラウス×グレージュスカート

ブラウス・スカート(オールウェイズ〈ミカコ ナカムラ〉) 撮影/戸田嘉昭・小池紀行・池田 敦(パイルドライバー) BY:『Precious5月号』小学館、2019年
ブラウス・スカート(オールウェイズ〈ミカコ ナカムラ〉) 撮影/戸田嘉昭・小池紀行・池田 敦(パイルドライバー) BY:『Precious5月号』小学館、2019年

だれもが一目おく凛とした女らしさ。それをスタイルアップしつつ実現してくれるのが、ボウブラウスとハイウエストスカート。配色で美人効果を意識するのもおしゃれ上手の視点です。ターコイズ×グレージュならば、座っても、佇んでも、遠目でも…絵になる女性に!

【8】ブルーシャツ×ネイビーパンツ

靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) エス マックスマーラのシャツ・マックスマーラのパンツ(マックスマーラ ジャパン)、ピアス・ペンダント・ネックレス内側から/(ステディ スタディ〈トムウッド〉)、時計(LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン ゼニス)、バッグ(JIMMY CHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious6月号』小学館、2019年
靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン)、エス マックスマーラのシャツ・マックスマーラのパンツ(マックスマーラ ジャパン)、ピアス・ペンダント・ネックレス(ステディ スタディ〈トムウッド〉)、時計(LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン ゼニス)、バッグ(JIMMY CHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious6月号』小学館、2019年

9分丈ストレートパンツは足元にカジュアルセンスを加えることで、理想的なバランスに。抜け感のあるサンダルを合わせ、軽やかに洗練させて。

【9】ブルーブラウス×グラデーションスカート

ジャケット(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈ジョルジオ アルマーニ〉)ブラウス・スカート(オールウェイズ〈ミカコ ナカムラ〉)、時計(ブレゲ ブティック銀座)、バッグ(モワナ メゾン GINZA SIX)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious8月号』小学館、2019年
ジャケット(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈ジョルジオ アルマーニ〉)、ブラウス・スカート(オールウェイズ〈ミカコ ナカムラ〉)、時計(ブレゲ ブティック銀座)、バッグ(モワナ メゾン GINZA SIX)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious8月号』小学館、2019年

淡いブルーのメタリック糸を織り込んだジャカード生地が華やかなスカートを合わせて。クラシカルなラウンドウォッチの名品が手元に気品を授けます。

ブルーのスカートを使ったコーデ


【1】ブルースカート×ブルーニット

ニット・スカート・バッグ・靴(ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店)、ピアス・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious4月号』小学館、2019年
ニット・スカート・バッグ・靴(ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店)、ピアス・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious4月号』小学館、2019年

コンパクトなリブの半袖ニットとボックスプリーツのスカートで、上品なフェミニンを目指して。マロンカラーの小物を合わせることで、着こなしに奥行きが生まれます。シルバーの『ボーン カフ』バングルで、辛口なアクセントを添えましょう。

【2】ブルースカート×カーキシャツ

スカート・シャツ(オンワードグローバルファッション〈ジルサンダー ネイビー〉)、イヤリング・ブレスレット・リング(フレッド)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(セルジオ ロッシ ジャパン) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious5月号』小学館、2019年
スカート・シャツ(オンワードグローバルファッション〈ジルサンダー ネイビー〉)、イヤリング・ブレスレット・リング(フレッド)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(セルジオ ロッシ ジャパン) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious5月号』小学館、2019年

かすかに艶を含んだコットンや裾のデザインの遊びが、スタイリッシュなスカート。このかっこよさをより際立てるのは、ハリ感がきりっとしたシルエットをつくる光沢カーキシャツ。シャツのボタンは上まで留める着方が今の気分です。

ブルーのパンツを使ったコーデ


【1】ライトブルーパンツ×ライトブルーニット

ニットフーディ・ジャケット・デニム(ラルフ ローレン〈ラルフ ローレンコレクション〉)、時計(ブルガリ ジャパン)、ヨガマット(イージーヨガジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2019年
ニットフーディ・ジャケット・デニム(ラルフ ローレン〈ラルフ ローレンコレクション〉)、時計(ブルガリ ジャパン)、ヨガマット(イージーヨガジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2019年

「アスレジャー(運動と余暇の造語)」と呼ばれるスポーティーなファッションが注目される今、健康的な美しさこそ、新しいエレガンスの基準に。そして、ジムに通うときこそラフになりすぎないよう、きちんとしたおしゃれを心がけましょう。

【2】ライトブルーデニム×ホワイトシャツ

バッグ『ポスティーナ BABY ゼータ』(アマン〈ザネラート〉)、シャツ(デザインワークス ドゥ・コート六本木ヒルズ店〈デザインワークス〉)、デニム(エージー ジャパン)、ピアス・バングル(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2019年
バッグ『ポスティーナ BABY ゼータ』(アマン〈ザネラート〉)、シャツ(デザインワークス ドゥ・コート六本木ヒルズ店〈デザインワークス〉)、デニム(エージー ジャパン)、ピアス・バングル(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2019年

日本の桜をイメージした落ち着いたピンクが大人好みのバッグが、シャツ×ブルーデニムのシンプルスタイルにもよく映えます。

【3】ライトブルーデニム×シルバーブラウス

バッグスモール『ブック トート』・ブラウス・デニム・イヤリング(クリスチャン ディオール〈ディオール〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious6月号』小学館、2019年
バッグスモール『ブック トート』・ブラウス・デニム・イヤリング(クリスチャン ディオール〈ディオール〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious6月号』小学館、2019年

繊細なストライプ、シルクのしなやかな素材感、軽やかに風とたわむれるリラックスシルエット…ひと目で特別とわかるブラウスとデニムで、クラス感の香る大人カジュアルを完成。新サイズのスモール『ブックトート』で、気品あふれる千鳥柄を小粋に楽しむのも、新鮮です! 

【4】ブルーデニム×ニットアンサンブル

バッグ『シシリー 62』・カーディガン・プルオーバー・デニム・ピアス(ドルチェ&ガッバーナ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2019年
バッグ『シシリー 62』・カーディガン・プルオーバー・デニム・ピアス(ドルチェ&ガッバーナ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2019年

ハンドバッグの気品とトートのスマートさを備えた『シシリー62』。カジュアルな着こなしに軽やかにフィットし、格を高める効果は絶大です! レースを配したピンクのカシミヤニットアンサンブル+ブルーデニムの優しい配色で仕上げた着こなしに、上質レザーの風格が香るニュアンスグレーのバッグを選択。肩の力が抜けたラグジュアリー感を演出してくれます。

【5】ライトブルー系パンツ×ホワイトTシャツ

ベルト・ジャケット・Tシャツ・パンツ・時計・バッグ(フェラガモ・ジャパン〈サルヴァトーレ フェラガモ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious7月号』小学館、2019年
ベルト・ジャケット・Tシャツ・パンツ・時計・バッグ(フェラガモ・ジャパン〈サルヴァトーレ フェラガモ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious7月号』小学館、2019年

ベージュ、ブラウン、グレー系の服にきれいになじみ、着こなしをリッチに高めるグレージュ・ベルト。夏らしいプリントボトムの装いも、上質カーフのグレージュ・ベルトでシックにクラスアップ。2か所の「ガンチーニ」バックルでつけ外しをするデザインが、モダンなかっこよさをプラスしてくれます。

ブルーのワンピースを使ったコーデ


【1】ブルーワンピース×太ベルト

ワンピース(オンワードグローバルファッション〈ロシャス〉)、ベルト(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、ピアス・ペンダント内側から・バングル・時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/黒沼 諭(aosora) BY:『Precious5月号』小学館、2019年
ワンピース(オンワードグローバルファッション〈ロシャス〉)、ベルト(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、ピアス・ペンダント・バングル・時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/黒沼 諭(aosora) BY:『Precious5月号』小学館、2019年

みずみずしいブルーのワンピースは、細身ながらしなやかな素材で堅苦しさとは無縁。太めベルトでウエストマークすると、スマートな美しさが際立ちます。

【2】ブルーワンピース×ブラックヒール

ワンピース(オールウェイズ〈MIKAKO NAKAMURA〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(ブルーベル・ジャパン〈フランチェスコ ルッソ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious5月号』小学館、2019年
ワンピース(オールウェイズ〈MIKAKO NAKAMURA〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(ブルーベル・ジャパン〈フランチェスコ ルッソ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious5月号』小学館、2019年

シルエットのワンピース落ち着いた雰囲気のライトブルーは、大人を知的に、清らかに見せてくれる色。上質なシルク素材ならではのとろみ感が、細身シルエットにやわらかなニュアンスと表情を与えて。ボウのあしらい方で、着こなしに変化をつけられるのもうれしいポイントです。

夏のブルーコーデ関連記事