ダウン、コート、ブルゾンなどを活用し、気温が10℃の冬の日を素敵に着過ごすコーディネートをまとめました。すべてラグジュアリーマガジン『Precious(プレシャス)』(毎月7日発売)より、本テーマのために抜粋したコーディネート集です。

【目次】

ダウンジャケット・ベストを使った服装


【1】フェンディのファーベスト×黒ニット×グレーパンツ

【1】フェンディのファーベスト×黒ニット×グレーパンツ
ジレ・バッグ『バイ ザ ウェイ』・別売りのFFロゴのショルダーストラップ・ニット・パンツ・別売りのショルダーストラップ・靴(フェンディジャパン)、ピアス/私物 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious12月号』小学館、2018年

動きやすく軽やかな『トラベルミンク』のジレは、毛が密集したミンクファーが背中をすっぽりと覆って、驚くほど暖かです。トップジップでしっかり閉まる、スマートな『バイ ザ ウェイ』をショルダーがけし、カジュアルなシューズで軽快な着こなしに! 

【2】アンノウンのファーベスト×白ニット×ベージュスカート

【2】アンノウンのファーベスト×白ニット×ベージュスカート
スカート(MOGA)、ジレ(ウィムガゼット 青山店〈アンノウン〉)、タートルニット(トラデュイール)、ネックレス0(TASAKI〈TASAKI〉)、バッグ(ロベルタディ カメリーノ)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious12月号』小学館、2018年

ニット×スエードスカートの組み合わせに、毛足の長いファーベストをレイヤードして、休日を楽しむチャーミングな遊び心を表現。持ち味の異なる素材を重ねることで、色をなじませた着こなしに奥行きが生まれて。

【3】CHIE IMAIのファーベスト×グレーニット×グレースカート

【3】CHIE IMAIのファーベスト×グレーニット×グレースカート
ジレ(CHIE IMAI)、ニット(三喜商事〈アリュード〉)、スカート・ブーツ(プレインピープル丸の内)、ピアス(アルテミス・ジョイエリ〈アルテミス・ジョイエリ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious12月号』小学館、2018年

ネイビーがかったグレーと、ヒップが隠れる着丈で、さまざまな着まわせるミンクファーのジレをロングスカートに合わせて。スカートにはもちろん、パンツにも好バランスです。 

【4】ファビアナフィリッピのベージュダウンベスト×ブラウンカーディガン

濃厚なマルサラブラウンにさらに濃淡のブラウンを絶妙に重ねて奥行きを演出
ベルト付きカーディガン・ベスト・ニット・パンツ・グローブ・バッグ・靴(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

タートルニット×ダブルジップのダウンベストといった完成されたカジュアルに、さらに上からマルサラブラウンのロングカーディガンをふんわりはおって。これぞ冬レイヤードの楽しさ全開! バッグや靴にいたるまで、ニュアンスあるブラウンの濃淡を、ていねいに重ねた服装で、気温10度の日も冬カジュアルを満喫しましょう。

【5】イレブンティのベージュダウンベスト×カーキストール

カジュアルなシーンだからこそ、上質素材と色合わせが決め手に
ダウンベスト(イレブンティ)、トップス・スニーカー(ブルネロ クチネリ)、パンツ(バンフォード)、ストール(ジョンストンズ)、バッグ(エルメス) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious2月号』小学館、2018年

スポーティーな印象が強いダウンベストは、気温10度の日に持っていると重宝するアイテム。グレージュ×アースカラーの組み合わせも、上質な素材を重ね、ストールなどのニュアンスを加えることで大人カジュアルな服装が完成します。

【6】ヘルノのチョコ茶ダウンジャケット×オレンジニット

3色によるコントラストも暖色でそろえた統一感でまとまりのある着こなしに
パンツ(キートン)、ニット(クルチアーニ 銀座店)、ブルゾン(ヘルノ・ジャパン)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈サンローラン〉)、ピアス・リング(showroom SESSION〈ヒロタカ〉)、時計(IWC)、バッグ・別売りのミンクファーハンドル(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(ファビオ ルスコーニ 有楽町店) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious2月号』小学館、2018年

ビビッドオレンジのインナーとチョコ茶のダウンジャケットで似通った色相を並べながら、明度や彩度に変化をつけたコントラスト配色が、グレージュの印象を更新してくれます。気温10度の日に最適な服装です。

この冬イチオシのコートを使った服装


【1】キートンの柄コート×ワンピース

【1】キートンの柄コート×ワンピース
コート・ワンピース(キートン 銀座店)、ピアス・リング(コロネット〈アントニーニ〉)、バッグ(デルヴォー・ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious12月号』小学館、2018年

個性が光るカラーミックスコートで、印象に残る着こなしに。ドラマティックなシーンでは、「少量の赤」が効果的。真紅のクラッチバッグを添えて、冬のアウタースタイルに艶めきを添えましょう。主役のアウターは、グレー~黒のグラデーションに、メタリックなラメを施したツイード素材。ラグランスリーブでも、キリッとスマートに着用できるよう、熟練の職人による丁寧な仕立てが施されています。

【2】ADOREの白コート×カーキニット×スカート

【2】ADOREの白コート×カーキニット×スカート
コート(ADORE)、ニット(yoshie inaba)、スカート(プルミエ アロンディスモン)、ピアス・ネックレス(三越日本橋本店 本館3階ミグジュアリー〈ドナテラ・ペリーニ〉)、バッグ(エドストロームオフィス〈ジェイ ダブリュー アンダーソン〉)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious12月号』小学館、2018年

たっぷりとしたシルエットのコートが、リッチな雰囲気をつくり出す。ブラウンのニット×ブロンズのスカートで、ヨーロッパマダムのようなこなれ感を楽しみましょう。

【3】マディソンブルーの赤コート×黒ニット×黒パンツ

【3】マディソンブルーの赤コート×黒ニット×黒パンツ
ニット(カオス表参道〈カオス〉)、コート(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〈マディソンブルー〉)、パンツ(スローウエアジャパン〈インコテックス〉)、ピアス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈マーク クロス〉)、靴(J.M. WESTON 青山店〈J.M.WESTON〉) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious12月号』小学館、2018年

トマトレッドのウール生地をたっぷり使ったビッグシルエット。こんなコートを、黒一色のスリムな着こなしに合わせたら…、コントラストの美しさに、ドキッとします。極細18ゲージウールで編み上げたニットは、肌に吸い付くようななめらかさが魅力です。

【4】Theory luxeのネイビーコート×ブラウス×レザースカート

【4】Theory luxeのネイビーコート×ブラウス×レザースカート
コート(Theory luxe)、ブラウス(レキップ)、スカート(コロネット〈エアロン〉)、サングラス(TAKA ROCK〈クレア〉)、ピアス(ドレスアンレーヴ〈ドナテラ・ペリーニ/三越日本橋本店 本館3階ミグジュアリー〉) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious12月号』小学館、2018年

レザーのスカートを使った、気品漂うオールネイビーのコーディネート。端正なネイビーと、エッジィな表革を組み合わせた意外性が魅力のラップスカートに、ノーカラーのロングコーデと華やぎブラウスを合わせたスタイリングです。甘めのレースブラウスも、一気にモードな印象に!

【5】ザ・ロウのベージュコート×黒ワイドパンツ

ビッグシルエットとミニマルなデザインの対比で魅せる最旬の一着
コート・ニット ・パンツ・バッグ(ザ・ロウ・ジャパン)、ピアス・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

顔周りをすっきりとシャープに見せるネックラインと、包み込むようなシルエットが着物を思わせるラップコートは気温10度の日に最適。カシミヤのダブルフェース素材が体になじみ、軽くはおるだけで、たおやかな女性らしい服装になります。コクのあるキャメルになじむ、ブラウン系のトーンでまとめてシックに。ニットの柔和な白で抜け感をつくって、軽快に仕上げましょう。

【6】ポール カの黒チェスターコート×黒パンツ

凛としたチェスターコートを襟元の異素材ミックスでフェミニンに昇華!
コート・ニット(アオイ〈ポール カ〉)、パンツ(スローウエアジャパン〈インコテックス〉)、ピアス(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、靴(オンワード樫山/R〈ペリーコ〉)、その他/私物 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2018年

ダブルラペルが特徴的なメンズライクなコートなのに、どこか可憐で女らしいのは、襟元に配した異素材ミックスのせい。フワフワのループツイード×ベロア素材が、地厚ながら軽量ウールの黒に華やぎを与え、気温10度の日もあたたかく過ごせる服装です。

【7】サンローラン バイアンソニー・ヴァカレロの黒コート×黒パンツ

オールブラックで際立つサンローランのコートの圧倒的な存在感
コート・パンツ・バッグ・靴(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイアンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

ジェンダーレスでエイジレスな佇いが、時代の気分を反映するスタンドカラーコートは、オールブラックでエッジィに着こなして。スキニーパンツを合わせた、スリムな全身シルエットに小粋なムードが漂うこの服装は、本格的な冬到来前の気温10度の日のための服装です。

【8】ロロ·ピアーナのネイビーコート×ネイビーパンツ

ネイビーをトラッドに着こなす王道スタイルで贅沢なコートを堪能
コート(ロロ·ピアーナ銀座並木通り本店)・ニット・パンツ・マフラー・バッグ・靴(ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店) 撮影/唐澤光也(RED POINT) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

カシミヤ・フリースのしっとりとしなやかなテクスチャーで、未体験の着心地のコートは初冬の気温10度の日にはおりたい一枚! ノーブルなムードに満ちた、オーセンティックなパンツスタイルを、ハイクラスのミラノマダム風の服装に着こなして。バケットバッグやストールで、旬のブラウンを差し色にした配色テクニックも、今年らしさにつながります。

【9】ボッテガ・ヴェネタのグレーコート×黒スカート

厳選された素材と丹念な仕立てでシンプル・ラグジュアリーを表現
コート・ニット・スカート・チェーンウォレット・リング・靴(ボッテガ・ヴェネタ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2018年

最高級のホワイトカシミヤだけが叶えるえもいわれぬニュアンスカラーと、軽く、しなやかに体に沿うシルエットのコート。ダブルフェースの生地にするために、2枚を接結する糸にもカシミヤを使って、職人がひと針ひと針、縫い上げるコートは冷える気温10度の日の服装にぴったりです。表だけでなく、見えない部分にまで、ラグジュアリーを追求する情熱が、ひと目で「特別!」とわかる輝きを放ち、着る人を洗練へと導く秘密なのです。

【10】ジル・サンダーのネイビーコート×白タートルネックニット

立ち居振舞まで美しく見せる羨望のネイビーコート
コート・トップス・バッグ(オンワードグローバルファッション〈ジル・サンダー〉)、ピアス・リング(シャンテクレール 東京店) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

気温10度の寒い日に◎な極細繊維のウールを贅沢に使った、一枚仕立てのダブルフェースコート。着物のようなラップデザインで、合わせの部分にあしらわれたシルバー色のDリングがクールな服装のアクセントに。軽くてしなやかな生地が体をすっぽりと包み込むミニマルなシルエットを引き立たせるために、合わせるアイテムは極力シンプルに。カットソーやジュエリーでクリーンな白を効かせましょう。

【11】ポール カのブルーコート×グレーパンツ

構築的なリボンデザインとドルマンスリーブが印象的
コート・パンツ(アオイ〈ポール カ〉)、ピアス(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2018年

たっぷりしたドルマンスリーブに少し丸みを帯びたコクーンシルエットが、モードなエッセンスを感じさせる、気温10度の日にはおりたいコートを使った服装。深みのあるブルーは、派手すぎず、しかも遠目からでもはっとするほど印象的です。襟元の立体的なリボンデザインを生かすように、フロントはスナップボタンですっきりと。

ファー付きコート・ブルゾンを使った服装


【1】フェンディのファー付きコート×スカート

【1】フェンディのファー付きコート×スカート
コート・バッグ『ラナウェイ』・別売りのブルーのハンドルストラップ・スカート・サングラス・ニット(フェンディ ジャパン)、ピアス・手袋/私物 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious12月号』小学館、2018年

きちんと感を備えたネイビーコートは、底冷えする寒さの夜も、なめらかな肌触りのミンクファーの襟を立てれば、巻き物いらずの暖かさ。軽量で、アウトポケットなど機能性も満載の『ラナウェイ』バッグで、スマートな洗練を印象づけましょう。

【2】フェンディのファーブルゾン×黒スカート

【2】フェンディのファーブルゾン×黒スカート
ブルゾン・スカート・バッグ『ピーカブー』・靴(フェンディ ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious12月号』小学館、2018年

ロックテイストのスタッズ付きバッグと、スポーティーなミンクブルゾンで、女らしさのなかにもキレのよさを意識した着こなしです。

【3】ファー付きグレーコート×黒パンツ

大人配色で仕事スタイルがよりリッチに!
撮影/佐藤 彩 BY:『Precious11月号』小学館、2018年

グレージュの微妙な色合いが引き立つカシミヤやファーなど表情のある素材のコートを使った服装。ヘリンボーン柄で端正なイメージをもちつつ、ファー襟で迫力を加えたドルチェ&ガッバーナのコートに、グレージュのニット&ストールで穏やかな印象を与えましょう。合わせるアイテムはシックな黒でも、艶でまとめれば贅沢な大人の雰囲気にできる気温10度の日のコーデです。

【4】アバティのファー付きグレージュコート×グレージュパンツ

グレージュトーンの微差を華やかにまとめるブロンズ小物マジック
ニットコート(コロネット〈アバティ〉)、ニット(オルドス ファッション ジャパン)、パンツ(ウールン商会〈ペセリコ〉)、カシミヤのストール(ボーダレス〈ベグアンド コー〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈サンローラン〉)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

黄みグレージュのコートを主役に、赤みのモカグレージュや、辛口のグレーを加えた上級センスの気温10度の日に着たい服装。多色使いも、ブロンズ小物の輝きで華やかにまとまります。

【5】アドーアのファー付きネイビーコート×グレースカート

【5】アドーアのファー付きネイビーコート×グレースカート
コート(ADORE)、ニット(コロネット〈アバディ〉)、スカート(東レ・ディプロモード〈コーニッシュ〉)、バッグ(ピエール アルディ 東京)、リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

ミモレ丈のノーカラーコートと、中綿入りのフード付きジレを組みわせたネイビーのコートを、ロングスカート合わせで。コートはセパレートでの着用も可能なので、着回し力も優秀。優れた保湿性を誇るウールやヤク混のブレンド生地が用いられています。コートとジレの質感の違いも、立体的におしゃれに見せられる要因。

【6】カール ドノヒューのファー付きグレージュブルゾン×グレーパンツ

多彩な素材感のソフトグレーで、グレージュをセンスアップ
ニット(yoshie inaba)、ブルゾン(showroomSESSION〈カール ドノヒュー〉)、パンツ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、ピアス・リング(ザ・ショーケース GINZA SIX 店〈テンサウザンドシングス〉)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(J.M.WESTON 青山店) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious2月号』小学館、2018年

ローゲージニットの優しげなグレージュに、明るめのグレーをなじませながらちりばめた服装。暖かいムートンブルゾンは気温10度の日に最適なアイテム。艶やかなファーやパテントローファーの光沢、シルバー小物で緩急をつけましょう。

【7】アニオナのファー付きブルゾン×白タイトスカート

スポーティなアウターは白いタイトスカートで女っぷりよく演出したい!
ファー襟付きカシミヤブルゾン(三喜商事〈アニオナ〉)、カシミヤのニット(ウールン商会〈バリーニットウェア〉)、スカート(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、ピアス・パールのブレスレット(チェルキ〈ミッレ〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious12月号』小学館、2017年

フライトジャケット風のブルゾンを、ふんわりとしたカシミヤニットでリュクスな仕上がりにした服装。キレのあるタイトスカートでも、優しい白でまとめると凛とした女らしさが出せ、冷える気温10度の日も暖かい雰囲気に仕上がります。

【8】ルイ・ヴィトンのファー付き黒コート×黒パンツ

黒一色の着こなしにはファー使いのストールでリッチなメリハリを演出
ストール・ケープ・ニット・パンツ・バッグ(ルイ・ヴィトン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

印象がクールになりすぎそうな黒で統一した着こなし。気温10度の冷える日には、ストールを用いて立体感と躍動感をプラス。ストール中央のファー部分が後ろ襟にくるように巻くと、フードのような大人かわいいリッチ感が香り立つ服装です。

【9】ロロ・ピアーナのファー付き白ジャケットコート×白パンツ

極上の素材だけが出せる繊細なトーンのリュクスなミルキーホワイト
カシミヤパンツ・ムートンファージャケット・バッグ・靴(ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious12月号』小学館、2017年

Aラインシルエットに愛らしさが漂う手の込んだシアリングファーのムートンジャケットコート。ワイドシルエットに大人の余裕が香るベビーカシミヤニットパンツを合わせ、スニーカーまで美しいホワイトでまとめた上品なカジュアルスタイルに。グレージュバッグのシックな差し色が映える、気温10度の日にも暖かいコーデです。

【10】ドゥロワーのファー付きカーキコート×ベージュワイドパンツ

深いカーキが印象的な襟元のボリュームファーで視線を上に集める
パンツ(プルミエ アロンディスモン)、コート(ドゥロワー 青山店〈ドゥロワー〉)、ニット(三喜商事〈アリュード〉)、手袋(アマン〈アルポ〉)、イヤリング・リング(デペッシュモード恵比寿本店〈ドナテラ・ペリーニ〉)、バッグ(オンワードグローバルファッション〈マルベリー〉)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

主役のパンツは深めタックのワイドシルエットで、スカートのような優雅さを実現。ロング丈のコートは気温10度の日に使いたいアイテム。ボリュームあるポケットと襟元のファーで視線を上に逃すのもこの服装のテクニックです。