ヌードカラーのアイテムは、露出した肌の色になじませたり、ワントーンで品のいい軽やかフェミニンな着こなしを楽しんだりと、夏のおしゃれに欠かせない存在です。そこでヌードカラーをヘルシーにコーディネートしていた4人のセレブにクローズアップ。これから初秋まで、リッチで女性らしい着こなしに仕上がるので必見です。

ヘルシーさが光って、おしゃれに見える!「ヌードカラー」の夏スタイル4選

■1:金ボタン付きジャケットをメインに、濃淡カラーを今どきスポーティーに仕上げて

足元は清潔感のある白スニーカーで、ワイドパンツのボリュームに負けないバランスをつくり上げています。

2019年5月、N.Y.でSNAPされた女優、グウィネス・パルトロウの着こなしです。

腰丈のベージュジャケットを、ワントーン濃いめのワイドシルエットのパンツでゆったりと着こなしています。ヌードカラーワントーンでまとめたパンツスタイルは、大人の余裕が香り、こなれた印象にまとまっています。

ジャケットにあしらわれた金ボタンがリッチな味つけとなって、カジュアルすぎないムードに。まさに大人が理想とするリラックススタイルです。

■2:胸元シャーリングのサンドレスも、健康的でモードな色味ならセンスよく決まる

暑い日はヘアをアップにしてすっきりまとめると、モードさも感じさせられます。

パリで炎天下の中、ショッピング中の女優ケイト・ボスワース。

ミルクティーカラーに近い絶妙な色味がハイセンスなワンピースは、胸部分がゴムシャーリングになり、肩のストラップを結ぶデザインです。痩せていてもふくよかでも体型を選ばず着られるデザインで、こんなニュアンスあるカラーを選べば、おしゃれ上級者の佇いに。

バッグはディオールの「ディオール ブック トート」、靴はフラットなミュールにダークトーンを差し、引き締まって見えるようまとめている姿はさすが。

■3:ピーチ系カラーを光沢素材のセットアップで着こなせば、軽快かつラグジュアリー

足元は素足によくなじむ、同じ色味のウェッジの靴を合わせています。パンツからつながったIシルエットになって美脚ラインを実現。

アーティストで女優のジェニファー・ロペスは、ややピーチ色がかったヌードカラーをブラウスとパンツのセットアップで取り入れていました。どちらも光沢がある上質な素材で、品のいい艶を放ち、軽やかなフェミニンさを印象づけます。

ブラウスの袖はひじまでプッシュアップして、ドローストリングタイプのパンツはゆるっとしたサイズ感なので、リラックスムードも十分です。この色味だからこそ表現できるラグジュアリーさを上手に演出できています。

■4:フェミニンな要素が詰まったワンピースで、優雅で華やいだ雰囲気を演出

エルメスのフラットサンダルは、ワンピースよりやや濃いめのブラウンをセレクト。

大人気から続編が決まったことでも話題の『ゴシップガール』に出演していた女優のケリー・ラザフォード。

ミラノでパパラッチされたこの日は、モカ色に近いヌードカラーのワンピースを愛用していました。ギャザー使いの切り替えやふんわりした袖、ウエスト部分にはリボンベルトと、どこをとってもエレガント。でも甘すぎず、知的に仕上がっているのはこの色味のおかげ。

ペタンコサンダルでカジュアルにまとめているところも今っぽさ抜群です。


夏に取り入れるヌードカラーは、健康的に見えて、理想のラグジュアリーさも光ります。

真夏から暑さが残る9月に着こなすと、秋らしい落ち着いたムードも香らせることができます。ぜひこれから取り入れて、新鮮なおしゃれを楽しんでください。

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
AFLO
EDIT&WRITING :
佐野有紀