「奇しくも」を「きしくも」と読んでしまったら、大人として大恥をかきますよ!

「きしくも」と読みたくなりますが、間違いです!

今回のタイトル「奇しくも」ですが、正しい読み方をわかっているのに、ついつい反射的に「奇」を「き」と言う読み方で反射認識してしまい、数回「きしくも」と打ち込んで、デジタル変換してしまいまった筆者です。

きしくも→「岸雲」という、単純に「岸」と「雲」を並べただけの、熟語でもなんでもない漢字の羅列を何度も表示させては消し、という無駄な作業で、時間を取ってしまいました。

ブラインドタッチは便利なようで、不便な時がありますね(原因はもちろん自分自身のミスですが)。

「奇しくも」という漢字は、当然ですが「きしくも」という間違った読み仮名を入力しても、出て参りません。

しかし「奇」という漢字を見て「き」という読み仮名をまず連想してしまう方、とても多いのでは? うっかりそれを人様の前で声に出すと、教養のないShame(残念な)女性、と思われてしまう、罠のような日本語です。

Respect(尊敬される)女性で在るためにも、こうした危ない言葉はしっかりおさらいしつつ、普段から使いこなす語録としてインプットしてしまいましょう。

…というわけで、クイズです。

【問題1】

「奇しくも」という慣用表現の読み仮名は、以下のどちらでしょうか?

1:あやしくも

2:くしくも

みなさん、おわかりですよね? あえて問題に出しましたが…

出題の文章もよく読んでくださいね。
次ページ 正解発表!意味にも注意!
この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
ILLUSTRATION :
小出 真朱