「サドル」バッグなど、ブランドを代表するアイコンバッグに着想を得たスマートフォンケースが、毎シーズン話題になるDIOR(ディオール)。

今回は、世界的にもファンの多いバッグ「レディ ディオール」から着想を得た新作のスマートフォンケースの新作をチェックしてみましょう! 

ジュエリーのような華やぎとスマートさに人気集中!「ディオールのスマホケース」は大人女性のマストハブ

ディオールのiPhoneケース 「レディ ディオール」(ブラック)¥52,000・(グリーン)¥52,000・(ブルー)¥56,000(税抜)

1995年に発表された、メゾンのアイコン的存在である「レディ ディオール」。イギリスの故ダイアナ妃が愛用していたのは有名な話で、ディオールの数あるバッグのなかでも、憧れ度No.1だといえます。

この「レディ ディオール」の魅力をぎゅっと凝縮したのが、こちらの新作スマホケース。

やわらかなラムスキンとブロックチャーム。「レディ ディオール」が小さくなったスマホケースの魅力3

■1:「レディ ディオール」の魅力をそのまま凝縮したエレガントなデザイン

iPhoneケース 「レディ ディオール」¥52,000(税抜)

「レディ ディオール」の特徴は、やわらかなラムスキンに、カナージュ柄のキルティングステッチを施してあること。カナージュ柄は、ムッシュ ディオールが1947年の初コレクションで顧客たちを迎えるために使用した、ナポレオン3世の椅子からヒントを得たものです。

ラグジュアリー感がもっとも高いといえるのが、ブラック。パーティーや会食などの場に華やぎをプラスする格を備えています。

■2:デザイン美と機能美を兼ね備えた、才色兼備な仕立て

カナージュ パターン部分はポケットに

ゴールドのブロックチャームも「レディ ディオール」の愛されポイント。ディオールの「D」「i」「o」「r」の4文字が別々になっていて、揺れると繊細な金属音を奏でます。

ふっくらとしたラムスキンにあしらわれたカナージュ パターンにブロックチャーム、そして丸みを帯びたフォルムがエレガント…。硬質な電子機器を、やわらかでフェミニン、そしてファッショナブルな印象に変身させる威力は流石です!

さらに、機能面でも優秀。カナージュ パターン部分がポケットになっていて、ICカードなどカード1枚程度なら収納することができます。

■3:衝撃から守るハード型が安心ポイント

ハード型で耐久性バッチリ。内側にはブランドロゴが刻まれています

落としてしまったときなど、外からの衝撃から守ってくれるハード型も、絶対に外せない優秀なポイント。スマートながら、機能面でも寄り添ってくれる心遣いが、忙しく働く女性にもぴったりですね!

好みで選べる豊富なカラーバリエーション

それぞれの志向に合わせて選べる、多彩なバリエーションも魅力的。レザーの質感や色によって個性を出せるので、色や素材が豊富な今こそ買い替えどきです。

iPhoneケース 「レディ ディオール」(グリーン)¥52,000(税抜)

こちらは、爽やかな印象をもたらし好感度の高いグリーン。ブランドを代表するラムレザーが肌に優しくフィットします。ベージュやグレーなど、シックなカラーの洋服やバッグにも品良く馴染むので、ビジネスシーンでも重宝しそうですね。

iPhoneケース 「レディ ディオール」(ブルー)¥52,000(税抜)

エレガンスときちんと感を兼ね備えた、パテントレザーのブルーも印象的。モダンな質感が、トレンディーな表情を引き出します。スタイリングのアクセントに良さそうですね。


「レディ ディオール」に着想を得たスマートフォンケースは、クチュールのエレガンスと洗練を体現した逸品。電子機器の硬い感じや味気なさが苦手で、かわいらしさやラグジュアリー感を添えたい。そんな女性はぜひ実際に手に取っていただき、その魅力を確かめていただきたい逸品です。

エレガントながら、ビジネスシーンでも華美になり過ぎない絶妙なデザインが、働く女性の強い味方になってくれそうですね。

問い合わせ先

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
大槻誠一
WRITING :
高橋京子
EDIT :
石原あや乃