レディース秋の赤コーデまとめ。秋に着こなしたい赤色を使ったコーデを、ファッション誌『Precious』から集めました。赤スカートや赤パンツ、赤トップスや赤アウターなど、一点取り入れるだけで華やぐ赤を使って、秋のおしゃれを上品に楽しんでみてはいかがでしょうか。

【目次】

レディース秋の赤スカートコーデ


【1】赤スカート×ベージュニット×ベージュカーディガン

スカート・ニット・肩にかけたカーディガン・バッグ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、その他/私物 撮影/熊澤 透 BY:『Precious1月号』小学館、2019年
スカート・ニット・肩にかけたカーディガン・バッグ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、その他/私物 撮影/熊澤 透 BY:『Precious1月号』小学館、2019年

ポップな柄が軽やかに浮かび上がる、スイス伝統の「サンガレン・エンブロイダリー」のレーススカートを投入。ハリのある素材で、贅沢な分量感のAラインのシルエットが動くたびに揺れるスカートは、シンプルなベージュのニットと合わせるだけで印象的に仕上がります。

【2】赤レーススカート×黒ニット

撮影/®Afro BY:『Precious3月号』小学館、2019年
撮影/Afro BY:『Precious3月号』小学館、2019年

赤スカートを主役に、黒レザーの『ピーカブー』にカラフルな『ストラップユー』を飾るリース。女優、映画プロデューサー、母親業と多忙な日常のなか、実用性と優美さを兼ね備えたこのバッグを持つ姿は、たびたびキャッチされています。

【3】赤ラップスカート×黒ブラウス

スカート(コロネット〈エアロン〉)、ブラウス(ジョルジオ アルマーニジャパン〈エンポリオ アルマーニ〉)、ネックレス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、ファーストール(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈エンポリオ アルマーニ〉)、バッグ (デルヴォー・ジャパン)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious10月号』小学館、2018年
スカート(コロネット〈エアロン〉)、ブラウス・ファーストール(ジョルジオ アルマーニジャパン〈エンポリオ アルマーニ〉)、ネックレス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ (デルヴォー・ジャパン)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious10月号』小学館、2018年

ビジューパンプスやブラックファーを味方につけて、華やかなオーラを。

レディース秋の赤トップスコーデ


【1】赤ブラウス×白パンツ

ブラウス・パンツ(クリスチャン ディオール〈ディオール〉)、ピアス(クリスチャン ディオール〈ディオール ファイン ジュエリー〉) 撮影/下村一喜(UM) BY:『Precious9月号』小学館、2019年
ディオールのブラウス・パンツ・ディオール ファイン ジュエリーのピアス(クリスチャン ディオール) 撮影/下村一喜(UM) BY:『Precious9月号』小学館、2019年

たっぷりと贅沢な布使いから生まれるエレガンスを楽しむ、シルクジョーゼットのチュニックブラウス。シックカラーに白のマリンパンツを合わせて、ハンサムに仕上げると知的な華やぎが生まれます。

【2】赤シャツ×ベージュパンツ

パンツ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、シャツ(Vince 表参道店〈ヴィンス〉)、バッグ(ラルフ ローレン〈ラルフ ローレンコレクション〉)、靴(リエート〈サントーニ〉)、ネックレス(ピアジェ)、めがね(ルックスオティカジャパン〈ティファニー〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious8月号』小学館、2019年
パンツ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、シャツ(Vince 表参道店〈ヴィンス〉)、バッグ(ラルフ ローレン〈ラルフ ローレンコレクション〉)、靴(リエート〈サントーニ〉)、ネックレス(ピアジェ)、めがね(ルックスオティカジャパン〈ティファニー〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious8月号』小学館、2019年

イエロー系ブラウンの「シナモン」は、白・黒・ネイビーとも相性はいいけれど、今季はスパイスカラー同士で着るのが大人っぽく上級者風。×レッドチリブラウスで、明るくポジティブな着こなしに昇華しましょう。シナモンと同系のゴールドジュエリーやタンカラーのバッグ&靴が、装いをより奥行き豊かに。オフィスでスタンダードに活躍するシナモン色のスティックパンツ。クリーンなシルエットが聡明な印象を授けてくれます。

【3】赤カーディガン×黒レザースカート×グレーコート

スカート・コート・赤カーディガン・バッグ・靴(ロエベ)、ピアス・ネックレス(TASAKI〈TASAKI〉)、時計0(LVMHウォッチ・ジュエリー ジャパン ゼニス) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious12月号』小学館、2018年
スカート・コート・赤カーディガン・バッグ・靴(ロエベ)、ピアス・ネックレス(TASAKI〈TASAKI〉)、時計(LVMHウォッチ・ジュエリー ジャパン ゼニス) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious12月号』小学館、2018年

動くたびに艶やかなレザーが揺れる、着映え度満点のドラマティックなスカート。鮮やかなトマトレッドのニットを合わせ、メリハリの効いた素材使い&配色にすることで、さらに美人度をアップさせましょう。

【4】赤ブラウス×イヤリング

イヤリング『ループ』(ハリー・ウィンストン)、ブラウス(ヴァレンティノ ジャパン〈ヴァレンティノ〉) 撮影/伊藤彰紀(aosora) BY:『Precious12月号』小学館、2018年
イヤリング『ループ』(ハリー・ウィンストン)、ブラウス(ヴァレンティノ ジャパン〈ヴァレンティノ〉) 撮影/伊藤彰紀(aosora) BY:『Precious12月号』小学館、2018年

ボルドーのシルクブラウスで、シックに装う日。洗練された色使いを華やかに盛り上げるのは、ダイヤモンドの白い輝き。モチーフをラインで象かたどったイヤリングで、繊細な感性はそのままにパーティーにふさわしいクラス感を加えましょう。

レディース秋の赤パンツコーデ


【1】赤パンツ×黒ブラウス

ブラウス・パンツ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、ピアス(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、ネックレス(ラリック ジャパン)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(ジャンヴィト ロッシジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2019年
ブラウス・パンツ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、ピアス(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、ネックレス(ラリック ジャパン)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(ジャンヴィト ロッシジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2019年

鮮やかな朱色のパンツは着こなしに変化と大人のムードを加えてくれる、この秋重宝するアイテム。しなやかなシルクの黒ブラウスとなら、強くなりすぎず、辛口なエレガンスが生まれます。

【2】赤パンツ×白ニット×ベージュコート

パンツ(オンワード樫山〈ジョゼフ〉)、コート(マッキントッシュ青山店〈マッキントッシュ〉)、ニット(リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉)、サングラス(プロポデザイン〈プロポ〉)、ピアス・バングル・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク〈ティファニー〉)、バッグ(トッズ・ジャパン〈トッズ〉)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious3月号』小学館、2019年
パンツ(オンワード樫山〈ジョゼフ〉)、コート(マッキントッシュ青山店〈マッキントッシュ〉)、ニット(リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉)、サングラス(プロポデザイン〈プロポ〉)、ピアス・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク〈ティファニー〉)、バッグ(トッズ・ジャパン〈トッズ〉)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious3月号』小学館、2019年

主役のカラーパンツはさらっとした肌触りのコットンストレッチ素材だから、適度にカジュアル感も漂い、赤いパンツでも重くならず、今っぽく決まります。赤とベージュをつなぐ、白小物を効果的にちりばめて。

レディース秋の赤ワンピースコーデ


【1】赤ワンピース×バッグ

ワンピース・イヤリング・バッグ (グッチ ジャパン) 撮影/下村一喜(UM) BY:『Precious9月号』小学館、2019年
ワンピース・イヤリング・バッグ (グッチ ジャパン) 撮影/下村一喜(UM) BY:『Precious9月号』小学館、2019年

往年のヨーロッパ・レディがシックトーンの着こなしが基本であるのに対し、アメリカの古きよき時代性を色濃く反映した『刑事コロンボ』の女性たちは、どちらかというとゴージャス&インパクト主義。首元を覆うハイネックや見る角度によって印象が違うアシンメトリーなデザインがモードを奏でるワンピースも、鮮やかなレッドが断然、気分! 気分が高揚することで、美しさがレベルアップするはずだから…。さりげなく手にした黒のクラッチバッグで王道のエレガンスも心得えた成熟したファッション観を感じさせましょう。

【2】赤ボーダーワンピース×黒レザーパンツ

ニットワンピース・レザーパンツ・バッグ・ブーツ(ソニア リキエル ジャポン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious11月号』小学館、2018年
ニットワンピース・レザーパンツ・バッグ・ブーツ(ソニア リキエル ジャポン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

マルチカラーのボーダーニットはソニア リキエルのアイコン。このニットワンピースも、大胆な配色ながら黒ベースなので、大人の女性がシックに色柄を楽しめます。こなれ感を誘うシルバーのジッパーは、単なるアクセントでなく取り外し可能。ワンピースから短めニットに、半袖に…と、身ごろもそども、丈を自在に変えられる画期的なデザインです。こうした常識を打ち破る楽しさもこのブランドならでは。本格的なニットの季節こそ、ニットのおしゃれの可能性を広げましょう。

【3】赤ワンピース×ブーツ

撮影/©AFLO BY:『Precious12月号』小学館、2018年
撮影/AFLO BY:『Precious12月号』小学館、2018年

レイヤードスタイルよりも、アイテム単体で勝負するのがヴィクトリア流。冬のワンピーススタイルは、ジャケットやカーディガンをはおらなくてもよい、袖ありのタイプがお気に入り。シアーな素材のボルドーワンピースは、華やぎシーンにふさわしいオーラがあります!

【4】赤柄ワンピース×黒コート

コート(エストネーション〈エストネーション〉)、ワンピース(キートン 銀座店) ピアス・リング(シャンテクレール 東京店)バッグ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈ジョルジオアルマーニ〉)、靴(ヒラオインク〈クレジュリー〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious1月号』小学館、2019年
コート(エストネーション〈エストネーション〉)、ワンピース(キートン 銀座店)、ピアス・リング(シャンテクレール 東京店)、バッグ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈ジョルジオアルマーニ〉)、靴(ヒラオインク〈クレジュリー〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious1月号』小学館、2019年

ボタニカル柄が美しいロングワンピースと、上質なマキシ丈のコートがつくり出す、スラリとしなやかなプロポーション。長い丈のワンピースは、コートからはみ出たすそ丈バランスに迷うところだが、マキシ丈のコートであれば解決! 存在感のあるチェーンバッグで、華やかなアクセントを効かせましょう。

レディース秋の赤アウターコーデ


【1】赤ジャケット×黒パンツ

ジップアップジャケット・パンツ・バッグ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、その他/私物 撮影/熊澤 透 BY:『Precious1月号』小学館、2019年
ジップアップジャケット・パンツ・バッグ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、その他/私物 撮影/熊澤 透 BY:『Precious1月号』小学館、2019年

ダブルフェースのカシミヤのジップアップジャケットは、スポーティーなのに決してラフにならない上質さが魅力。後ろ身ごろがやや長くなり、ヒップ周りがカバーできるAラインのシルエットも、大人好みです。黒の細身パンツと白スニーカーを合わせ、軽快に着こなしましょう。

【2】赤コート×ブーツ

コート・サングラス・バッグ・靴(グッチ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious1月号』小学館、2019年
コート・サングラス・バッグ・靴(グッチ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious1月号』小学館、2019年

ハッとさせるような赤色のコートは、後ろ身ごろに入ったボックスプリーツや控えめなベルスリーブが際立てるシンプルで優雅なシルエットも秀逸です。

【3】赤コート×白ブラウス×黒レザースカート

スカート(ロンハーマン〈マディソンブルー〉)、ブラウス(J&M デヴィッドソン 青山店)、手に持ったコート(アマン〈アンスクリア〉)、ウノアエレのピアス・ワンエーアールバイウノアエレのリング(ウノアエレ ジャパン)、ネックレス(エルメスジャポン)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、タイツ(ステッラ〈ピエールマントゥー〉)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious12月号』小学館、2018年
スカート(ロンハーマン〈マディソンブルー〉)、ブラウス(J&M デヴィッドソン 青山店)、手に持ったコート(アマン〈アンスクリア〉)、ウノアエレのピアス・ワンエーアールバイウノアエレのリング(ウノアエレ ジャパン)、ネックレス(エルメスジャポン)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、タイツ(ステッラ〈ピエールマントゥー〉)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious12月号』小学館、2018年

レザースカートが、エレガントなトップスを引き立てつつ、モダンな印象へと導きます。

【4】赤コート×黒ニット×黒パンツ

ニット(カオス表参道〈カオス〉)、コート(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〈マディソンブルー〉)、パンツ(スローウエアジャパン〈インコテックス〉)、ピアス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈マーク クロス〉)、靴(J.M. WESTON 青山店〈J.M.WESTON〉) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious12月号』小学館、2018年
ニット(カオス表参道〈カオス〉)、コート(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〈マディソンブルー〉)、パンツ(スローウエアジャパン〈インコテックス〉)、ピアス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈マーク クロス〉)、靴(J.M. WESTON 青山店〈J.M.WESTON〉) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious12月号』小学館、2018年

極細18ゲージウールで編み上げたニットは、肌に吸い付くようななめらかさが魅力。トマトレッドのウール生地をたっぷり使ったビッグシルエット。こんなコートを、黒一色のスリムな着こなしに合わせたら…、コントラストの美しさに、ドキッとします。

【5】赤ストール×白ニット×ライトグレーパンツ

アルパカウール混のストール・カシミアのニット・パンツ(ブルネロ クチネリ ジャパン)、シルバーバングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious1月号』小学館、2019年
アルパカウール混のストール・カシミヤのニット・パンツ(ブルネロ クチネリ ジャパン)、シルバーバングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious1月号』小学館、2019年

暖房のきいた暖かな室内では、素敵な大判ストールが一枚あれば、一日スエットパンツで過ごしてもゆったりが様になります。ラメが煌めくチェックのストールは赤を基調に、パッと明るい雰囲気に。スエットパンツもウールカシミヤ入りで贅沢な温もりがあります。

秋の赤コーデの関連記事