【目次】

「黒」で引き締めシックにきめて


グレーの色合わせに迷ったら、まずは万能な「黒」を合わせて。もともとスタイリッシュなグレーは、引き締まった黒を合わせるとシックなムードが倍増します。オンオフ使える配色が無難にならないコーディネート術をピックアップ。

王道きれいめコーディネートにトライ

 

コンパクトな黒のクルーネックカーディガンに、グレーのセンタープレスパンツを合わせきちんと感を演出。淡い色味のグレーを選べば、黒とのメリハリをたっぷりつけることができます。ベルトやポインテッドトゥパンプスなど、小物もきれいめな黒をチョイス。

チャコールグレーを馴染ませ深みのある表情へ

 

シンプルな黒ワンピースは、ツヤのあるサテン素材を選べば歩くたびにエレガント。ジャケットは、黒に馴染むチャコールグレーを選んで深みのある表情へ。エナメルパンプスで足元をレディに、真っ赤なルージュで彩りを添えて華やかに。

ゆったり上下もラフにならない

 

スキッパーニットとパンツのシンプルワンツーは、いずれもゆったりシルエットを選んでエフォートレスに。ライトグレーと黒という落ち着いた配色ならけっしてラフに傾きません。トップスの裾をラフにインして動きをつけるとgoodバランス。

色味と素材に変化をつけてリズミカルに

 

ライトグレーのジップアップパーカに、それよりも濃いグレーのミドルコートを重ね奥行きをメイク。黒アイテムを散らして引き締めながら、レザーの光沢感やストッキングのシアー感でメリハリを意識し、リズミカルに整えて。

「白」なら透明感とスタイリッシュさが叶う


ぱっと明るい「白」合わせなら、グレーのスタイリッシュさを引き立てることができ、さらに透明感を演出することができます。都会的にきまるコーディネートをピックアップ。

ハリのある白シャツをカッコよく着こなして

 

ぱりっとハリのある清楚な白シャツに、チャコールグレーのパンツを合わせカッコいいオーラを放って。ひねりの効いたウエストデザインがモダンさを醸し、シンプルワンツーを成功へと導いてくれます。

白を下半身に置いて軽やかさをアピール

 

カーディガンとデニムパンツのカジュアルな組み合わせは、グレーと白という配色でスタイリッシュに。ライトグレーなら、白の明るさと共鳴して透明感たっぷり。下半身に白を配置し、軽快なコーディネートを完成させて。

たっぷりフレアスカートも甘くなりすぎない

 

高揚感で満たしてくれるようなボリューミィなフレアスカートは、グレーを選んで糖度を控えめにすれば大人顔。白のタンクトップで外しを加え、気張りすぎないちょうどいいバランスに。足元にはグレーと馴染みの良いシルバーのポインテッドトゥパンプスを迎え、キレよく。

リラックスカジュアルがあか抜ける

 

さらっと一枚で着こなすキャミソールワンピースに、スニーカーとコットントートバッグを合わせ軽やかなカジュアルスタイルをメイク。リラックス感がありながらも、白とグレーの都会派な配色でラフな印象を払拭。

「グレー」洗練のワンカラーコーデにトライ


「グレー」でまとめるワンカラーコーディネートで、カッコよさやクールさ漂う洗練のスタイルを作りましょう。定番オールブラックよりも新鮮な印象になるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

煌めきを宿せば間延びしない

 

トップスとスカートをグレーで繋いだ着こなしは、クロップド丈のトップスでお腹周りをちらりと覗かせ、のっぺりするのを阻止。さらにツヤのある素材のスカートとシルバーグリッターのシューズで煌めきをプラスすれば、立体感ばっちり。

ローゲージのニットで動きを作って

 

ニットプルオーバーとデニムパンツのカジュアルワンツーは、色味を変えたグレーを組み合わせてスタイリッシュさを獲得。プレーンなデニム素材に、ざっくり編みのニットが映えてメリハリのある装いに着地します。

黒のような引き締め効果のあるチャコールグレーを活用

 

ライトグレーとチャコールグレーで濃淡をつければ、ワンカラーコーディネートもこんなにメリハリしっかり。さらにニットプルオーバーのカットアウトのディテールが、さりげないポイントに。

あえて色味に変化をつけず、ストイックな表情へ

 

グレーのスタイリッシュさを引き立てるなら、あえて色味に変化をつけないストイックなワンカラーコーディネートにトライしてみて。シャカシャカとしたナイロンブルゾンでスポーティな趣を加えれば、カッコよさが倍増。

「ベージュ」で柔らかく見せて


同じ中間色同士である「ベージュ」とグレーは相性が良いです。無機質なグレーに優しげなベージュを合わせると、柔らかな印象にまとまります。ニュアンス配色がぼんやりしないテクニックをチェック。

流れるようなシルエットのフレアパンツでクラスアップ

 

スウェットプルオーバーというカジュアルなアイテムは、上品ベージュを選びつつ、流れるような曲線が美しいフレアパンツを合わせクラスアップを実現。濃いめのチャコールグレーで穏やかに引き締めれば、シンプルな装いも様になります。ゴールドネックレスや黒レザーバッグといったシックな小物も着映えに貢献。

ローライズスカートで今っぽく

 

フィット感のあるニットトップスに、プリーツスカートを合わせたきれいめコーディネート。ローライズのスカートなら程よい脱力感が加わって、今っぽくまとまります。グレーで上半身に穏やかな引き締め効果を、ベージュで下半身を軽やかに。

淡いグレーとベージュでしなやかに

 

ジャケットとパンツのハンサムルックは、淡いグレーとベージュという上品配色でしなやかさを際立てて。かかとが覗くクリームホワイトのパンプスで、足元をレディに。

間にグレーパーカを挟むひと手間で洒落感アップ

 

グレーとベージュの優しいニュアンスカラーコーディネートを披露した、歌手のアシュリー・ロバーツ。トップスとコートの間に、コートよりも濃いグレーのジップアップパーカを仕込むひと手間で、奥行きを授けました。足元にはスニーカーを迎え、リラックス。

「ブラウン」で上品さをプラス


無機質なカラーであるグレーに、穏やかな「ブラウン」を投入することで上品に味付け。落ち着いた色合わせになるので、大人らしさたっぷり。

グレーとブラウンの色味を馴染ませて

 

知的な雰囲気漂うグレースーツのインに、濃いめのブラウンカットソーを取り入れ、色味を馴染ませると洗練された佇まいに。シルバーのイヤリングやネックレスを添え、クールにまとめて。

カジュアルを大人顔に仕上げる

 

上半身は、トップスとカーディガンのアンサンブルで単調さを防止。そこにゆったりパンツとスニーカー、キャップを合わせ心地よいカジュアルスタイルをメイク。グレーとブラウンの色合わせなら大人らしさをキープできます。

ミニスカートスタイルを辛口に仕上げる

 

フィット感のあるコンパクトなカーディガンに、ローライズのミニスカートを合わせY2Kなルックをエンジョイ。グレーとダークブラウンというクールな配色とレザースカートが効いて、程よい辛口スタイルにまとまります。

「ネイビー」知的な配色で大人顔へ


グレーと「ネイビー」という色合わせは、寒色コーディネートになり知的な雰囲気を演出することができます。ネイビーの上品さが好作用する大人ルックをピックアップ。

外し役のジャージートップスがこなれ見えに貢献

 

コンパクトなトップスとスレンダーなスカートの組み合わせは、ネイビーとグレーの配色で大人らしさを加算。サイドラインがアクセントのジャージートップスがこなれた印象に直結。

カジュアルすぎないデニムパンツを頼りに

 

タンクトップとデニムパンツのカジュアルルックを、シックに味付けしたモデルのケンダル・ジェンナー。タンクトップは白ではなくグレーを選ぶことでスタイリッシュに、デニムパンツはネイビーのようなインディゴブルーで洗練を宿して。

ロゴニット×スーパーロングコートでキャッチーに

 

ロゴ入りがアクセントのニットプルオーバーに、存在感のあるスーパーロングコートでキャッチーさを実現。ネイビーとグレーなら、印象のクラスアップに成功します。白シャツをインに仕込むテクニックで立体感をアップ。

「カーキ」でほんのり辛口に


ミリタリーな印象の「カーキ」を合わせることで、グレーを辛口に着こなして。クールにきめたいとき、大人らしく仕上げたいときにおすすめな配色です。

コンパクトトップス×ハイエストパンツでスタイルアップ

 

リブがアクセントのコンパクトなノースリーブトップスに、金釦付きでIラインが強調できるハイウエストパンツを合わせスタイルアップ効果を掛け算。グレーとカーキの色合わせで、シンプルなパンツルックを辛口に着こなして。

ジャケパンスタイルをきりっと整える

 

ジャケット×パンツの組み合わせは、グレーとカーキをかけ合わせてハンサムに誘導。ショート丈のジャケットを選びつつ、パンツの裾をロールアップして足首を見せれば、軽やかさをクリアすることができます。

静かな色合わせで季節感を意識

 

無彩色のグレーに穏やかなカーキを合わせ、秋冬らしいミュートカラーコーディネートへ。ストール付きのコートやキルティングバッグでメリハリを意識すれば、物足りなさを感じる心配もなし。

「カラー」を合わせ着回し幅を広げる


モノトーンのひとつだからこそ、ベーシックカラー以外にも「カラー」アイテムと馴染むグレー。赤、グリーン、ブルー、ピンクを合わせた実例をご紹介します。思い思いのカラーを組み合わせ、グレーの着回し幅を広げましょう。

「赤」で温度を感じさせて

 

無機質なグレーも、鮮烈な「赤」合わせなら温度が宿ってたちまちフレッシュな印象に。上半身に濃い色を集結させると、ライトグレーパンツの淡さが際立って軽快さを両立できます。

「グリーン」でナチュラルに

 

ぱきっとしたブライトグリーンのトップスが引き立つのは、無彩色であるグレーパンツを合わせているから。鮮やかなカラーも、自然を想わせるグリーンならナチュラルさをキープすることができます。

「ブルー」でクリーンさを漂わせて

 

知的なグレーのスーツに、鮮やかなライトブルーのオフタートルニットとミニバッグを合わせてクリーンな表情へ。スニーカーで足元をリラックスさせ、こなれたテイストミックススタイルをコンプリート。

「ピンク」程よい甘さが心地よい

 

ふんわりと柔らかなトーンのピンクコートは、グレーのパンツを合わせて糖度を和らげれば大人らしくきまります。他のアイテムは黒で統一し、引き締めを加えるとリズミカル。

PHOTO :
Getty Images
EDIT&WRITING :
阿部芙美香
TAGS: