身長152cmの大人のための「サロペット」を探して

小柄な私が着ても子供っぽくならない、
大人のためのサロペットを探し始めて
かなり長い時間がかかったのですが、
ようやく「コレ」と思える一着に出合うことができました。
それが“ヤヌーク”のグレーデニムのサロペット。

半袖Tシャツだとカジュアルになりすぎるところを、ノースリーブでシャープに。寒くなったら黒ジャケットを羽織ります。サロペット/ヤヌーク Tシャツ/SLOANE サングラス・靴/プラダ 時計/シャネル バッグ/Sans Arcidet
半袖Tシャツだとカジュアルになりすぎるところを、ノースリーブでシャープに。寒くなったら黒ジャケットを羽織ります。サロペット/ヤヌーク Tシャツ/SLOANE サングラス・靴/プラダ 時計/シャネル バッグ/Sans Arcidet

ぴたぴたシルエットは今の気分じゃない…とはいえ、
ビッグシルエットは低身長には難しすぎる。
その点、程よくゆとりがありながらも、
パンツ部分も含めてすっきり細身のシルエットが、
身長152㎝の私にはぴったりきました。

まだ日中は暑い残暑のころにデビューさせたので、
インナーは同じくすっきりとしたデザインの
白のノースリーブTシャツを選んで、
シンプルに着こなしたら、
大人っぽさもキープできたように思います。

アジャスト用の金具も同系色でできていて、後ろ姿もすっきり。サロペット/ヤヌーク
アジャスト用の金具も同系色でできていて、後ろ姿もすっきり。サロペット/ヤヌーク

実はこのサロペット、小学館のファッション誌でも活躍中の
スタイリスト金子 綾さんと“ヤヌーク”のコラボアイテム。
ディテールまでとてもよく考えられていて、
購入の決め手になったのは、後ろ姿にも理由があります。

一般的にサロペットは背当てがついているものが
多く見受けられるようですが、
それだと“本気”すぎて、カジュアルになりすぎる傾向に。
その点、ショルダーストラップが腰まで伸びて
背中がシャープに見えるのもポイントに。

さらに子供っぽさを回避するために、
足元はポインテッドトウのフラットシューズを
合わせることにしました。
このサロペット、季節が進んだら黒タートルを合わせたり、
黒ジャケットのインに着たりと活躍させるつもりです。

(撮影/エディターH&J 文/エディターJ)

【身長152㎝の着こなし】シリーズはこちら