秋におすすめのセーターコーデ集です。これからの季節に欠かせないセーターコーデを、雑誌『Precious』から選り抜きました。

人気の白セーターや、セーターに合わせたいアウター、セーターに合うスカートなど、セーターを大人らしく着こなすヒントが満載です。ぜひ今年の秋も、お気に入りのセーターでおしゃれを楽しんでください。

【目次】

レディース秋のセーターコーデ


【1】黒セーター×グレーケープ

プルオーバー・スカート(コスチューム ナショナル 青山店)、ファーケープ(CHIEIMAI)、ピアス(アルテミス・ジョイエリ〈アルテミス・ジョイエリ〉)、バングル(ヴィア バス ストップ ミュージアム〈エレン ズベルディア〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious2月号』小学館、2019年
プルオーバー・スカート(コスチューム ナショナル 青山店)、ファーケープ(CHIEIMAI)、ピアス(アルテミス・ジョイエリ〈アルテミス・ジョイエリ〉)、バングル(ヴィア バス ストップ ミュージアム〈エレン ズベルディア〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious2月号』小学館、2019年

黒で統一したバルキーニット(地厚なニット)+スカートの装い。それを、チンチラファーの優美なモノトーンで彩って、カジュアルもラグジュアリーも知り尽くした、大人の女性の美意識を表現したコーディネートです。主役のニットはふくらみのあるウール混素材で、畦あぜ編みのシンプルなハイネック。

【2】グレーセーター×黒スカート×白マント

マント(オールウェイズ〈MIKAKO NAKAMURA〉)、ニット(スローン)、スカート(マディソンブルー)、バングル(ウィム ガゼット 青山店〈フィリップ オーディベール〉)、バッグ・別売りのストラップ(トッズ・ジャパン) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious2月号』小学館、2019年
マント(オールウェイズ〈MIKAKO NAKAMURA〉)、ニット(スローン)、スカート(マディソンブルー)、バングル(ウィム ガゼット 青山店〈フィリップ オーディベール〉)、バッグ・別売りのストラップ(トッズ・ジャパン) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious2月号』小学館、2019年

一枚で様になる、ウールカシミヤのタートルネックのローゲージニットは、急いでいる朝ほど手が伸びる、真冬の救世主アイテム。ニットの上にクロスがけしてバッグを持つときのアウターは、かさばらない&着脱しやすいマントが活躍します。

【3】柄セーター×グレースカート

ニット(コロネット〈フォルテ フォルテ〉)、スカート(プレインピープル丸の内〈プレインピープル〉)、バングル(三越日本橋本店 本館3階ミグジュアリー〈ペリーニ〉)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious2月号』小学館、2019年
ニット(コロネット〈フォルテ フォルテ〉)、スカート(プレインピープル丸の内〈プレインピープル〉)、バングル(三越日本橋本店 本館3階ミグジュアリー〈ペリーニ〉)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious2月号』小学館、2019年

かわいらしい雰囲気のフェアアイル柄ニットも、グレージュ基調なら上品に着こなせます。ロングのプリーツスカートのライトグレーをなじませた、ワントーン着こなしで大人らしく仕上げましょう。

【4】黒セーター×黒スカート

ニット(クルチアーニ 銀座店)、スカート(マディソンブルー)、カフス(wb)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、サングラス(プロポデザイン〈プロポ〉)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious2月号』小学館、2019年
ニット(クルチアーニ 銀座店)、スカート(マディソンブルー)、カフス(wb)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、サングラス(プロポデザイン〈プロポ〉)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious2月号』小学館、2019年

素材ミックスで緩急をつけたオールブラックの装いに、ブレスレットのように付けられるファーのカフスをトッピング。手元が華やぐうえ、手首がしっかり温まるのもうれしいポイントです。J.M. WESTONのローファーでハンサムな印象を加えて。

【5】黒セーター×黒スカート

靴『VAZZA』(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉)、ニット(ルシアン ペラフィネ 東京ミッドタウン店)、スカート(ブランドニュース〈デレク ラム〉)、眼鏡(ケリング アイウエアジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、リング/3点セット・バングル(エドストローム オフィス〈シャルロット シェネ〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious11月号』小学館、2018年
ニット(ルシアン ペラフィネ 東京ミッドタウン店)、スカート(ブランドニュース〈デレク ラム〉)、眼鏡(ケリング アイウエアジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、リング/3点セット・バングル(エドストローム オフィス〈シャルロット シェネ〉)、靴『VAZZA』(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious11月号』小学館、2018年

ざっくり編まれた白×黒のニットと、風合い豊かなツイード靴を足元に添えた、素材感をリンクさせたコーディネート。温もりあるツイード素材と、澄んだ光を放つジュエルバックルが、スカートの足元で存在感を放ちます。

【6】キャメルセーター×グレーパンツ

ニット/10月上旬入荷予定(ドゥロワー 六本木店〈ドゥロワー〉)、パンツ(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉)、サングラス(アイヴァン PR)、バングル(ウノアエレ ジャパン)、バッグ(ピーチ〈ヴィオラドーロ〉)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious10月号』小学館、2019年
ニット(ドゥロワー 六本木店〈ドゥロワー〉)、パンツ(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉)、サングラス(アイヴァン PR)、バングル(ウノアエレ ジャパン)、バッグ(ピーチ〈ヴィオラドーロ〉)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious10月号』小学館、2019年

ふんわりとしたカシミヤのニットとウールパンツのベーシックスタイルこそ、シック配色でセンスよく。重心を軽やかに見せる白スニーカーは、履き口にあしらわれたキャメルのレザーがポイントに。

【7】柄セーター×パンツ

ニット・デニムパンツ/すべて予定価格(セリーヌ ジャパン〈セリーヌ バイ エディ・スリマン〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious10月号』小学館、2019年
ニット・デニムパンツ(セリーヌ ジャパン〈セリーヌ バイ エディ・スリマン〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious10月号』小学館、2019年

伝統的なフェアアイル柄のブラッシュドニットにデニムを合わせた、トラッドコーディネート。ブラウンをベースに、控えめな色使いのモチーフがシック。襟元部分はゆったりとしたオフタートルになっています。

【8】柄ニット×グレーパンツ

ニット(コロネット〈フォルテ フォルテ〉)、パンツ(Theory)イヤーマフ・ミトン(showroom SESSION〈カール ドノヒュー〉)、バッグ(モワナ メゾンGINZA SIX)、靴(シシ) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious2月号』小学館、2019年
ニット(コロネット〈フォルテ フォルテ〉)、パンツ(Theory)、イヤーマフ・ミトン(showroom SESSION〈カール ドノヒュー〉)、バッグ(モワナ メゾンGINZA SIX)、靴(シシ) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious2月号』小学館、2019年

フェアアイル柄のニット&フランネルのテーパードクロップドパンツというワンツーフィニッシュの着こなしに、小物使いでしっかり防寒。ともすると幼く見えがちなミトンやイヤーマフは、カール ドノヒューのグレーの上質なトスカーナラムのものを合わせて、大人っぽくシックに。

【9】白セーター×カーキパンツ

ニット(ebure)、パンツ(Theory)、スカーフ(スローン)、時計(IWC)、バッグ(モワナ メゾン GINZA SIX)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious2月号』小学館、2019年
ニット(ebure)、パンツ(Theory)、スカーフ(スローン)、時計(IWC)、バッグ(モワナ メゾン GINZA SIX)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious2月号』小学館、2019年

白のラムウールのVネックニットには、カーキのパンツとグレージュの小物を合わせることで白が膨張せず、すっきりとした印象に。さらにアースカラー×ホワイトのシルクスカーフをふんわり巻いて、重層感のある色合わせを楽しみたい。

【10】ライトグレーセーター×カーキパンツ×黒ファーコート

コート(サードカルチャー〈ブランカ〉)、ニット(トラデュイール)、パンツ(東レ・ディプロモード〈ナインティーン セブンティ〉)、グローブ(アマン〈アルポ〉)、バッグ(アマン〈ペリーコ〉)、靴(ウールン商会〈ペセリコ〉) 撮影/小林美菜子 BY:『Precious1月号』小学館、2019年
コート(サードカルチャー〈ブランカ〉)、ニット(トラデュイール)、パンツ(東レ・ディプロモード〈ナインティーン セブンティ〉)、グローブ(アマン〈アルポ〉)、バッグ(アマン〈ペリーコ〉)、靴(ウールン商会〈ペセリコ〉) 撮影/小林美菜子 BY:『Precious1月号』小学館、2019年

友人のように仲のいい母と一緒に、お気に入りブランドのポップアップストアへ。週末でもエレガンスを意識して、ローゲージニットとコットンパンツという休日カジュアルに、ファーコートをまとい大人の迫力を。

レディース秋の白セーターコーデ


【1】白セーター×キャメルスカート

スカート(コロネット〈エアロン〉)、ニット(アマン〈アンスクリア〉)、チョーカー・ブレスレット・リング(アルテミス・ジョイエリ)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(Theory luxe) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2019年
ニット(アマン〈アンスクリア〉)、スカート(コロネット〈エアロン〉)、チョーカー・ブレスレット・リング(アルテミス・ジョイエリ)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(Theory luxe) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2019年

コットンリブの深Vニットにロングのプリーツスカートを合わせ、ショートブーツを合わせたいい女ベーシックコーディネート。主役は部分的にプリーツを入れたボリュームあるスカート。こっくりとしたマスタードイエローはどんな色とも相性抜群です。靴とロングスカートの隙間が、靴と同系色の透け感のあるタイツやストッキングでつなぐとうまくいきます。

【2】白セーター×ピンクベージュスカート

スニーカー・バッグ(トッズ・ジャパン)ストール(チェルキ〈カングラ〉)、ニット(トラデュイール)、スカート(アノア〈リビアナ・コンティ〉)サングラス(アイヴァン)ピアス・バングル(ザ・ショーケース バイ デルパン GINZA SIX店〈アイアム バイ イレアナ・マクリ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2019年
ニット(トラデュイール)、スカート(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、スニーカー・バッグ(トッズ・ジャパン)、ストール(チェルキ〈カングラ〉)、サングラス(アイヴァン)ピアス・バングル(ザ・ショーケース バイ デルパン GINZA SIX店〈アイアム バイ イレアナ・マクリ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2019年

淡いアプリコットのロングスカートに、やわらかな白のニット&ストールがとろけるフェミニンなコーディネート。スニーカーでカジュアルに、大人かわいく仕上げたい。ピンクベージュの繊細なカットワークレザーのトッズのスニーカーで、ラグジュアリーな外しを。

【3】白セーター×カーキスカート

ニット・スカート(ブラミンク)、URSA MAJORのピアス(GALERIE VIE 丸の内店)、バッグ(showroom SESSION〈アシーナニューヨーク〉)、靴(TOMORROWLAND〈SARTORE〉) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious1月号』小学館、2019年
ニット・スカート(ブラミンク)、URSA MAJORのピアス(GALERIE VIE 丸の内店)、バッグ(showroom SESSION〈アシーナニューヨーク〉)、靴(TOMORROWLAND〈SARTORE〉) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious1月号』小学館、2019年

白のスリットが入った長め丈のタートルネックニットに、上品なナチュラルカーキのフレアスカートを取り入れた、幸せ感漂う休日コーディネート。スカートには前後に斜めスリットが、ニットにもサイドに大胆なスリットが入った長め丈。これを合わせる絶妙なバランスが、大人の可憐さを引き立てます。

【4】白セーター×ベージュスカート×ベージュファージレ

スカート(MOGA)、ジレ(ウィムガゼット 青山店〈アンノウン〉)、タートルニット(トラデュイール)、ネックレス0(TASAKI〈TASAKI〉)、バッグ(ロベルタディ カメリーノ)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious12月号』小学館、2018年
スカート(MOGA)、ジレ(ウィムガゼット 青山店〈アンノウン〉)、タートルニット(トラデュイール)、ネックレス0(TASAKI〈TASAKI〉)、バッグ(ロベルタディ カメリーノ)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious12月号』小学館、2018年

ニット×スエードスカートの組み合わせに、毛足の長いファーベストをレイヤードして、休日を楽しむチャーミングな遊び心を表現。持ち味の異なる素材を重ねることで、色をなじませた着こなしに、奥行きが生まれています。

【5】白セーター×ライトベージュパンツ

ニット(ドゥロワー六本木店〈ドゥロワー〉)、パンツ(マディソンブルー)、サングラス(アイヴァン 7285 トウキョウ)、ストール(HAUNT代官山/ゲストリスト〈ジョンストンズ×ハウント〉)、バッグ(アマン〈ザネラート〉、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/戸田嘉昭・池田 敦(パイルドライバー) BY:『Precious10月号』小学館、2019年
ニット(ドゥロワー六本木店〈ドゥロワー〉)、パンツ(マディソンブルー)、サングラス(アイヴァン 7285 トウキョウ)、ストール(HAUNT代官山/ゲストリスト〈ジョンストンズ×ハウント〉)、バッグ(アマン〈ザネラート〉、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/戸田嘉昭・池田 敦(パイルドライバー) BY:『Precious10月号』小学館、2019年

白~ベージュのグラデーション配色に、ピンクメタリックのパンプスが映えるクリーミー配色の着こなし。ジョンストンズの厚手のチェック柄ストール、ザネラートの落ち着いた色味のバッグが、確かな審美眼を感じさせます。

【6】白セーター×ベージュパンツ×黒コート

コート(エストネーション〈エストネーション〉)、ニット・パンツ(ブラミンク)、スカーフ(スローン)、ピアス(アルテミス・ジョイエリ〈アルテミス・ジョイエリ〉)、靴(トッズ・ジャパン)、その他/スタイリスト私物 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious1月号』小学館、2019年
コート(エストネーション〈エストネーション〉)、ニット・パンツ(ブラミンク)、スカーフ(スローン)、ピアス(アルテミス・ジョイエリ〈アルテミス・ジョイエリ〉)、靴(トッズ・ジャパン)、その他/スタイリスト私物 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious1月号』小学館、2019年

端正な顔立ちのブラックコートに、ニットのジョガーパンツとハードなショートブーツを合わせ、足元重めの旬バランスを。ローゲージニットの襟元には、鮮やかなプリントスカーフをさりげなくイン。ただのカジュアルに終わらせない上級テクニックで、遊び着の要素の強いジョガーパンツも、高級感のある着こなしが可能に。

【7】白セーター×グレーパンツ×白マント

マント(オールウェイズ〈MIKAKO NAKAMURA〉)、ニット(クルチアーニ 銀座店)、パンツ(Theory)、ミトン(カオス丸の内〈ソフィア ジー〉)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious2月号』小学館、2019年
マント(オールウェイズ〈MIKAKO NAKAMURA〉)、ニット(クルチアーニ 銀座店)、パンツ(Theory)、ミトン(カオス丸の内〈ソフィア ジー〉)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious2月号』小学館、2019年

華やぎオーラ満載のリッチホワイトのカシミヤマント。手元に添えたのはファーのミトン。マントの白に自然となじむオペークベージュは、絶妙な活躍カラーです。トーン・オン・トーンの小物使いなら、大人かわいいテイストもシックに決まります。

【8】白セーター×白パンツ

バッグ『ラナウェイ』・別売りのブルーのハンドルストラップ・ニット・パンツ・ストール・別売りのハンドルストラップ・靴(フェンディ ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious12月号』小学館、2018年
ニット・パンツ・ストール・バッグ『ラナウェイ』・別売りのブルーのハンドルストラップ・靴(フェンディ ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious12月号』小学館、2018年

白のシルクブラウスとウールシルクの白パンツを合わせた、白の異素材ワントーンコーディネートに、スニーカーを合わせてカジュアルダウン。伝統的なインレイ手法で、グレーに黒と白のファーを少量ミックスした、ボリューム感のあるフォックスのストールをひと巻き。

【9】白セーター×白パンツ×ベージュブルゾン

ブルゾン(ヘルノ・ジャパン)、アリュードのニット・バンフォード のパンツ (三喜商事)サングラス (ケリング アイウエア ジャパン〈サンローラン〉)、バッグ (J&M デヴィッドソン 青山店)、靴 (ブルネロ クチネリ ジャパン) 撮影/小林美菜子 BY:『Precious3月号』小学館、2019年
ブルゾン(ヘルノ・ジャパン)、アリュードのニット・バンフォードのパンツ(三喜商事)サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈サンローラン〉)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(ブルネロ クチネリ ジャパン) 撮影/小林美菜子 BY:『Precious3月号』小学館、2019年

「街を颯爽と歩く女性は、それだけで美しく見えるもの。しなやかなスエードのフーデッドブルゾンとスニーカーの着こなしなら、心地よく自然体でいられるはず」。スポーティなテイストをプライベートでも取り入れているスタイリスト・大西真理子さんが手掛けたコーディネートです。「カジュアルなアイテムだからこそ、落ち着いた色味に抑えると、都会に似合う洗練感が漂います」

【10】白セーター×白パンツ×ボルドーコート

コート・ニット・パンツ・バッグ(ebure)、サングラス(アイヴァン 7285 トウキョウ) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious10月号』小学館、2019年
コート・ニット・パンツ・バッグ(ebure)、サングラス(アイヴァン 7285 トウキョウ) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious10月号』小学館、2019年

ボルドーのダッフルコートでつくる、こっくりリッチな休日コーディネートです。温もり素材のホワイトを上下で合わせた、ワントーンのリッチ配色が、リュクスな印象に導きます。

セーターに合うスカートコーデ


【1】グレーセーター×白スカート

ニット・スカート(アストラット 新宿店〈アストラット〉)、時計(ヴァシュロン・コンスタンタン)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(ブラミンク〈フラテッリジャコメッティ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious10月号』小学館、2019年
ニット・スカート(アストラット 新宿店〈アストラット〉)、時計(ヴァシュロン・コンスタンタン)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(ブラミンク〈フラテッリジャコメッティ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious10月号』小学館、2019年

ボトルネックのざっくりとしたウールニットは、腰巻き風のデザインがアクセントになり、一枚で旬のおしゃれへと導いてくれます。落ち着いたチャコールグレーのニットには、やわらかな色味のプリーツスカートを合わせて軽快に仕上げて。ジュエリーを控えたぶん、チェーンバッグで艶めきをプラス。

【2】パープルセーター×グレースカート

ニット(ドゥロワー六本木店〈ドゥロワー〉)、スカート(YOKO CHAN)、眼鏡(アイヴァン PR)、バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(モワナメゾン GINZA SIX)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious10月号』小学館、2019年
ニット(ドゥロワー六本木店〈ドゥロワー〉)、スカート(YOKO CHAN)、眼鏡(アイヴァン PR)、バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(モワナメゾン GINZA SIX)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious10月号』小学館、2019年

なめらかなメルトンウールが美しいAラインシルエットを描くスカートを主役に、小粋なコーディネートを。旬色パープルのカシミヤシルクニットに、意外性のあるライトグリーンのバッグを合わせて、鮮度アップ。

【3】黒セーター×黒スカート

スカート・ニット・ベルト(ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店)、ペンダント・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(モワナメゾン GINZA SIX)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2019年
スカート・ニット・ベルト(ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店)、ペンダント・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(モワナメゾン GINZA SIX)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2019年

ボリュームのあるひざ下丈スカートを、同素材のハイゲージのリブニットに合わせた、女らしいベーシックコーディネート。太めベルトでウエストマークし、ワンピースのように着こなします。足元はショートブーツを合わせて抜け感を出すのが2019年秋冬らしいバランス。

【4】黒セーター×カーキスカート

スカート(カオス丸の内〈カオス〉)、ニット(ドゥロワー 青山店〈ドゥロワー〉)、ピアス・ネックレス・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(J.M. WESTON 青山店)、タイツ/スタイリスト私物 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious1月号』小学館、2019年
ニット(ドゥロワー 青山店〈ドゥロワー〉)、スカート(カオス丸の内〈カオス〉)、ピアス・ネックレス・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(J.M. WESTON 青山店)、タイツ/スタイリスト私物 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious1月号』小学館、2019年

カジュアルな印象が強いカーキを、フェミニンなスカートで取り入れると、甘さのなかに、凛とした強さが引き立ち、大人の女性に似合うバランスに。エッジの効いたデザインを選ぶことで、さらに今っぽさがアップします。

こちらはダークブラウンに近い、深いカーキのラップスカートを、すっきりとしたタートルネックニットに合わせ、メンズライクなローファーや大きめのジュエリー、J&M デヴィッドソンのコロンとしたフォルムがかわいいバッグ「カーニバル」で盛り上げたコーディネート。単なるワンツーコーデに終わらないスタイリングです。

【5】カーキセーター×黒スカート

ニット(ブラミンク)スカート(Theory)、ピアス・ネックレス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(J&Mデヴィッドソン 青山店)、靴(エリオポール代官山〈サルトル〉) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious1月号』小学館、2019年
ニット(ブラミンク)、スカート(Theory)、ピアス・ネックレス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(J&Mデヴィッドソン 青山店)、靴(エリオポール代官山〈サルトル〉) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious1月号』小学館、2019年

ベージュとカーキの中間色のような淡い色味と、カシミヤ混ならではのやわらかさがなんともいえない味わいのあるニットを主役に。最愛のグレージュの延長線で使えるから、抵抗感なく着られること間違いなし。チャコールグレーのプリーツスカートとこげ茶のブーツでまとめ、モダンなミラノ配色を堪能して。

【6】黒セーター×黒スカート

バッグ『モノグラム・サンローラン ミディアム・ノリータ』・ニット・スカート・靴(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious12月号』小学館、2018年
ニット・スカート・バッグ『モノグラム・サンローラン ミディアム・ノリータ』・靴(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious12月号』小学館、2018年

ハイゲージのニットにロングのプリーツスカートを合わせた、モード感あふれる黒のコーディネート。合わせたバッグは、ヴィンテージ加工を施したレザーによる、しなやかなフォルムが女らしいチェーンバッグ。レザーと同色のロゴも、シックな印象です。

【7】黒セーター×グリーンスカート

スカート・ニット(ヒューゴ ボス ジャパン〈ボス〉)、サングラス(モスコット トウキョウ)、ピアス・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ハンティング・ワールド帝国ホテル店〈ハンティング・ワールド〉)、タイツ(ステッラ〈ピエールマントゥー〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious12月号』小学館、2018年
ニット・スカート(ヒューゴ ボス ジャパン〈ボス〉)、サングラス(モスコット トウキョウ)、ピアス・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ハンティング・ワールド帝国ホテル店〈ハンティング・ワールド〉)、タイツ(ステッラ〈ピエールマントゥー〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious12月号』小学館、2018年

かわいげのあるモヘアのローゲージニットを大人顔に仕上げるなら、レザースカートの引き締め効果を活用しましょう。ミニマルな配色も、スタイリッシュなムードにひと役買ってくれます。

【8】黒セーター×黒スカート

ニット(ebure〈ebure〉)、スカート(Theory)、ピアス・ブレスレット(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ピエール アルディ 東京)、靴(クリスチャン ルブタン ジャパン) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious12月号』小学館、2018年
ニット(ebure〈ebure〉)、スカート(Theory)、ピアス・ブレスレット(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ピエール アルディ 東京)、靴(クリスチャン ルブタン ジャパン) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious12月号』小学館、2018年

オフタートルと流麗なプリーツスカートという、こなれて見えるボリュームラインのコーディネート。

メインの黒タートルは、思わず頬ずりしたくなるふっくらとしたカシミヤローゲージニット。包み込まれるようなオーバーシルエットと前後差のあるすそが個性的です。リラックス感と旬の気分を備えたラウンドフォルムのニットには、ロングプリーツスカートを合わせ、今っぽいボリュームONボリュームシルエットを楽しんで。

【9】ライトベージュセーター×ボルドースカート

ニット(三崎商事〈チヴィディーニ〉)、スカート(ebure)、スカーフ・バッグ・バングル(ブルガリ ジャパン)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious11月号』小学館、2018年
ニット(三崎商事〈チヴィディーニ〉)、スカート(ebure)、スカーフ・バッグ・バングル(ブルガリ ジャパン)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

ドロップショルダーのボリューミーなリブニットと、センタースリットがセクシーなタイトスカートを合わせて、憧れのヴィクトリア・ベッカム風のこなれ感を実現。ボルドー配色だからこそ、カジュアルなローゲージニットもぐっと女らしく! 首からのぞかせたボルドーのスカーフで、顔周りをきりっと引き締めたい。

【10】グレーセーター×ベージュスカート

ワンピース・靴(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉)、ピアス・バングル(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious10月号』小学館、2018年
ワンピース・靴(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉)、ピアス・バングル(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious10月号』小学館、2018年

幾重にも重ねたチュールスカートのインナーワンピースに、ニットをレイヤードするドッキングスタイルのワンピース。モヘア入りのふんわりしたニットには極小のスパンコールが施され、動くたびに繊細な輝きを放って。グレー×モーヴの上級配色でも、コーディネートいらずのワンピースだから、気軽に挑戦できるのも魅力のひとつ。

セーターの上に着るアウターコーデ


【1】柄セーター×キャメルコート

コート・バッグ(ロエベ ジャパン)、ニット(コロネット〈フォルテ フォルテ〉)、スカート(マディソンブルー)、ピアス(TASAKI)、手袋(真下商事〈デンツ〉)、靴(エリオポール代官山〈サルトル〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious2月号』小学館、2019年
コート・バッグ(ロエベ ジャパン)、ニット(コロネット〈フォルテ フォルテ〉)、スカート(マディソンブルー)、ピアス(TASAKI)、手袋(真下商事〈デンツ〉)、靴(エリオポール代官山〈サルトル〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious2月号』小学館、2019年

モヘア混ニットプルオーバーにストレッチのきいたベロアスカート、オーバーサイズのコートを合わせた、動きやすく暖かい着こなし。ロエベのバッグやサルトルのブーツという、レザーの良さを知り尽くしたブランドの小物使いも、高級感を後押し。

【2】黒セーター×グレーファージレ

ジレ(ストラスブルゴ〈MANZONI24〉)、ニット(クルチアーニ 銀座店)、プレインピープルのスカート・マリヤのキャップ(プレインピープル丸の内)、バッグ・別売りのストラップ(トッズ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious2月号』小学館、2019年
ジレ(ストラスブルゴ〈MANZONI24〉)、ニット(クルチアーニ 銀座店)、プレインピープルのスカート・マリヤのキャップ(プレインピープル丸の内)、バッグ・別売りのストラップ(トッズ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious2月号』小学館、2019年

クルチアーニのカシミヤ100%のタートルネックニットに、ストレスフリーなプリーツスカートを合わせ、カシミヤファーのジレを合わせたきれいめカジュアル。ニットとブーツに黒をつなげてキレ味よく仕上げましょう。

ヘアアレンジなしでもおしゃれが決まるニットキャップは、休日に活躍。頭を温めて体温アップにつながる万能アイテムなので、外にいる時間が多い冬の日のマストアイテムです。

【3】グレーセーター×キャメルコート

コート(ロエベ ジャパン)、ニット(スローン)、スカート(プレインピープル丸の内〈プレインピープル〉)、ブレスレット・リング(フレッド)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(エリオポール代官山〈サルトル〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious2月号』小学館、2019年
コート(ロエベ ジャパン)、ニット(スローン)、スカート(プレインピープル丸の内〈プレインピープル〉)、ブレスレット・リング(フレッド)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(エリオポール代官山〈サルトル〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious2月号』小学館、2019年

知的なたおやかさを表現できる、グレーのグラデーション×ブラウンのコート&小物の着こなし。好感度バツグンの、ウォームリッチな配色です。

【4】白セーター×白カーディガン

カーディガン(イーストランド〈コー〉)、ニット(クルチアーニ 銀座店)、スカート(プレインピープル丸の内〈プレインピープル〉)、ピアス・バングル(ステディ スタディ〈ソフィー ビル ブラーエ〉)、眼鏡(オリバーピープルズ 東京ギャラリー) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious2月号』小学館、2019年
カーディガン(イーストランド〈コー〉)、ニット(クルチアーニ 銀座店)、スカート(プレインピープル丸の内〈プレインピープル〉)、ピアス・バングル(ステディ スタディ〈ソフィー ビル ブラーエ〉)、眼鏡(オリバーピープルズ 東京ギャラリー) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious2月号』小学館、2019年

白のタートルネックニットに、トッパーカーディガン(目がギュッと詰まった編み地のガウン風カーディガン)た、ニットレイヤードスタイル。締めつけ感のないスカートを合わせ、ストレスフリーな心地よさを追求した着こなしです。

【5】グレーセーター×グレーファージレ

ジレ(ストラスブルゴ〈MANZONI24〉)、ニット(スローン)、スカート(マディソンブルー)、ピアス・バングル・リング(TASAKI) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious2月号』小学館、2019年
ジレ(ストラスブルゴ〈MANZONI24〉)、ニット(スローン)、スカート(マディソンブルー)、ピアス・バングル・リング(TASAKI) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious2月号』小学館、2019年

ローゲージのタートルネックニットに、ミドル丈のベロアスカートを合わせ、ファージレを上にはおった上品カジュアル。リラクシングな時間に寄り添うのは、優しげなグレージュ色のゆったりとしたニット。カシミヤファーのジレを重ね、穏やかに艶めくパールジュエリーを添えれば、上品でこなれた着こなしが叶います。

【6】ブラウンセーター×ブラウンニットジレ

ファー付きニットジレ(edit & co〈. edit &co. Cowichan〉)、タートルニット・スカート(アパルトモン 青山店〈アパルトモン〉)、ピアス・バングル(アガット)、ペンダント(プレインピープル丸の内〈レナール・ビジュー〉)、靴(ビルケンシュトック・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious2月号』小学館、2019年
ファー付きニットジレ(edit & co〈. edit &co. Cowichan〉)、タートルニット・スカート(アパルトモン 青山店〈アパルトモン〉)、ピアス・バングル(アガット)、ペンダント(プレインピープル丸の内〈レナール・ビジュー〉)、靴(ビルケンシュトック・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious2月号』小学館、2019年

カナダを発祥の地とするカウチンニットは、朴訥な表面感とエスニックな柄が印象的。ローゲージのタートルネックニットとマキシスカートという全身を、シックなブラウンで統一すれば、余裕を感じさせる遊び着に。マキシスカートとの優雅なバランス感も見逃せない。

【7】イエローセーター×黒ファーコート

コート(サードカルチャー〈ブランカ〉)、ニット(ebure〈ebure〉)、スカート(マックスマーラ ジャパン〈ウィークエンド マックスマーラ〉)、サングラス(TAKA ROCK〈クレア〉)、スカーフ(モワナ メゾン GINZA SIX)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/小林美菜子 BY:『Precious1月号』小学館、2019年
コート(サードカルチャー〈ブランカ〉)、ニット(ebure〈ebure〉)、スカート(マックスマーラ ジャパン〈ウィークエンド マックスマーラ〉)、サングラス(TAKA ROCK〈クレア〉)、スカーフ(モワナ メゾン GINZA SIX)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/小林美菜子 BY:『Precious1月号』小学館、2019年

レストランで開かれる誕生日パーティを想定したコーディネート。ファーコートの下には、鮮やかな黄色でコントラストを効かせ、注目を集めたい。

【8】ベージュニット×ライトベージュコート

コート・ニット(ザ シークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉)、パンツ(ブルーベル・ジャパン〈ホープ〉)、ピアス・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(アマン〈ア ヴァケーション〉)、ストール(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2019年
コート・ニット(ザ シークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉)、パンツ(ブルーベル・ジャパン〈ホープ〉)、ピアス・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(アマン〈ア ヴァケーション〉)、ストール(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2019年

ライトグリーンのコートに、ワッシャー加工が施されたカーキのパンツを合わせたら、シンプルでもニュアンスのある着こなしに。柄のバッグで、さらにセンスアップ。

【9】柄ニット×白カーディガン

カーディガン(イーストランド〈コー〉)、ニット(コロネット〈フォルテ フォルテ〉)、パンツ(サザビーリーグ〈マザー〉)、グローブ(真下商事〈デンツ〉)、時計(LVMHウォッチ・ジュエリー ジャパン ゼニス)、靴(リエート〈サントーニ〉)、バッグ(J&M デヴィッドソン青山店) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious2月号』小学館、2019年
カーディガン(イーストランド〈コー〉)、ニット(コロネット〈フォルテ フォルテ〉)、パンツ(サザビーリーグ〈マザー〉)、グローブ(真下商事〈デンツ〉)、時計(LVMHウォッチ・ジュエリー ジャパン ゼニス)、靴(リエート〈サントーニ〉)、バッグ(J&M デヴィッドソン青山店) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious2月号』小学館、2019年

フェアアイル柄のざっくりニットに突破―カーディガンをはおり、ブラックデニムを合わせた切れ味のあるパンツスタイル。指回りを細めに仕上げたデンツの手袋やエンジニアブーツ、コロンとしたバッグなどでスタイリッシュな雰囲気を加味して。

【10】グレーセーター×黒ムートンコート

コート(エストネーション〈ファーリング バイ ガンニ〉)、ニット・パンツ(ウールン商会〈ペセリコ〉)、ニット帽(マックスマーラ ジャパン〈ウィークエンド マックスマーラ〉)、バッグ・靴(トッズ・ジャパン)、その他/スタイリスト私物 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious1月号』小学館、2019年
コート(エストネーション〈ファーリング バイ ガンニ〉)、ニット・パンツ(ウールン商会〈ペセリコ〉)、ニット帽(マックスマーラ ジャパン〈ウィークエンド マックスマーラ〉)、バッグ・靴(トッズ・ジャパン)、その他/スタイリスト私物 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious1月号』小学館、2019年

飛行機で移動する際、くつろぐことを想定、リブタートル×ジョグパンツのリラックスしたニットスタイル。グレーでIラインをつくり、ボリュームのあるムートンコートを軽快に着こなしたい。ネイビーのムートンコートは、カジュアルななかにも、とびきり贅沢なリラックス感を運んでくれるから、飛行機に乗る前からバカンス気分も高まります。

秋のセーターコーデの関連記事