髪が長くなるとうねりやすく、手に負えなくなるほど広がりがち。そんな髪を扱いやすく天然パーマのような巻き髪に見せるテクニックがあるとか。

suiのヘアメイク、深瀬介志さんは「巻いたときにウエーブが出やすいようにレイヤーをしっかり入れておくこと。あとはカールアイロンで巻いた後、必ずブラシでとかしてウエーブをなじませると、自然な巻き髪に見えます」とアドバイス。

その巻き髪テクニックをご紹介しましょう。

【お悩み】広がってまとまらない髪を落ち着かせたい!

ロング代表:福井明子さん(40歳/自営業)のお悩みを解消するには…

■髪型:前髪は長めに残し、全体にレイヤーをしっかり入れる

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

福井さんのHAIR CHART

  1. やわらかさ(柔→硬)★★
  2. ボリューム(少→多)★★★
  3. 髪の太さ (細→太)★★★
  4. うるおい (乾→潤)★
  5. 白髪の量 (少→多)★★★

髪が細くボリュームが出にくい福井さんの髪質。「レイヤーをしっかり入れて、カールアイロンで縦巻きにすることで、全体的なボリューム感が出せます。前髪を長めに残しておくと、生え際の白髪を自然にカバーできます」(深瀬さん)

■スタイリング:前髪は根元を立たせ、サイドは縦巻きにしてふんわりカールをつくる

「うねって広がる髪は、ツヤが出にくくなります。スタイリングの仕上げに重めのクリームをなじませると、クセを抑えるのと同時に、自然なツヤ感もプラスできます」(深瀬さん)

スタイリング前
スタイリング前

■1:前髪はブラシで根元を立ち上げるように内巻きにブロー

ロールブラシで内巻きにし、根元にドライヤーをあてる
ロールブラシで内巻きにし、根元にドライヤーをあてる

■2:カールアイロンに毛束の中間から毛先を縦巻きに巻き付ける

カールアイロンで内巻きにしたら、その隣の毛束は外巻きと、交互に繰り返す。
カールアイロンで内巻きにしたら、その隣の毛束は外巻きと、交互に繰り返す。

■3:巻き終わったら巻いた髪を軽くほぐすようにブラッシング

巻いた髪をほぐすようにブラシでとかす
巻いた髪をほぐすようにブラシでとかす。

■4:重めのクリームを毛先になじませてツヤ感をプラス

パサついて広がりやすい毛先を中心にクリームをなじませる。
パサついて広がりやすい毛先を中心にクリームをなじませる。

<老け見えをくい止めるポイント3か条>

  1. ■ペタッとしやすい前髪は根元を立ち上げるようにブロー
  2. ■ランダムに縦巻きにしたら、必ずブラシでほぐすようにとかす
  3. ■重めのクリームを毛先になじませて広がりを抑えてツヤもプラス

「クセの強い髪もこのランダム巻きは効果的。アイロンでクセを強制的に巻き込んでしまえば、思った通りのウエーブになります。また、彼女は生え際に白髪が多いのでハイライトを入れています。年に2~3回のペースでハイライトを入れるだけで、重たい髪色にならず、立体的な髪色になるんですよ」(深瀬さん)

sui ヘアメイク 深瀬介志さん。海外をふらっと1人で旅するのが趣味。「今年はトルコに行ってきました。異国の文化に触れると刺激になります」
sui ヘアメイク 深瀬介志さん。海外をふらっと1人で旅するのが趣味。「今年はトルコに行ってきました。異国の文化に触れると刺激になります」

問い合わせ先

sui
住所/東京都渋谷区神宮前4-1-20神宮前フォレストビル3F
TEL:03-6455-5802
営業時間:月・水12:00~21:00、木10:00~19:00、金13:00~22:00、土10:00~20:00、日10:00~19:00
定休日:火曜

エレガントながらモダンでくつろげる空間。気持ちのいい雰囲気の中、個性を引き出してくれる。
この記事の執筆者
美しいものこそ贅沢。新しい時代のラグジュアリー・ファッションマガジン『Precious』の編集部アカウントです。雑誌制作の過程で見つけた美しいもの、楽しいことをご紹介します。
PHOTO :
古谷利幸〈F-REXon〉
WRITING :
中島祐美
DIRECTION :
青木 笑