スタイリングに時間をかけずにサッサと終わらせたいけれど、なかなかスタイルが決まらないと時間がかかってしまうもの。

そんなお悩みに、DIFINO aoyamaの店長、山口祐亮さんは「トップを中心にパーマをかけてボリュームが出やすくしておくと、スタイリングがとってもラクになります。はち周りが膨らみやすい人もパーマをかけるだけで、ほしい部分にだけボリュームが出せます」とアドバイス。

【お悩み】時間が経つとペタッとするトップのふんわり感をキープしたい

ボブ代表:山口さやかさん(41歳/会社員)のお悩みを解消するには…

■髪型:トップのパーマでボリュームを出し、毛先のワンカールで動きを出す

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

山口さんのHAIR CHART

  1. やわらかさ(柔→硬)★★
  2. ボリューム(少→多)★★
  3. 髪の太さ (細→太)★★
  4. うるおい (乾→潤)★★★
  5. 白髪の量 (少→多)★★★★

全体的に柔らかく髪が細いため、ボリュームが出にくい山口さんの髪。「トップにパーマをかけておくと立ち上がりがつくりやすくなるんですよ。毛先をワンカールするようにかけると、膨らみやすいはち周りが抑えられます。ハチ周りが抑えられる分、トップの立ち上がりが際立つのでボリューム感が表現しやすくなります」(山口さん)

■スタイリング:根元を立たせるように乾かし、襟足は抑えてメリハリをつくる

朝のスタイリングでは、根元を立たせるように乾かすのがポイント。「どなたにも生えグセがあるので、まず毛穴の方向をニュートラルに戻すように、地肌を擦りながらドライヤーで乾かしてください。これを最初にやっておけば、立ち上がりは簡単につくれます」(山口さん)

スタイリング前
スタイリング前

■1:指の腹で地肌を擦るようにドライヤーで乾かす

指の腹で色々な方向に地肌を擦って乾かすのがポイント。
指の腹で色々な方向に地肌を擦って乾かすのがポイント。

■2:手ぐしで髪を下からかき上げて根元を立たせる

髪の内側から手を入れ、上にとかし上げるように手を動かす。
髪の内側から手を入れ、上にとかし上げるように手を動かす。

■3:サイドの髪は耳にかけてコンパクトにまとめる

片側の髪だけ耳にかけ、タイトに仕上げる。
片側の髪だけ耳にかけ、タイトに仕上げる。

<老け見えをくい止めるポイント3か条>

  1. トップを根元から立ち上げて老け見え印象を避ける
  2. トップにパーマをかけてはち周りのボリュームを抑える
  3. 襟足を引き締めてスタイルにメリハリをつくる

「トップにボリュームがほしい、という方は分け目をセンターにしないで、左右どちらかに寄った方がいい。片側が盛り上がるので、その分ボリューム感が出せます。パーマをかけたくない方も、スタイリングするときは、ハチ周りをつぶすように気をつけるだけで、トップにボリュームが出たように見えますよ」(山口さん)

DIFINO aoyama店長・山口祐亮さん。絵を描くのが趣味。「気が向いたときにキャンバスに向かってます。作品をプレゼントするとすごく喜ばれるんですよ」
DIFINO aoyama店長・山口祐亮さん。絵を描くのが趣味。「気が向いたときにキャンバスに向かってます。作品をプレゼントするとすごく喜ばれるんですよ」

問い合わせ先

DIFINO aoyama
住所/東京都港区南青山5-4-41 グラッセリア青山2階
TEL:03-5468-3361
営業時間:月・水10:00~20:00 木11:00~21:00 金12:00~22:00 土10:00~19:00 日・祝日10:00~18:00
定休日:火曜・第3水曜

自然光が心地いい、ニューヨークのSOHOをイメージしたスタイリッシュな空間。
この記事の執筆者
美しいものこそ贅沢。新しい時代のラグジュアリー・ファッションマガジン『Precious』の編集部アカウントです。雑誌制作の過程で見つけた美しいもの、楽しいことをご紹介します。
PHOTO :
古谷利幸〈F-REXon〉
WRITING :
中島祐美
DIRECTION :
青木 笑