男のおしゃれとは、流行のアイテムを次々に買い換えることではない。手持ちのウエアを、いかにして当世風のスタイルで着こなせるか。それがポイントだ。何シーズンも同じコーデで着続けると、いわゆる、田舎のおじさん風になってしまう、そんなトラッドなアウターも、コーデ次第で六本木や銀座を肩で風切るスタイルに変貌させられるのだ。

英国の乗馬用ブランケットを起源とする「ラベンハム」のキルティングジャケット。この定番アウターを着こなすうえでのテーマは、カントリー色を和らげて、いかにスタイリッシュに着こなせるか。ふたりのスタイリストに着こなしポイントを交えながら紹介してもらった。

モダンクラシックの天才、スタイリスト武内雅英さんが提案。
ネイビーの持つスタイリッシュなイメージを最大限に活用

まずはトラッドスタイルの巧者・武内雅英さん。カントリーテイストのキルティングジャケットを洒脱なカラーコーデでブラッシュアップ。モードの香り漂う都会的な着こなしへと昇華させた。

ジャケット¥34,000(ブリティッシュメイド 青山本店〈ラベンハム〉) スーツ¥124,000(ストラスブルゴ〈ラルディーニ〉) カットソー¥15,000〈チルコロ 1901〉・マフラー¥23,000〈ドレイクス〉/以上ビームスF 新宿 ベルト¥39,000(J&M デヴィッドソン 青山店) ソックス¥3,000(クリップ クロップ〈オーラリー〉) 靴¥65,000(パラブーツ青山店) 時計¥5,990,000(パテック フィリップ ジャパン・インフォメーションセンター)

「キルティングジャケットをカントリーっぽくなく、スタイリッシュに見せるにはワントーンのカラーコーデが一番。なかでもメンズファッションの王道カラー、ネイビーなら最高です」。インナーにはタートルネックのカットソーを選んでモードなエッセンスをプラス。そんな都会的なイメージの着こなしのなかに、ノルディック柄のマフラーやモカシンのローファーでトラッドなスパイスをきかせるのが武内流コーデだ。

シンプル&ベーシックの女王、スタイリスト髙橋リタさんが提案。
イタリア男の黄金配色を駆使したスマートスタイリング

次は女性ならではの視点を期待して依頼した紅一点・髙橋リタさん。同じく色使いがポイントだが、髙橋さんはネイビー、グレー、茶というイタリア男の黄金配色を駆使。さらにフランネルのパンツやスカーフを使うことで、洗練と上質さ、こなれ感をあわせ持つ着こなしに。

ジャケットは上と同じ ニット¥31,000〈ジョン スメドレー〉・カットソー¥6,000〈ブリッラ ペル イル グスト〉・パンツ¥29,000〈ジェルマーノ〉・ベルト¥22,000〈オルチアーニ〉・靴¥59,000〈ジョセフ チーニー〉/以上ビームスF 新宿 スカーフ¥32,000(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉)

実は髙橋さん自身もこのジャケットの愛用者。「昔、イタリア出張のときに現地の男性が格好よく着こなしているのを見てすぐに購入。今回のスタイリングもミラノのファッショニスタをイメージしました」。ネイビーのキルティングジャケットにグレーのニットとパンツ、そしてブラウンのサイドゴアブーツとイタリアントラッドの手本というべき色使いが洗練とこなれ感を演出する。また、フランネルのパンツやスエードの革小物といったエレガントさを添えるアイテム使いにも注目。シンプル&ベーシックを信条とする凄腕スタイリストの真骨頂がうかがえるスタイリングだ。

カントリースタイルのキルティングジャケットも視点を変え、色使いを工夫することで、スタイリッシュなコーデに変わる。ここで紹介した色使いを参考に、手持ちのカントリースタイルのアイテムを、洒脱に着こなしてみては?

※価格はすべて税抜です。※価格は2016年秋号掲載時の情報です。

この記事の執筆者
TEXT :
MEN'S Precious編集部 
BY :
MEN’S Precious2016年秋号 英国「名品」アウター着こなしバトルより
名品の魅力を伝える「モノ語りマガジン」を手がける編集者集団です。メンズ・ラグジュアリーのモノ・コト・知識情報、服装のHow toや選ぶべきクルマ、味わうべき美食などの情報を提供します。
Faceboook へのリンク
Twitter へのリンク
クレジット :
撮影/渡辺修身 スタイリスト/河又雅俊 文/押条良太