焼きたての食パンのおいしさは、その食卓の主役ともいえるほど、人々をとりこにする味わい。

そんな食パンのおいしさを極める高級食パンは、専門店が相次いで全国各地に登場するなど、長らくブームが続いています。

そして11月7日(木)、東京・千駄木に新たに高級食パン専門店がオープンします。その名も、「真打ち登場」。落語で大トリを務める落語家を「待ってました!」と待ち焦がれるように、まさに高級食パン界の大トリとなるべく登場したベーカリーです。

風力発電事業を運営する会社・枠裕が、新たに高級食パンに特化した会社・楓を設立。全国で数々の高級食パン専門店をヒットに導いている、ベーカリープロデューサーの岸本拓也氏にプロデュースを依頼し、立ち上げた新規事業がこの「真打ち登場」です。

パン_1,ショップ_1,東京_1
ベーカリープロデューサーの岸本拓也氏(写真右)

1日200~300本の販売を目標とし、さらに2年以内に10店舗の出店を目指す、という意気込み。都内主要駅のアクセスが良い千駄木駅から徒歩2分、大きな通りに面した立地で、ファミリー層をメインに幅広い客層を見込んでいます。

千駄木は、根津、谷中と並んで歴史情緒がありながら、庶民性の高い町。プロデュースを担当する岸本氏は、「日常の中にささやかな幸せを提供する」という、岸本氏のプロデュースしてきた高級食パン専門店のコンセプトにマッチする土地柄だと話します。

古き良き下町風情の残る文京区千駄木にこのたびオープンする「真打ち登場」、果たしてどんな高級食パン専門店なのでしょうか?

高級食パン専門店「真打ち登場」とは?

パン_2,ショップ_2,東京_2
「真打ち登場」の粋なロゴ

お店のロゴはまさに落語家の「真打ち」をイメージしたイラスト。落語家という伝統ある職業でありながらサングラスとハット姿という現代風のおしゃれを取り入れた姿も、古風な街並みの中にも新しさのある千駄木という町を意識したもの。

よく見ると、着物の胸元には猫の足あとが。こちらも「猫の町」千駄木になぞらえた遊び心なんです。

パン_3,ショップ_3,東京_3
「真打ち登場」の食パンはほどけるような口どけが特徴

そして食パンは、こだわりの素材で最高になめらかな食感を楽しめる逸品です。

きめ細やかなしっとりした生地の要である小麦粉は、独自の製法でつくられています。そして驚くほどの舌触りのなめらかさは、添加物を一切使用していないフレッシュな生クリームなど、水分を多く入れることによって実現しています。

パンに芳醇な香りとミルキーな味わいを与えるバターは、国産のものを使用。

また味わいのアクセントとなるのが、ローズソルト。3億年以上前の海水が、自然の恵みによってアンデスの地で育まれてできあがった、鉄分やカルシウムを多く含むピンク色の岩塩です。ふつうの塩よりもツーンとした塩で、パンの甘みを引き出してくれます。

食パンは2種類、それぞれ2斤での販売

パン_4,ショップ_4,東京_4
「真打ち登場」の2種類の食パン

■1:舞い上がるほどのおいしさ!「翔舞(しょうま)」/プレーン

パン_5,ショップ_5,東京_5
「翔舞」(プレーン)2斤¥800(税抜)

プレーンの食パンは「翔舞(しょうま)」。「食べた瞬間、舞い上がってしまうほどにおいしい」ということで命名されたこの食パンは、きめ細やかでしっとりした生地と、程よい甘さがやみつきになります。

焼きたてをちぎると、フワッとバターの香りが鼻に抜け、真っ白くフワフワの生地がお目見え。ケーキのような甘みがありながら、食感はしっとりともちもちで、おもちのようでもあります。耳はうすく、香ばしさがあって、やわらかく溶けるような舌触りの中の部分とはまた違ったおいしさ。

冷めてから食べても、このしっとりとした食感が持続しているので、焼きたてでなくてももちろん、楽しめますよ。

■2:マスカットの華やかな輝き「華蓮(かれん)」/レーズン

パン_6,ショップ_6,東京_6
「華蓮」(レーズン)2斤¥980(税抜)

もうひとつの食パンはレーズンが入った「華蓮(かれん)」。甘酸っぱいサンマスカットレーズンは、優しい甘みのある生地と相性が良く、最高のペアリング。ジューシーな味わいが、シンプルな食パンに華やかさを与えてくれます。

食パンを割ると、たっぷりと練り込まれたサンマスカットレーズンが宝石のように輝き、つい見とれてしまうかも?

パン_7,ショップ_7,東京_7
店内の様子。パンの生地を手作業で軽量し、丸めていく

当日~翌々日以降、それぞれの美味しい食べ方は?

パン_8,ショップ_8,東京_8
店内には、久世福商店のパンのお供などの商品も並ぶ。悪魔的なおいしさが加速しそう……!

お店が推奨しているおいしい食べ方は、購入当日~翌日はもちろん生食で。「のどごしが良い」とも表現されるほどのなめらかな食感を、ぜひ味わってみてください。

翌々日以降は、パンナイフで少し厚め(25~30㎜)にスライスして1枚ずつラップで包み、冷凍保存用の袋に入れて空気を抜いて冷凍。食べる際にオーブントースターで表面が少し小麦色になるまで焼いてください。

耳がとてもうすいので、トーストすることでクロワッサンのようなパリッとした食感が生まれ、生食とはまた違ったおいしさを楽しめますよ。


厳選された素材で、独自製法によりつくられた食パンは、シンプルながら忘れられない、まさに食卓の「真打ち」ともいうべき極上の味わい。

オープン初日の7日とその翌日には、先着100名にパンナイフのプレゼントもあります。ぜひ、「真打ち登場」の主役級のおいしさを、その舌で確かめてみて!

問い合わせ先

  • 真打ち登場 
  • 営業時間/10:00~19:00 ※プレオープンは11月6日(水)、売り切れ次第終了
  • 定休日/不定休
  • TEL:03-5834-2692
  • 住所:東京都文京区千駄木2‐21‐6

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
WRITING :
小林麻美