スコットランドのキースに蒸留所を構える「シーバスリーガル」と、富山市に蔵を構える「満寿泉」とのコラボレーションによって誕生した純米大吟醸酒『リンク 8888』。この2つの異なるカテゴリーがコラボするきっかけを作ったのが、2017年1月、日本の食文化やものづくりを精力的に世界へ発信されている中田英寿氏がシーバスリーガル主催のビジネスアワードを受賞したことに始まる。中田氏を介して桝田酒造店の五代目社長、桝田隆一郎氏と出会いから誕生したのが『リンク 8888』だ。

「シーバスリーガル」の樽で熟成させた特別な日本酒『リンク 8888』

参考小売価格:¥5,500(税別)容量:720ml アルコール度数:17度 12月2日(月)発売

スコットランドのキースに蒸留所を置くシーバスリーガル。桝田酒造店が蔵を構える「満寿泉」は富山。そのふたつの場所の距離は8888Km。遠く離れたそれぞれの土地で作られる、カテゴリーの異なるウイスキーと日本酒のコラボレーションによって生まれたことから、「リンク 8888」という名前がつけられた。

シーバスリーガルと満寿泉の両ブランドが模索したどり着いた答えが、「シーバスリーガル」の原酒の熟成に12年以上使用したアメリカンオーク樽をスコットランドより日本へ送り、その樽で「満寿泉」を熟成、数種類の異なる「シーバスリーガル」の樽、異なる酵母を使った精米歩合35%の純米大吟醸を中心とした原酒をブレンドすることだった。シーバスリーガルのDNAである“アート・オブ・ブレンディング(ブレンディングの芸術)を日本酒造りに取り入れた形だ。

単なる名前だけのコラボとはちがいこれは両国の文化を理解し、信頼できるからこそできる賜物。唯一無二の日本酒『リンク 8888』を是非とも味わっていただきたい。数量限定につき急ぎ予約をされたし!

問い合わせ先

この記事の執筆者
名品の魅力を伝える「モノ語りマガジン」を手がける編集者集団です。メンズ・ラグジュアリーのモノ・コト・知識情報、服装のHow toや選ぶべきクルマ、味わうべき美食などの情報を提供します。
Faceboook へのリンク
Twitter へのリンク
TAGS: