今年の秋は、例年よりぐんと暖かいようですね。
朝晩は冷え込んでも、
日中は20℃程度まで気温が上がることもあり、
着るものに迷ってしまう日がありました。

ニット_1,ジャケット_1,デニム_1,スニーカー_1,バッグ_1,時計_1
ニットの下には白Tシャツを着て、靴や小物の白とリンクさせました。ダウン/ヘルノ カシミアニット/無印良品 下に着た白Tシャツ/プチバトー 時計/シャネル バッグ/ストラネス 靴/Amb

そんなときに活躍してくれたのが、半袖のダウン。
ダウンの分量も少なめなので、春先、秋口の双方に
とても便利なアイテムです。
この日は雨が降っていたこともあり、
デニムとスニーカーのカジュアルなコーディネートに
このヘルノの半袖ダウンを合わせてみました。

実はこのダウン、リバーシブルでもあるんです。
片方はネイビー、もう片方はベージュで、
どちらもとてもコーディネートしやすいカラーリング。
そこでトップスを濃紺のカシミアニットにして、
半袖からのぞいても自然に見えるようにしてみました。

淡いベージュが、服の色を選ばないところも優秀。旅行のときにも便利です。折りたたみ傘/マッキントッシュフィロソフィー

もともと荷物が増えたり、重いのがとても苦手で、
小雨だったり、雨が途中でやみそうな日は、
大きな傘ではなく、折りたたみ傘でやりすごしています。

そんな私にとって欠かすことのできない傘が、
このマッキントッシュフィロソフィーの『バーブレラ』。
「バー(棒)のように細い傘」から名付けられた
細身の折りたたみ傘で、袋に収納したときの長さは
約22㎝ほどと、本当にコンパクト。
しかも重さが約90gしかないので、
バッグの中に入れても、ちっともストレスがありません。

さらに雨粒をよくはじいてくれるので、乾きも早く、
雨に降られた後でも、同素材の袋に収納すれば
すぐにバッグにしまっても大丈夫。
…と、とても愛用しているために、袋や本体をなくして、
現在、使っているベージュは実は3代目。
雨の日の憂鬱を救ってくれる名小物だと思っています。

(写真/エディターH&J 文/エディターJ)

【身長152㎝の着こなし】シリーズはこちら