夏が近づくと自然に手に取りたくなるのが、清涼感のあるホワイトのアイテムたち。着るだけでフレッシュな気持ちになれるのが「白」という色の最大の魅力ですよね。海外のストリートで見つけたハイセンスなマダムたちから着こなしテクニックを学ぶ本連載、シリーズ3回目では、ストレスフリーでスタイルアップが叶う、その「コツ」を紐解きます。

 

誰もが憧れる熟練マダムたちがいつでも美しいのは、見た瞬間に好印象を与える「バランスのよさ」にあります。計算されたテクニックを読み解き、品よく知的にディスタイルをブラッシュアップしましょう!

オールホワイトをセンスよく着る「美バランス」とは?

 

N.Y.のオシャレマダムといってまず思い浮かぶのは、高級百貨店、バーグドルフ・グッドマンの女帝ともいえるリンダ・ファーゴではないでしょうか。鮮烈のホワイトワンピースにシャツを一枚はおっただけの、実はとてもシンプルなコーディネートなのですが、腰位置でシャツを結ぶなど独自の視点でアレンジを加えることで、こなれ感が醸し出されていますよね。彼女のパーソナリティを映し出すかのような、自由な着こなし術です。

 

比較的スカートスタイルのイメージが強いリンダですが、ホワイト一色のパンツスタイルを着るとこうなります! 腰回りのカバーもできる長め丈のジャケットと、フレアーパンツの合わせ技で、見事、美スタイルをキープしました。トレードマークの真っ赤なリップとペディキュアで、キャリア女性の威厳を保って。

 

シャツワンピースをオシャレに味つけするなら、この女性の着こなしを参考にすると楽です。首元に巻いた色鮮やかな赤のスカーフやジャストウエストでマークしたベルトなど、とにかく目線が上に行くよう計算しつくされた小物テクニックがお上手。シンプルなアイテムでスタイルアップするには、このような小物選びが鍵となります。自分のボディラインを美しくシェイプしてくれる、バランスのいいコーディネートです。

 

「色の魔術師」と言われるほど独創的な着なしを得意としている、ファッションディレクターのキャロライン・イッサ。 珍しくホワイト一色で登場した際のコーディネートが、こちら。一見シンプルなスタイリングに見えますが、実はアイテム選びで差をつけていることにお気づきでしょうか? 今回注目すべきは、それ一枚でも個性的に見えるシャープな襟元と大振りポケットが印象的なデザインシャツ、それにワイドパンツを合わせてトレンディに仕上げている、上級ともいえるテクニックです。さりげなくセンスのよさを感じさせるなら、ファッションショーのフロント・ローの常連者から学んで。

 

お仕事スタイルの参考にしたいのは、日本でもタイムリーに人気を博している、とろみ素材のシャツとパンツで叶える大人コーデ。カッチリした印象に見えがちなシャツも、とろみ素材を選ぶことで、女性らしいやわらかさや優しさを表現することができます。ベルトやアクセサリーなど、合わせる小物はゴールドやシルバーでまとめることで、大人の品格をまとって。

 

女性らしい立ち姿に好感度が上がるエレガントなスカートスタイルは、透け感のある軽やかな素材選びで夏風を感じて。スカートはジャスト膝丈を選べばディ&ナイトに対応。T.P.O.に合わせて選びたいジュエリー&ウォッチは小ぶりを選んで控えめに、靴&バッグで遊ぶと、いいバランスに仕上げることができます。

 

ファッション好き、おしゃれ好きなら、デザインで魅せるシャツワンピースにホワイトパンプスを合わせた、なんとも潔いスタイルが参考になるかも。上質なセリーヌのバッグがあれば、それだけで洗練スタイルの完成です。ミニマルにまとめるときこそ、アイテム選びは慎重に。

 

ON⇔OFF問わず参考にしたいのは、サイズ選びで美シルエットが叶う、シックなホワイトスタイル。大きすぎず小さすぎない、そのベストなサイズ感を見極めれば、時短できるオシャレコーデにランクイン。スニーカーを合わせればOFFスタイルに、パンプスを合わせれば、レセプションなど晴れの場にも最適です。今すぐ取り入れたいお手本スタイリングとして、マークしておきましょう。

 

リゾートのムード漂うドレススタイルに、スニーカーを合わせてカジュアルダウンした着こなし。ONなドレスをデイリーに落とし込む絶妙なこなれテクニックは、夏のタウンユースで活躍してくれそうです。特に今年はトレンド的に、キメ過ぎず、ラフなムードでこなれ感をまとうコーデ術がフル活用できます。

 

会食やホームパーティーなど、さまざまなシーンで重宝するデザインドレスは、シワになりにくい素材を選ぶと、ビジネストリップなど、忙しく働くキャリアウーマンの旅シーンにも活用できます。機能性も兼ね備えた着映えるドレスで、遠出した際のディナーも気分を上げて望みましょう。

 

オシャレマダムたちから洗練の着こなし術を学ぶ連載企画、シリーズ3回目では「オールホワイト」のスタイルをこなれて魅せるテクニックをご紹介しました。

共通するポイントとしては
 

  1. ウエストマークを上目にもってくる
  2. 全身のバランスがIライン、またはXラインになるように
  3. バッグにディテールのあるものを
  4. シルバー系、茶系のブレスレットや靴を合わせる

これらを取り入れると、ALL白コーデがうまくいくようです。

いつでも安定して美しい熟練マダムたちのようにスタイルアップの「コツ」をつかんで、毎日の着こなしをもっと素敵にグレードアップしましょう。

【連載バックナンバー:ミラノマダム、ニューヨークマダムの着こなし研究】

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
Kinta Kimura
EDIT&WRITING :
石原あや乃