ここ最近海外セレブのSNAPでよく見かけられるITバッグが、ボッテガ・ヴェネタの「The Pouch」(ザ・ポーチ)です。

やや大きめで丸みを帯びた立体的なフォルムが女性らしく、最高品質のレザーのやわらかさが際立っています。
日本での価格は¥290,000で、現在展開中です。

トレンドに敏感なセレブたちは、早くもスタイリッシュに持ちこなしていたので、ぜひ参考にしましょう。

今っぽいこなれたニュアンスが漂う「ザ・ポーチ」が主役のモードベーシック4選

■1:ソフィア・リッチーは…ラフなカジュアルがバッグの存在感でリッチに引き締まる

バッグ_1
サングラス、バッグと靴を黒でまとめて、シャープさを高めています。小物使いでグッと大人っぽい印象に。

ベテラン歌手ライオネル・リッチーの愛娘、ソフィア・リッチーがサンタバーバラでSNAPされたときの着こなしです。

ベージュのキャップとスエットにダメージデニムで、このままだとラフすぎてしまう印象も。

でも小脇に抱えたザ・ポーチと足元のスリッパが黒で、かつリッチ感のあるものだから、切れよくスタイリッシュに決まっています。

立体感ある優雅なフォルムと上質なレザーということも、カジュアルをクラスアップしてくれるポイントに。

■2:ロージー・ハンティントン=ホワイトリーは…白のバッグが着こなしに軽快かつ優しいムードを加味

バッグ_2
ジャケットと色を合わせたミュールでも、全身に統一感をアピールできて洗練ムードに。

モデルのロージー・ハンティントン=ホワイトリーの最近のSNAPでは、ボッテガ・ヴェネタのバッグをいくつも愛用する姿が目立っています。

ベージュのジャケットに、ピンクのインナーとグレーのパンツというニュアンスカラーでまとめた辛口のエレガンスに、白のザ・ポーチが抜け感になって、コーディネートを新鮮に明るく見せています。

さらに丸みのあるフォルムが、かっちりしたジャケットの装いを優しく仕上げるのに効果的です。

■3:サルマ・ハエックは…オール黒の着こなしに女性らしく華やかさが際立って

バッグ_3
よく見ると、隣を歩く娘も同じ色味のイントレチャートのバッグを斜めがけに。リッチなアクセントに。

女優のサルマ・ハエックがミラノのファッションウィークで、オール黒の着こなしに白小物をコーディネートしていました。

フィット感のあるタートルニットに、鱗のような表情のあるレザースカートを合わせて、シンプルモードな装いに。

印象的なゴールドのネックレスだけでなく、白のザ・ポーチとパンプスが服の黒とのメリハリになって、軽やかな映えをもたらし、華やぎにつながっています。

オール黒なので、ヘアをアップにしてコンパクトにしたのも大正解です。

■4:リリー・オルドリッジは…オールインワンが品よくヘルシーにクラスアップ

バッグ_4
オールインワンをショートブーツにインすれば、Iライン効果が発揮されより脚長に見えるので見逃せません。

リリー・オルドリッジは、アメリカのファッション一家に生まれた、エキゾチックな魅力が人気のモデル。

N.Y.で見かけられたこの日は、カモフラージュカラーのオールインワンに、キャメルのザ・ポーチを持っていました。

オールインワンになじみながらも、パッと目を引くアクセントになっています。

しなやかなカーフレザーの風合いと縫い目がなくふんわりと包み込むようなデザインは、見事な風格をアピール。

洗練された印象をもたらす存在感十分です。


カジュアルな装いのときは、品格を感じさせてリッチにグレードアップ、エレガントな装いにはフェミニンなモダンさを演出してくれるザ・ポーチ。

どんな着こなしも確実におしゃれの洗練度がアップするので、ぜひセレブのスタイリングをお手本にしてみてください。

※掲載された商品は税抜です。

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
AFLO
EDIT&WRITING :
佐野有紀