ひとつの島を丸ごとリゾートにした「1島1リゾート」スタイルのモルディブ。ゼロからリゾートを築き上げることができるため、島ごとに世界観がきっちりと確立されているのが特徴です。今や100あまりを数えるリゾート島がある中で、豪華さにかけては群を抜いているのが、ヌーヌ環礁に位置するシュヴァル・ブラン・ランデリ(Cheval Blanc Randheli)でしょう。

ルイ・ヴィトンなどが傘下に入るラグジュアリー業界のコングロマリット、LVMHグループが手掛ける、世界で2軒目のリゾートとなるこちら。日ごろ、贅沢を知り尽くした富裕層を相手にしているせいか、すべてが規格外のゴージャスぶりです。

送迎から始まる贅沢な時間

リゾートのテーマカラーにカスタムメイドされた水上飛行機

まず国際空港からの送迎は、テーマカラーのトープ色×イエローの専用水上飛行機。特注のレザーアームのシートはわずか9席です。空路約45分で到着するリゾートは、6つの島々からなります。

シュヴァル・ブランのロゴは馬。けれど、モルディブの宗教上、動物を銅像にできず、デフォルメしたデザインに

45棟のヴィラの建築デザインを担当したのは、ワン&オンリー・リーティラやアマンリゾーツでもおなじみのジャン・ミシェル・ギャシー。天井は高さが7メートルもあり、リビング・ベッドルーム・バスルームが仕切りを開ければひと続きになります。名付けて「ロフティ・カセドラル・スタイル」。たしかに三角形の天井は聖堂のよう。

天井が高く、リビング・ベッド・バスルームが一続きになったデザイン

各戸には長さ12.5メートルのプライベートプールや、アウトドアリビング、ドレッシングルーム兼ウォークインクローゼットなどがしつらえてあり、テレビやエアコンなどの操作はiPadでタッチをするだけ。もちろん24時間バトラーサービス付きです。

「ガーデンウォーターヴィラ」は、ビーチと水上コテージのいいとこ取りをした造り

施設のラインナップも目を見張るものばかり。シグネチャーダイニングの「ル・1947」には時代を超越した名作ワイン、リゾート名の由来にもなった「シュヴァル・ブラン1947」をセラーに貯蔵。島にいることを忘れさせる、9コースからなるフレンチがいただけます。

ゲストの憩いの場となっているメインプール脇の「ホワイト・バー」

ドーニ(伝統的な船)でラグーンを渡る独立した島に展開するスパでは、ゲランがこのリゾートのためにトリートメントメニューをカスタマイズ。使用するプロダクツも最高級のものを使います。併設するハマム棟は常に1組のゲストために、貸切で使用されます。

ヌーヌ環礁に位置。海の色がまぶしく、目を閉じても残像が残るほどのブルー!

リゾートのあちこちに飾られているアートピースも目を楽しませてくれます。そしてアート作品やオリジナルグッズを購入できるコンセプト・ストアも、世界で25本しかないウブドのウォッチやイタリアン・インデペンデントのオリジナルのサングラスなど、地球屈指のラグジュアリーなアイテムの宝庫です。

伝説のワイン「シュヴァル・ブラン1947」がセラーに眠るメインダイニング

そして細部までこだわりが感じられるのが、ルームアメニティー。テーマカラーのエスパドリーユや、オリジナルプリントの大振りのトートバッグ、メモパッドや水着を入れるためのビニールポーチ、日焼け止めのリップクリームまで、ずらり。そして帰国時にふと、目にしたのが、スーツケースに付けられたランデリ島の形をした、リゾートのテーマカラーのイエローのネームタグ。一瞬で心掴まれました。

リゾート建設スタート時はヤシの木が1本しかなかったそう。1500本を植樹して、今ではみごとな緑を形成
伝統的な船に乗り、スパの島へ。ここにはトリートメントルーム、ハマム、レオノール・グレユのヘアスパなどが
ハマム、冷水タブ、プール、チェンジングルームの入った棟を1組で貸切に
ヘルシーなメニューがいただける、スパ・バー。サンセットの穴場スポットでもあります

問い合わせ先

【関連記事:これまでの「世界のラグジュアリー・リゾート」連載はこちら】

この記事の執筆者
ダイビング雑誌の編集者を経てフリーに。海外旅行専門誌でもビーチを担当。月に1~2回、海外を中心に国内外のビーチリゾートへ通うこと、かれこれ四半世紀以上になる。女性誌の旅記事、ライフスタイル誌の連載、ウェブの連載ほか、共著に『奇跡のリゾート 星のや竹富島』など。世界のビーチガイド「World Beach Guide(http://www.world-beach-guide.com ) 」主催 好きなもの:海でボーッとすること、ボディボード、ダイビング、ビーチパーティー、Jazztronik、H Zettrio、渋谷Room
公式サイト:古関千恵子ホームぺージ
Twitter へのリンク
Instagram へのリンク