毎日、何気なく髪を乾かしていませんか?ルーティンなので、どうしてもおざなりになりがちですよね。

40代以降は、「パサつき」「広がり」「うねり」といった悩みだけでなく、エイジングによる「ボリュームの低下」「細毛」「薄毛」といった髪悩みも出てきます。

ですが、ドライヤーのかけ方をほんの少し工夫するだけで、ぐんと若々しい美髪になれるとしたら、やらない手はありません!

髪の印象が見た目年齢を大きく左右する40代以降。「老け見え」「お疲れ感」をださないために気を付けるポイントは髪の「艶」「まとまり」「ボリューム感」にある、と話すのは、40代、50代の髪悩みを抱える女性たちから厚い信頼を得ているMAGNOLiA Aoyama店デザイナーのCHINATSUさん。

「髪の艶と光沢は肌の透明感をアップさせてくれる欠かせない存在。根元のボリュームも顔やフェイスラインのリフトアップ効果を高めてくれます。みずみずしくまとまった毛先は、それだけで若々しさを後押しします」(CHINATSUさん)

そこで今回は、知っているようで意外と知らない!美髪になれる「ドライヤーのかけ方」をCHINATSUさんに教わります。

お風呂上がりに、朝起きたら、オンラインミーティングの前にも!

おうち時間に余裕がある今こそ、美髪を意識しながらチャレンジして見てください。

40代が目指すべきは、老け見えしない「艶」「まとまり」「ボリューム感」のある若々しい印象

毎日のドライヤーのかけ方で見た目の印象は変わる。
毎日のドライヤーのかけ方で見た目の印象は変わる。

そもそも、ドライヤーのかけ方で見た目の印象は大きく変わるのでしょうか?

「根元の乾きが甘いまま毛先をメインに乾かすとオーバードライになり、髪を傷めるだけでなく、広がり、乾燥など、老け見えの原因になってしまいます。理想的なのは、ドライヤーをかけた後、『髪の水分が十分に保たれて艶がある状態』。そのためには、根元→中間→毛先の順に乾かして、全体的に均一な水分量を保つことが大切です」(CHINATSUさん)

キューティクルの流れを逆立てるような乾かし方もN Gなのだそう。

「キューティクルが整わない状態では、光が乱反射して見えたりパサついた印象になってしまいます。キューティクルの流れに沿って、ドライヤーを上から下に向けて乾かすのがコツ。艶やかで光沢のあるヘアスタイルに仕上がります」(CHINATSUさん)

美髪に仕上げるための基本のプロセスがこちら!

〈まずはタオルドライ〉

「地肌→根元→中間→毛先の順に水分を取る。地肌と根元はこするように、中間から毛先にかけてはギュッギュッとタオルで髪を握るように水分を取ると、キューティクルを傷つけることなくタオルドライできます」(CHINATSUさん)

〈タオルドライ後にアウトバスをつける〉

「ファーストタッチは毛先。毛先につけたら、徐々に中間まで伸ばします。目の荒いコームでとかしたり、指で髪を挟んでゆっくり下に伸ばしていくと、キューティクルが整いトリートメントの浸透が深まります。トリートメントの種類によっては、根元まで伸ばすとボリュームダウンの原因となってしまうので注意して。基本、根元は生えて間もない部分なのでケアの必要はありません」(CHINATSUさん)

〈ドライヤー〉

1:髪の根元を立ち上げる

頭を下に傾けながら、根元を立たせるように乾かす。ドライのプロセスで一番重要。
頭を下に傾けながら、根元を立たせるように乾かす。ドライのプロセスで一番重要。

2:髪の中間を乾かす

髪の内側、外側から温風をまんべんなく当てる。
髪の内側、外側から温風をまんべんなく当てる。

3:毛先をまとめる

手で毛先の毛束を指に巻きつけるように乾かすとまとまりが出る。
手で毛先の毛束を指に巻きつけるように乾かすとまとまりが出る。

4:冷風でキューティククルを引き締める

全体を温風で乾かしたら、30秒ほど冷風を当てる。するとキューティクルがしっかりと整う。
全体を温風で乾かしたら、30秒ほど冷風を当てる。するとキューティクルがしっかりと整う。

▼アウトバスを選ぶときは…

・細毛、猫っ毛、直毛など、ボリュームが出ない髪質の場合

軽い質感のオイルを選ぶと◎。CHINATSUさんのおすすめは、「eLGON 7オイルズ ブーケ」。しっかりと保湿できるだけでなく、ハリコシも出る最強アイテムなのだとか。

・癖やうねり、広がりがある乾燥タイプの髪質の場合

トリートメントムースやミルクなど水分量を多く含んだトリートメントがお勧め。ドライヤーで乾かす前につけると、広がりやパサつきを最小限に抑えてくれる。

あなたの悩みは?【髪悩み別】ドライヤーのかけ方Q &A

基本のプロセスを実践するだけでも、印象はかなり変わりますが、基本プラスアルファでマスターしたいのが髪の悩みに合わせたドライの方法。「前髪が割れる」「毛先がハネる」「頭頂部がペタッとする」「白髪を隠したい」、このような悩みの解決策をQ &AでCHINATSUさんに教えていただきます。

■Q.前髪が割れやすい時はどうすればいい?

A.左右から髪を集めて生え癖を矯正する!

「分け癖がある部分に、左右から髪を集めるように乾かすと生え癖を矯正することができます。髪全体を乾かす時は、まず前髪から乾かすことも重要。乾いてくると自然と分かれてしまうので、十分に濡れている状態で乾かしてください。朝起きた時に生え癖がついている場合は、水スプレーで根元を濡らしてから乾かしましょう」(CHINATSUさん)

■Q.毛先がハネない方法は?

A.根元を立ち上げるように乾かすことで解決できる!

「毛先はハネる原因は、根元が潰れてしまっているから。根元を立たせるように、頭を下げながら乾かしてみてください」(CHINATSUさん)

■Q.分け目がペタッとするときは?

A.根元にドライヤーの風を当てる

「モヒカンゾーン(頭の中央)の毛束を根本から立たせることが大切。頭を下に傾けながら、根元にドライヤーの風をしっかりと当ててみて」(CHINATSUさん)

■Q.分け目や生え際の白髪を目立たせたくない場合は?

A.白髪の少ない部分に分け目をつくる!

「いつもと違う分け目にするだけでも白髪の目立ちを隠すことができます。あとは、顔まわりの毛を残して、それ以外を耳にかけるものおすすめです」(CHINATSUさん)

一番のポイントは、根元→中間→毛先の順番をきちんと守って乾かすこと。いつもよりも丁寧にドライするだけで年齢の出やすい髪が、美しく、若々しい印象へと激変します。「髪の水分が十分に保たれて艶がある状態」に仕上げることを意識しながら、おうちでチャレンジしてみてください。

CHINATSUさん
MAGNOLiA Aoyamaデザイナー
(ちなつ)髪悩みを抱える40代、50代の女性たちと真摯に向き合い、個々の骨格、髪質、雰囲気に合わせたヘアデザインを提供してくれる。とくに悩みをカバーするパーマ技術、スタイリング術は定評があり、大人世代から厚い支持を得ています。

お問い合わせ先

MAGNOLiA Aoyama
住所/東京都港区南青山4‐24‐8 アットホームスクエアBF
TEL:03-5774-0170
営業時間:月・水・木 9:30~21:00 金12:30~21:30 土 9:30~19:30/日・祝 9:30~18:30
定休日 火曜・不定休あり

丁寧なカウンセリングで複雑に絡み合う40代の髪悩みを解決。業界トップレベルのパーマ技術は試す価値大。
丁寧なカウンセリングで複雑に絡み合う40代の髪悩みを解決。業界トップレベルのパーマ技術は試す価値大。
この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
EDIT&WRITING :
青木 笑