5月のおしゃれを楽しむためのお手本ファッション・コーディネートをまとめた記事です。雑誌『Precious』より、この季節のおしゃれを洗練させるファッションコーデを厳選しました。旬のワンピースやスカート、パンツを大人らしく取り入れたコーデが満載です。

【目次】

レディース5月ファッションコーデ【ワンピーススタイル】


【1】ライトグレーワンピース×ストール

ワンピース・ジェームス パース別注のファリエル サルティのストール(ジェームス パース 青山店〈JAMES PERSE〉)、ピアス(片耳)・イヤーカフ(片耳)・ネックレス(TOMORROWLAND〈Hirotaka〉) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious5月号』小学館、2020年
ワンピース・ジェームス パース別注のファリエル サルティのストール(ジェームス パース 青山店〈JAMES PERSE〉)、ピアス(片耳)・イヤーカフ(片耳)・ネックレス(TOMORROWLAND〈Hirotaka〉) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious5月号』小学館、2020年

さらりと一枚で着て絵になる、ジェームス パースのヘルシーなワンピースと、ファリエル サルティのストールを合わせたリラックス・スタイル。腕をすっきりと見せる、深めのカッティングが健康的な美しさを印象づけるロングワンピースは、なめらかなスエードタッチ。優しい風合いと控えめなAラインのシルエットが、さりげなく女らしさを印象づけます。

【2】ブラウン柄ワンピース×黒ブルゾン

ワンピース・ブーツ・レザーブルゾン・ベルト・ピアス・ネックレス・バッグ『トリオンフ』※すべて予定価格(セリーヌ ジャパン〈セリーヌ バイ エディ・スリマン〉) 撮影/石倉和夫 BY:『Precious5月号』小学館、2020年
ワンピース・ブーツ・レザーブルゾン・ベルト・ピアス・ネックレス・バッグ『トリオンフ』※すべて予定価格(セリーヌ ジャパン〈セリーヌ バイ エディ・スリマン〉) 撮影/石倉和夫 BY:『Precious5月号』小学館、2020年

クラシカルなワンピースを、レザーブルゾンやロングブーツを合わせ、甘さ控えめに迫力UP! 軽やかで優雅なワンピースと辛口のロングブーツの対比が、現代的な女性らしさを表現。一見すると意外だけれど、しなやかな女らしさと、いきいきと知的な遊び心が香り立つスタイリングです。

【3】ブラウン柄ワンピース×グレージャケット

ジャケット・シルクのワンピース・スエードのバッグ『ケイト 99』・靴(サンローラン〈サンローランバイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious5月号』小学館、2020年
ジャケット・シルクのワンピース・スエードのバッグ『ケイト 99』・靴(サンローラン〈サンローランバイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious5月号』小学館、2020年

ワンピースにジャケットを肩がけした知的で女らしい装いに似合うのは、横長のコンパクトなバッグ。タッセルが揺れてチェーンの煌きが女っぷりを上げるデザインで、小脇に収まる短めストラップも粋。取り外せばクラッチにも。

【4】マルチカラーワンピース×黒フラットパンプス

トッズのワンピース・バッグ・マメ クロゴウチ フォー トッズの靴(トッズ・ジャパン) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious5月号』小学館、2020年
トッズのワンピース・バッグ・マメ クロゴウチ フォー トッズの靴(トッズ・ジャパン) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious5月号』小学館、2020年

フラットシューズなら、ビジネスミーティングからウィークエンドまで、上品に、自分らしく、自然体でいられる。プリーツスカートが優美なワンピースに、フラット靴を合わせた心地よいエレガンス・コーディネート。

【5】黒柄ワンピース×フラットパンプス

ドレス・ポーチ・ベルト・靴・バングル・ブレスレット(シャネル) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious5月号』小学館、2020年
ドレス・ポーチ・ベルト・靴・バングル・ブレスレット(シャネル) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious5月号』小学館、2020年

フルレングスのデイドレスを、シャネルのエレガントなフラットシューズで軽快に。

【6】黒柄ワンピース×白カーディガン

ワンピース(ADORE)、ベルト(wb)、カーディガン(MOGA)、ウノアエレシルバーコレクションのピアス・ワンエーアールバイウノアエレのブレスレット(ウノアエレ ジャパン)、バッグ(モワナ伊勢丹新宿ブティック)、靴(クリスチャンルブタン ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious5月号』小学館、2020年
ワンピース(ADORE)、ベルト(wb)、カーディガン(MOGA)、ウノアエレシルバーコレクションのピアス・ワンエーアールバイウノアエレのブレスレット(ウノアエレ ジャパン)、バッグ(モワナ伊勢丹新宿ブティック)、靴(クリスチャンルブタン ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious5月号』小学館、2020年

プリントワンピースにインパクトベルトを合わせて、スタイルアップを実現したコーディネート。ロングワンピースとロングカーディガンの迫力レイヤード。幅広の黒ベルトで引き締めて、大人のオフィスシーンにふさわしい、リラックスしたかっこよさを演出します。ワンピースから足元へ目線を誘う、黒のインパクトヒールサンダルで、すっきり感を加速!

【7】ブラウン柄ワンピース×白ジャケット

ノースリーブワンピース(トヨダトレーディング プレスルーム〈アスペジ〉)、ベルト(エストネーション〈レフィエ〉)、ジャケット(ebure)、ピアス(エスケーパーズオンライン〈ソフィーブハイ〉)、バングル(ウノアエレジャパン〈ワンエーアールバイウノアエレ〉)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious5月号』小学館、2020年
ノースリーブワンピース(トヨダトレーディング プレスルーム〈アスペジ〉)、ベルト(エストネーション〈レフィエ〉)、ジャケット(ebure)、ピアス(エスケーパーズオンライン〈ソフィーブハイ〉)、バングル(ウノアエレジャパン〈ワンエーアールバイウノアエレ〉)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious5月号』小学館、2020年

プリントワンピースにループベルトを合わせて、スタイルアップを実現したコーディネート。格が必要なシーンに最適なジャケット+ワンピースに、しなやかに揺れるループベルトをプラス。端正だけれど堅苦しく見えないバランスが格上のセンスを物語って。ダークシルバーのハンドバッグで、繊細配色の着こなしにクールなラグジュアリー感を加えて。

【8】白柄ワンピース×ベージュヒール

ワンピース(ウールン商会〈ペセリコ〉)、ベルト(ヒューゴ ボス ジャパン〈ボス〉)、サングラス(アイヴァン 7285 トウキョウ)、ピアス(エスケーパーズオンライン〈クレッシオーニ〉)、ブレスレット(ウノアエレ ジャパン〈ワンエーアールバイウノアエレ〉)、ストール(チェルキ〈カングラ〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious5月号』小学館、2020年
ワンピース(ウールン商会〈ペセリコ〉)、ベルト(ヒューゴ ボス ジャパン〈ボス〉)、サングラス(アイヴァン 7285 トウキョウ)、ピアス(エスケーパーズオンライン〈クレッシオーニ〉)、ブレスレット(ウノアエレ ジャパン〈ワンエーアールバイウノアエレ〉)、ストール(チェルキ〈カングラ〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious5月号』小学館、2020年

プリントワンピースに細ベルトを合わせて、スタイルアップを実現したコーディネート。細ベルトは、淡色のプリントワンピースに抜け感を授ける明るい色に注目。ブラウジングしたときにナチュラルな印象に。洋服に埋没しないベージュの細ベルトが、ブラウジング効果を高めるポイントに。ワンピースやベルトより一段濃いベージュのバッグで、繊細な印象を損なわず、引き締めて。

【9】黒ドット柄ワンピース×黒ジャケット

ワンピース(showroom SESSION〈マリハ〉)、ジャケット(MOGA)、ピアス・リング(ダミアーニ 銀座タワー)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン〈ロジェ ヴィヴィエ〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious5月号』小学館、2020年
ワンピース(showroom SESSION〈マリハ〉)、ジャケット(MOGA)、ピアス・リング(ダミアーニ 銀座タワー)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン〈ロジェ ヴィヴィエ〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious5月号』小学館、2020年

オフィスの定番・モノトーンの装いを、変わりドット柄のノースリーブワンピースでノーブルに演出。ジャケットと小物で優雅なきちんと感を意識すれば、日中から会食、華やかな場まで幅広く対応できる。ワンピースは、高めのウエスト位置で切り替えたフィット&フレアで、女らしくスタイルアップを実現。ノーカラージャケットやクラシカルなバッグと靴で、端正かつレディライクな味付けを。

【10】柄ワンピース×ブラウンサンダル

ワンピース・バッグ(イザ〈ヌメロ ヴェントゥーノ〉)、リング(モーブッサン ジャパン)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious5月号』小学館、2020年
ワンピース・バッグ(イザ〈ヌメロ ヴェントゥーノ〉)、リング(モーブッサン ジャパン)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious5月号』小学館、2020年

オフィスで着るモード柄ワンピースは、小物で上品さやこなれ感を印象づけて。黒のショルダーバッグとブラウンのサンダルは、洋服になじみつつ縦ラインを強調。遠目にも自然にスタイルアップします。迫力のあるパイソン柄とリンクする、シック色の小物ですっきりとした統一感を意識して。

【11】白柄ワンピース×キャメルベルト

ワンピース(エミリオ・プッチ ジャパン)、ベルト(アマン〈アトリエ アンボワーズ〉)、ピアス・リング(イレアナ・マクリ伊勢丹新宿店)、バングル(ウノアエレ ジャパン〈ワンエーアールバイウノアエレ〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious5月号』小学館、2020年
ワンピース(エミリオ・プッチ ジャパン)、ベルト(アマン〈アトリエ アンボワーズ〉)、ピアス・リング(イレアナ・マクリ伊勢丹新宿店)、バングル(ウノアエレ ジャパン〈ワンエーアールバイウノアエレ〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious5月号』小学館、2020年

多色使いの美柄ストライプのシルクシャツワンピースを、柄とリンクするキャメルのベルトとバッグで引き締めて。たおやかなきちんと感が信頼感を呼び込む決め手。シルクの比翼仕立てシャツワンピースは、きれい色×アート柄の縦ラインが、知的な華やぎを醸し出します。

【12】柄ワンピース×カーキヒール

ワンピース(サザビーリーグ〈エキップモン〉)、ピアス・リング(TASAKI〈TASAKI〉)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious5月号』小学館、2020年
ワンピース(サザビーリーグ〈エキップモン〉)、ピアス・リング(TASAKI〈TASAKI〉)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious5月号』小学館、2020年

ロングシャツ風デザインのバンドカラー・シャツワンピースに白小物をぴりりと効かせて、クール&シンプルな佇たたずまいに。陰影豊かな幾何学柄ワンピースになじむ、ダークカーキの靴ですっきり着こなして。さらに白のバッグやジュエリーで、オフィスで好感度の高い澄んだ気品をトッピング。

【13】カーキワンピース×ブラウンサンダル

ワンピース・バッグ・靴(ラルフ ローレン〈ラルフ ローレン コレクション〉)、ピアス・ブレスレット・リング(ダミアーニ 銀座タワー) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious5月号』小学館、2020年
ワンピース・バッグ・靴(ラルフ ローレン〈ラルフ ローレン コレクション〉)、ピアス・ブレスレット・リング(ダミアーニ 銀座タワー) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious5月号』小学館、2020年

かっこよくて女らしいトレンチ風ワンピースは、ビジネスシーンでも活躍。トラッドなメンズウエアを女性向けに新解釈してつくられたワンピースは、トレンチコートが着想源。茶系小物を合わせて、芯の強い女性らしさを加味。

レディース5月ファッションコーデ【スカートスタイル】


【1】ネイビースカート×白トップス

トップス・スカート・バッグ・靴(プラダ) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious5月号』小学館、2020年
トップス・スカート・バッグ・靴(プラダ) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious5月号』小学館、2020年

クラシカルなシルエットの装いも、モードなフラット靴にチェンジすることで、みずみずしいフレッシュ感のあるスタイリングに。ボウタイトップス×マーメイドスカートの上品なシルエットの着こなしに、ブラックスエードとシルバーレザーをていねいな手作業で編んだフラットシューズを合わせれば、新鮮な装いに。

【2】黒スカート×白シャツ

シャツ・スカート・ベルト バッグ・靴・ピアス・リング・時計(グッチ ジャパン) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious5月号』小学館、2020年
シャツ・スカート・ベルト バッグ・靴・ピアス・リング・時計(グッチ ジャパン) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious5月号』小学館、2020年

ビジネスシーンにも通用するシャツとタイトスカートの装いに、フラットシューズを合わせる軽快なバランス感覚こそ、今の気分。フラット靴でこそ表現できる、小粋で知的なエレガンス・スタイルです。

【3】グレースカート×ブルーニット

カーディガン・ニット(ユナイテッドアローズ 青山 ウィメンズストア〈ロエフ〉)、スカート(ebure)、ベルト(フラッパーズ〈レフィエ〉)、イヤリング(ビームス ハウス 丸の内〈グリン〉)、バッグ(ピエール アルディ 東京)、靴(ジュゼッペ ザノッティ ジャパン) 撮影/小林美菜子 BY:『Precious5月号』小学館、2020年
カーディガン・ニット(ユナイテッドアローズ 青山 ウィメンズストア〈ロエフ〉)、スカート(ebure)、ベルト(フラッパーズ〈レフィエ〉)、イヤリング(ビームス ハウス 丸の内〈グリン〉)、バッグ(ピエール アルディ 東京)、靴(ジュゼッペ ザノッティ ジャパン) 撮影/小林美菜子 BY:『Precious5月号』小学館、2020年

ベルトで差し色をすることで、コーディネートにメリハリ効果を生むテクニックを活用したロングスカートスタイル。ビビッドカラーのベルトを仕上げに添えて、辛口なスカートスタイルを楽しみたい。

【4】ライトベージュスカート×ライトベージュブラウス

ブラウス(サザビーリーグ〈エキップモン〉)、スカート(ウィム ガゼット 青山店〈ウィム ガゼット〉)、ピアス・ネックレス(イレアナ・マクリ 伊勢丹新宿店)、リング(シハラ ラボ〈シハラ〉)、ベルト(ストラスブルゴ〈メゾンボワネ〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(ドゥロワー 六本木店〈ジャンヴィト・ロッシ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious5月号』小学館、2020年
ブラウス(サザビーリーグ〈エキップモン〉)、スカート(ウィム ガゼット 青山店〈ウィム ガゼット〉)、ピアス・ネックレス(イレアナ・マクリ 伊勢丹新宿店)、リング(シハラ ラボ〈シハラ〉)、ベルト(ストラスブルゴ〈メゾンボワネ〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(ドゥロワー 六本木店〈ジャンヴィト・ロッシ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious5月号』小学館、2020年

シックカラーを選んで装いに奥行きを与える「なじませテクニック」を活用したコーディネート。ワントーンの着こなしになじむようなグレージュベルトを中心に、ブラウスとプリーツスカートを同じトーンでそろえることで、脚長&上品に見せることができます。

【5】ブラウンスカート×カーキジャケット

ディオールのジャケット・スカート・バッグ・ディオールファイン ジュエリーのピアス・ブレスレット(クリスチャン ディオール) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious5月号』小学館、2020年
ディオールのジャケット・スカート・バッグ・ディオールファイン ジュエリーのピアス・ブレスレット(クリスチャン ディオール) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious5月号』小学館、2020年

メリハリのきいた構築的なシルエットが女性らしさを強調するディオールのジャケットに、リネン混シルクガーゼのプリーツスカートを合わせたスタイリング。上はカーキ、下はブラウンというグラデーション配色も、シャリ感のある艶素材なら涼やかな印象に。

【6】カーキスカート×白トップス

トップス・スカート・ストール・靴(ブルネロ クチネリ ジャパン)、ピアス・リング(TASAKI) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious5月号』小学館、2020年
トップス・スカート・ストール・靴(ブルネロ クチネリ ジャパン)、ピアス・リング(TASAKI) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious5月号』小学館、2020年

白のノースリーブトップスに、ロング丈のチュールスカート&スニーカーを合わせた、女らしいサマーカジュアル。ビターなカーキをチュールの量感スカートで、とびきりフェミニンに。カーキにさわやかさを加える白のタンクトップは、ドレープ性のあるシルククレープ素材を選んで、女性らしさを後押し。

【7】柄スカート×白シャツ

シャツ・スカート(キートン)、ピアス・ブレスレット(ステディ スタディ〈トムウッド〉)、バッグ(トッズ・ジャパン) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious5月号』小学館、2020年
シャツ・スカート(キートン)、ピアス・ブレスレット(ステディ スタディ〈トムウッド〉)、バッグ(トッズ・ジャパン) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious5月号』小学館、2020年

コーディネートの幅が広がるマルチなタイ付きの白シャツで、柄スカートに躍動感を。ネイビーが主体となった、引き締め色の幾何学柄スカートを合わせることで、体に優しく寄り添う、とろみのある質感の白シャツの軽やかさが、より引き立って。

【8】黒スカート×白シャツ

シャツ・スカート・バッグ(ジルサンダージャパン〈ジル サンダー〉)、ピアス・リング・バングル(TASAKI) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious5月号』小学館、2020年
シャツ・スカート・バッグ(ジルサンダージャパン〈ジル サンダー〉)、ピアス・リング・バングル(TASAKI) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious5月号』小学館、2020年

程よい緊張感をもたらすタイムレスな白シャツで、上品なスカートスタイルに。胸元に切り替えを施した、タキシード・フロントが印象的な白シャツは、ジル サンダーらしいクリーンな美意識が宿って。エジプトコットンを用いたポプリン生地で肌なじみのよさも格別。Aラインスカートや小さめのバケットバッグを合わせて、端正な美しさを堪能。

【9】黒スカート×黒ドット柄ブラウス

シルクのブラウス・スカート・ピアス・時計・バッグ『シシリー 62』(ドルチェ&ガッバーナ ジャパン) 撮影/CHITO(THE OCTOPUS) BY:『Precious5月号』小学館、2020年
シルクのブラウス・スカート・ピアス・時計・バッグ『シシリー 62』(ドルチェ&ガッバーナ ジャパン) 撮影/CHITO(THE OCTOPUS) BY:『Precious5月号』小学館、2020年

深めのV開きが女らしいクラシックなブラウスでクールな色香を漂わせた、モノトーンのスカートスタイル。主役は、黒地に大粒のドットがゆとりのある間隔で配されたクラシックなボウブラウス。胸元の開きが抜け感を生んで、優雅なドレープとともに、まとうだけで上品な女らしさがあふれます。定番人気の端正なレースのタイトスカートとも、水玉ブラウスは好相性。水玉の愛らしさとレースの研ぎ澄まされた美しさが、女らしさの幅広い魅力を表現してくれます。ワンハンドルバッグで端正に。

【10】レッドスカート×レッドブラウス

ドゥロワーのブラウス・スカート・ジャンヴィト ロッシの靴(ドゥロワー 六本木店)、ピアス(エストネーション〈ファリス〉)、ストール(RHC ロンハーマン〈スロー〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン) 撮影/黒沼 諭(aosora) BY:『Precious5月号』小学館、2020年
ドゥロワーのブラウス・スカート・ジャンヴィト ロッシの靴(ドゥロワー 六本木店)、ピアス(エストネーション〈ファリス〉)、ストール(RHC ロンハーマン〈スロー〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン) 撮影/黒沼 諭(aosora) BY:『Precious5月号』小学館、2020年

ブリックレッド(赤レンガ色)のブラウスとスカートのワントーン・コーディネート。ドレープが美しい陰影を落とす、コットンシルクのブラウスで、艶めきを演出。こっくりとした色味だからこそ、初夏に楽しむときには、PVCのヒール靴で足元を軽やかに仕上げて。

【11】白柄スカート×白ジャケット×白柄ブラウス

ブラウス・スカート(エストネーション〈ラ プレスティック オースティン〉)、ジャケット(エイトン 青山)、ピアス(アルテミス・ジョイエリ)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/黒沼 諭(aosora) BY:『Precious5月号』小学館、2020年
ブラウス・スカート(エストネーション〈ラ プレスティック オースティン〉)、ジャケット(エイトン 青山)、ピアス(アルテミス・ジョイエリ)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/黒沼 諭(aosora) BY:『Precious5月号』小学館、2020年

’70年代調のプリントで、縦ラインを強調したブラウス×スカートのセットアップ。ボウブラウスは、幸運への鍵をプリント柄にしたウィットが光る一枚。ボウタイ部分はドット柄があしらわれ、揺れるたびにリズミカルな印象をもたらしてくれます。セットアップで楽しめるスカートを合わせて、クラシックなムードを楽しみたい。

【12】グレージュスカート×グレージュブラウス

ブラウス・スカート(ボウルズ〈ハイク〉)、イヤーカフ(エストネーション〈ファリス〉)、ペンダント(エドストローム オフィス〈シャルロットシェネ〉)、バッグ(マルベリージャパン)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/黒沼 諭(aosora) BY:『Precious5月号』小学館、2020年
ブラウス・スカート(ボウルズ〈ハイク〉)、イヤーカフ(エストネーション〈ファリス〉)、ペンダント(エドストローム オフィス〈シャルロットシェネ〉)、バッグ(マルベリージャパン)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/黒沼 諭(aosora) BY:『Precious5月号』小学館、2020年

ブラウスをワントーンで着こなしたスカートスタイル。こちらは絶妙なグレージュのワントーン。たっぷりとした量感や、そで口のプリーツにモードが宿るブラウス。極細のプリーツが繊細な陰影を奏でる、同素材のスカートを合わせて、ワンランク上のセンスを香らせて。

【13】黒スカート×カーキカーディガン×カーキブラウス

ブラウス・スカート(マディソンブルー)、カーディガン(スローン)バングル(ホアキン・べラオ)、バッグ・チャーム(デルヴォー・ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious5月号』小学館、2020年
ブラウス・スカート(マディソンブルー)、カーディガン(スローン)バングル(ホアキン・べラオ)、バッグ・チャーム(デルヴォー・ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious5月号』小学館、2020年

深みあるカーキをまとえばコンサバに終わらず、かっこよくて品がある装いに。カーキのノースリーブブラウスなら、コクのある色味や、細めに設定されたボウタイでスマートな印象が楽しめます。コットンやシルクが混紡された肌触りのいい一枚は、シーズンレスで活躍。これに、キャリア服の定番ともいえる、黒のタイトスカートと合わせてキレ味よく。発光するほどに鮮やかなライムグリーンのバッグを仕上げに添えて、清々しい春の装いへ。

【14】ベージュスカート×ピンクブラウス

ブラウス・スカート・バッグ(ジバンシィ表参道店) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious5月号』小学館、2020年
ブラウス・スカート・バッグ(ジバンシィ表参道店) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious5月号』小学館、2020年

前身ごろに連なるくるみボタンから、ネックラインを覆うハイカラー、肩にギャザーの寄ったパフスリーブまで…クラシカルな美しさを印象づけるシルクブラウス。ノーブルなたおやかさが感じられる正統感のある淡いピンクのブラウスは、会食の席にも映える品格が漂います。大人の女性なら、ヘアスタイルをすっきりとさせ、凛と着こなしたい。

【15】ブラウンスカート×ブルーシャツ

シャツ(Vince 表参道店)、スカート(MOGA)、ネックレス(エスケーパーズオンライン〈クレッシオーニ〉)、バッグ(三喜商事〈ボルボネーゼ〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/小池紀行・新垣隆太(パイルドライバー) BY:『Precious5月号』小学館、2020年
シャツ(Vince 表参道店)、スカート(MOGA)、ネックレス(エスケーパーズオンライン〈クレッシオーニ〉)、バッグ(三喜商事〈ボルボネーゼ〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/小池紀行・新垣隆太(パイルドライバー) BY:『Precious5月号』小学館、2020年

初夏の定番、シャツ×ひざ下丈スカートの着こなしは、グリッターのフラットシューズを合わせ、クールな輝きであか抜けて見せたい。艶のある質感が清涼感をプラス。

レディース5月ファッションコーデ【パンツスタイル】


【1】ライトグレーパンツ×ライトグレーカーディガン×白Tシャツ

カーディガン・フレンチスリーブのTシャツ・中に着たタンクトップ・パンツ・靴(ジェームス パース 青山店〈JAMESPERSE〉)、JENNY BIRDのイヤリング・ PALAのブレスレット(TOMORROWLAND) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious5月号』小学館、2020年
カーディガン・フレンチスリーブのTシャツ・中に着たタンクトップ・パンツ・靴(ジェームス パース 青山店〈JAMESPERSE〉)、JENNY BIRDのイヤリング・ PALAのブレスレット(TOMORROWLAND) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious5月号』小学館、2020年

やわらかな風合いのカシミアロングカーディガン、ガーゼのように優しいハイゲージの白Tシャツ、伸縮性のあるコットンの裾リブパンツ…。素材感の異なる淡色を重ねると、シンプルがこんなにも表情豊かに。

【2】黒パンツ×ベージュプルオーバー

プルオーバー・パンツ・イヤリング・ブレスレット・バッグ『パニエ』・靴(サンローラン〈サンローランバイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious5月号』小学館、2020年
プルオーバー・パンツ・イヤリング・ブレスレット・バッグ『パニエ』・靴(サンローラン〈サンローランバイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious5月号』小学館、2020年

トップス×パンツというシンプルな装いが増えるこれからの季節、大きめのかごバッグで圧倒的な存在感を。黒ならエレガントに見えるうえ、ケルト風モノグラムバックルをあしらったベルト付きで華やぎも。

【3】ブルーデニムパンツ×白カーディガン×白シャツ

チェーン付きカーディガン・白シャツ・デニム・バッグ『カイア』・バングル(サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉)シ 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious5月号』小学館、2020年
チェーン付きカーディガン・白シャツ・デニム・バッグ『カイア』・バングル(サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉)シ 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious5月号』小学館、2020年

オフホワイトのカーディガン&白シャツ&デニムという清潔感あふれるカジュアルに、深みのあるミディアムブルーのミニショルダーバッグを合わせたスタイリング。パイソンに、

【4】グレーパンツ×ネイビージャケット

ジャケット・パンツ・バッグ『ベイビー・カサンドラ』・靴(サンローラン〈サンローランバイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious5月号』小学館、2020年
ジャケット・パンツ・バッグ『ベイビー・カサンドラ』・靴(サンローラン〈サンローランバイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious5月号』小学館、2020年

春らしいネイビージャケット×グレーの細身パンツに、白バッグ&白のハンサムシューズを合わせたスタイリング。肩がけして颯爽と映える、艶やかで上品なオフ白の型押しクロコのバッグは、端正な佇たたずまいながら、さりげなくヴィンテージ加工を施したモード感ゆえに、合わせる服を選ばないのもうれしい。

【5】ライトベージュパンツ×ライトベージュコート×ライトベージュブラウス

コート(ebure)、ブラウス・パンツ(イーストランド〈コー〉)、サングラス(マイキータ ジャパン)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/小池紀行・新垣隆太(パイルドライバー) BY:『Precious5月号』小学館、2020年
コート(ebure)、ブラウス・パンツ(イーストランド〈コー〉)、サングラス(マイキータ ジャパン)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/小池紀行・新垣隆太(パイルドライバー) BY:『Precious5月号』小学館、2020年

白い輝きを湛たたえたシルバーフラットシューズはベージュのワントーン・コーディネートと相性抜群。繊細なトーンを重ねたベージュの着こなしに合わせれば、自然になじみつつ冴えた印象をプラスできます。

【6】白パンツ×ライトベージュジャケット×白カットソー

ジャケット・カットソー・パンツ・ベルト・ピアス(コロネット〈フォルテフォルテ〉)、バングル(ドレスアンレーヴ〈THUYHUE〉)、バッグ(ジャンニ キアリーニ 銀座店)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/小林美菜子 BY:『Precious5月号』小学館、2020年
ジャケット・カットソー・パンツ・ベルト・ピアス(コロネット〈フォルテフォルテ〉)、バングル(ドレスアンレーヴ〈THUYHUE〉)、バッグ(ジャンニ キアリーニ 銀座店)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/小林美菜子 BY:『Precious5月号』小学館、2020年

シックカラーを選んで装いに奥行きを与える「なじませテクニック」を活用したコーディネート。コットンリネンのジャケットにラメが光るリボンベルトでリッチ感を添えて。ベルトの先端を垂らして、こなれ感のあるジャケットスタイルに。

【7】ライトブルーパンツ×ベージュジレ×白ニット

コート(マッキントッシュ青山店)、ニット(リーミルズ エージェンシー〈ジョンスメドレー〉) パンツ(グルッポタナカ〈リビアナ コンティ〉)、ピアス(H.P.FRANCE〈WOUTERS & HENDRIX〉)、リング(ウノアエレ ジャパン〈ワンエーアールバイウノアエレ〉)、ベルト(ストラスブルゴ〈メゾン ボワネ〉)、バッグ(クリスチャン ルブタン ジャパン)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious5月号』小学館、2020年
コート(マッキントッシュ青山店)、ニット(リーミルズ エージェンシー〈ジョンスメドレー〉) パンツ(グルッポタナカ〈リビアナ コンティ〉)、ピアス(H.P.FRANCE〈WOUTERS & HENDRIX〉)、リング(ウノアエレ ジャパン〈ワンエーアールバイウノアエレ〉)、ベルト(ストラスブルゴ〈メゾン ボワネ〉)、バッグ(クリスチャン ルブタン ジャパン)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious5月号』小学館、2020年

ベルトで差し色をすることで、コーディネートにメリハリ効果を生むテクニックを活用したパンツスタイル。水色の細ベルトを効かせて、トレンチジレ&ワイドパンツの装いを、春らしくフレッシュに。

【8】黒デニムパンツ×カーキジャケット

ジャケット・パンツ・ブレスレット・バッグ・靴(サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious5月号』小学館、2020年
ジャケット・パンツ・ブレスレット・バッグ・靴(サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious5月号』小学館、2020年

カーキのサファリジャケットと黒の細身パンツでつくる、クールなエレガンス・コーディネート。細身シルエットの端麗なサファリジャケットをモードに着こなす「サハリエンヌ(サファリジャケットを着た女性)」。このネーミングを考案したイヴ・サンローランがかつて生み出したスタイルのように、マスキュリンな一着をドレスアップした佇いには、奥行きのあるエレガンスが香り立ちます。スキニーなブラックデニムとヌーディなストリングサンダルを合わせて、ミニマルな美しさを引き立てて。

【9】グレージュデニムパンツ×白シャツ

シャツ(ドゥロワー 六本木店〈ブーリエンヌ〉)、パンツ(ゲストリスト〈アッパーハイツ〉)、ピアス・バングル(ヒロタカ 表参道ヒルズ〈Hirotaka〉)、バッグ(カオス新宿〈ザンケッティ〉)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious5月号』小学館、2020年
シャツ(ドゥロワー 六本木店〈ブーリエンヌ〉)、パンツ(ゲストリスト〈アッパーハイツ〉)、ピアス・バングル(ヒロタカ 表参道ヒルズ〈Hirotaka〉)、バッグ(カオス新宿〈ザンケッティ〉)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious5月号』小学館、2020年

ドレスライクな繊細なタックが施されたロングシャツに、ウォッシュデニムを合わせた大人のベーシック・スタイル。シャツに品格があるからこそ、ニュアンスのあるエタン(グレージュ)色のデニムや天然素材を用いたバッグで、こなれ感を意識的に加えて。気品漂う白シャツをさらりと日常で楽しむことで、大人のベーシックが磨かれます。

【10】テラコッタパンツ×白シャツ

バグッタのシャツ・ピーティー トリノのパンツ(トレメッツォ)、サングラス(ロンハーマン〈ロンハーマン〉)、ピアス・バングル(カオス新宿〈キャッツ〉)、ストール(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉)、時計(ヴァシュロン・コンスタンタン)、バッグ(HAUNT代官山/ゲストリスト〈ザンケッティ〉)、靴(ブルーベル・ジャパン〈フランチェスコ ルッソ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious5月号』小学館、2020年
バグッタのシャツ・ピーティー トリノのパンツ(トレメッツォ)、サングラス(ロンハーマン〈ロンハーマン〉)、ピアス・バングル(カオス新宿〈キャッツ〉)、ストール(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉)、時計(ヴァシュロン・コンスタンタン)、バッグ(HAUNT代官山/ゲストリスト〈ザンケッティ〉)、靴(ブルーベル・ジャパン〈フランチェスコ ルッソ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious5月号』小学館、2020年

心浮き立つ色のパンツや上品小物でまとめた、好感度の高い「バンドカラーのロングシャツ」を主役にしたコーディネート。ヒップが隠れるロング丈のシャツに合わせるボトムは、細身のシルエットが絶対条件。細身パンツで白シャツの清潔感を際立たせ、ヌーディ靴でほんのり女らしく抜け感のある着こなしを実現。グレージュレザーのトノウ形時計で、カフスからのぞく手元に品格を。

【11】ターコイズパンツ×白シャツ

シャツ(リシュモンジャパン アライア〈アライア〉)、パンツ(ドゥロワー 六本木店〈ドゥロワー〉)、ピアス・ブレスレット・リング(TASAK〈I M/G TASAKI〉)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈マーク クロス〉)、靴(ロンハーマン〈カンフォラ〉) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious5月号』小学館、2020年
シャツ(リシュモンジャパン アライア〈アライア〉)、パンツ(ドゥロワー 六本木店〈ドゥロワー〉)、ピアス・ブレスレット・リング(TASAK〈I M/G TASAKI〉)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈マーク クロス〉)、靴(ロンハーマン〈カンフォラ〉) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious5月号』小学館、2020年

ヨーロッパマダムのような上品カジュアルを、白シャツ&きれい色&軽快小物でかなえたスタイリング。Aラインシルエットのシャツは、そでやすそのボリューム感が程よい甘さをもたらして。フォルムの美しさで支持を集めるアライアだからこそのクチュール感も、オーラを放つ秘密に。まるで地中海の澄んだ色を彷彿とさせるターコイズ色のパンツが、白シャツの爽快なムードをさらに際立たせて。カゴバッグとヌーディ靴で、チャーミングに着こなしたい。

【12】ピンクパンツ×白シャツ

エス マックスマーラのシャツ・マックスマーラのパンツ(マックスマーラ ジャパン)、ブレスレット・リング(ダミアーニ 銀座タワー)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈マーク クロス〉)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious5月号』小学館、2020年
エス マックスマーラのシャツ・マックスマーラのパンツ(マックスマーラ ジャパン)、ブレスレット・リング(ダミアーニ 銀座タワー)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈マーク クロス〉)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious5月号』小学館、2020年

仕立てのいいプレーンな白シャツときれい色パンツで、甘辛MIXに仕上げたコーディネート。むだを削ぎ落としたシャツには、パステルカラーのパンツで甘さを加えるのがちょうどいい。淡いトーンがにごらないよう、バッグと靴はまろやかなベージュでそろえて。さらりとしたコットンの風合いが楽しめる白シャツは、週末カジュアルの主軸にも。バンドカラーによって、どこかユニフォームのような折り目正しい、品が漂うのも魅力です。

【13】黒パンツ×白シャツ

シャツ(ebure)、パンツ(サン・フレール〈エルマンノ シェルヴィーノ〉)、ブレスレット(フレッド)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(ドゥロワー 青山店〈マノロ ブラニク〉) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious5月号』小学館、2020年
シャツ(ebure)、パンツ(サン・フレール〈エルマンノ シェルヴィーノ〉)、ブレスレット(フレッド)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(ドゥロワー 青山店〈マノロ ブラニク〉) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious5月号』小学館、2020年

フォーマルな香りが漂う白のドレスシャツを、きれい色小物で愛らしく仕上げたスタイリング。春らしい鮮やかなピンクの小物が、すっきりとしたモノトーンの着こなしに幸福感をもたらします。

【14】黒ハーフパンツ×白シャツ

ヴァレンティノのシャツ・パンツ・ヴァレンティノ ガラヴァーニのバッグ・靴(ヴァレンティノ ジャパン)、ピアス・バングル(フレッド) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious5月号』小学館、2020年
ヴァレンティノのシャツ・パンツ・ヴァレンティノ ガラヴァーニのバッグ・靴(ヴァレンティノ ジャパン)、ピアス・バングル(フレッド) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious5月号』小学館、2020年

ふんわりと広がるそでが優美な白シャツには、ハーフパンツでキレ味を。そでを通すだけで、おしゃれ心を高揚させる一枚は、今までの白シャツがもつ概念を超えたドラマティックな表情が魅力。気品を備えながらも、ストレッチのきいたコットンなので、フォーマルになりすぎず、日常で楽しめるのもうれしい。軽快なムードをもたらす、ハーフパンツを合わせて、大人のシャツスタイルを華麗に更新。

【15】黒パンツ×黒ドット柄ブラウス

ブラウス・スカーフ・パンツ・バッグ『ケイト』・ピアス(サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/CHITO(THE OCTOPUS) BY:『Precious5月号』小学館、2020年
ブラウス・スカーフ・パンツ・バッグ『ケイト』・ピアス(サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/CHITO(THE OCTOPUS) BY:『Precious5月号』小学館、2020年

存在感のあるモードな水玉ブラウスを、タキシードパンツでドレスアップ。水玉にあえて星モチーフのボウを結ぶ、遊び心のあるアレンジが楽しい。側章付きのタキシードパンツに、ゴールドが煌くクラッチ風ショルダーバッグを合わせて小粋なドレスアップを。ブラウスは、手描きのようなやや不規則なあしらいのオフ白ドットが優しい表情。小さめのシャツ襟に、しなやかなシルククレープデシン素材が女らしさを感じさせて。

【16】カーキパンツ×グリーンブラウス

ブラウス・パンツ(ブラミンク)、ペンダント・バングル(ホアキン・ベラオ)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/黒沼 諭(aosora) BY:『Precious5月号』小学館、2020年
ブラウス・パンツ(ブラミンク)、ペンダント・バングル(ホアキン・ベラオ)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/黒沼 諭(aosora) BY:『Precious5月号』小学館、2020年

オリーブグリーンのブラウス×細身パンツのワントーンコーディネート。ゼブラ柄のバッグやボリュームのあるバングルで、キレ味よく仕上げると、オリーブグリーンの配色にメリハリが生まれます。辛口な色だからこそ、タックが施されたブラウスも、モダンな印象に。

【17】ネイビーパンツ×ネイビーブラウス

ブラウス・パンツ(コロネット〈ミラ・ショーン〉)、ピアス・ブレスレット(ステディ スタディ〈トムウッド〉)、ストール(チェルキ〈カングラ〉)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/黒沼 諭(aosora) BY:『Precious5月号』小学館、2020年
ブラウス・パンツ(コロネット〈ミラ・ショーン〉)、ピアス・ブレスレット(ステディ スタディ〈トムウッド〉)、ストール(チェルキ〈カングラ〉)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/黒沼 諭(aosora) BY:『Precious5月号』小学館、2020年

体を締め付けないテントラインのシルエットでありながら、比翼仕立てのシャツ襟で、キリッとした表情も期待できるネイビーのブラウス。細身の足首見せパンツを合わせてすっきりと。エメラルドグリーンのワンハンドルバッグが、ネイビーの着こなしを平坦に見せないポイントに。

【18】スモーキーブルーパンツ×スモーキーブルーカーディガン×スモーキーブルーブラウス

ブラウス(三喜商事〈ハイダー アッカーマン〉)、カーディガン・パンツ(Theory luxe)、ピアス・バングル(ステディ スタディ〈トムウッド〉)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/黒沼 諭(aosora) BY:『Precious5月号』小学館、2020年
ブラウス(三喜商事〈ハイダー アッカーマン〉)、カーディガン・パンツ(Theory luxe)、ピアス・バングル(ステディ スタディ〈トムウッド〉)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/黒沼 諭(aosora) BY:『Precious5月号』小学館、2020年

ブラウスをワントーンで着こなしたパンツスタイル。こちらはスモーキーブルーのワントーン。高貴な雰囲気を漂わせるブルーサテンのブラウスは、比翼仕立てなので、華美になりすぎず、すっきりと着こなせます。涼やかな印象のブルーは肌色に透明感をもたらす、うれしい効果も。このブラウスに、細身の足首見せパンツと寒色系と相性のいいシルバー小物をちりばめて、スタイリッシュに! 

【19】ブラウンパンツ×白ジャケット×ライトベージュブラウス

ブラウス(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉)、ジャケット(ウィム ガゼット 青山店〈ウィム ガゼット〉)、パンツ(Vince 表参道店)、ネックレス ,000(ミスイ 伊勢丹新宿)、バングル(エストネーション〈アンコモン マターズ〉)、ベルト(エリオポール代官山〈メゾン ボワネ〉)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈マーク クロス〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious5月号』小学館、2020年
ブラウス(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉)、ジャケット(ウィム ガゼット 青山店〈ウィム ガゼット〉)、パンツ(Vince 表参道店)、ネックレス ,000(ミスイ 伊勢丹新宿)、バングル(エストネーション〈アンコモン マターズ〉)、ベルト(エリオポール代官山〈メゾン ボワネ〉)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈マーク クロス〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious5月号』小学館、2020年

ブラウスとリネン混のジャケットの色味をアースカラーで統一して、ONスタイルに磨きを。オフホワイトに近い明るいベージュに深めのVネックが、洗練へと導きます。濃厚なブラウンのパンツで引き締めたら、鮮やかなイエローのヒール靴で春らしい演出を。

【20】ミントグリーンパンツ×ネイビーカーディガン×ネイビーブラウス

ブラウス(ストラスブルゴ)、カーディガン(スローン)、パンツ(ドゥロワー 六本木店〈ドゥロワー〉)、ピアス・リング(エドストローム オフィス〈シャルロット シェネ〉)、バングル(エストネーション〈ファリス〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(ジャンヴィト ロッシジャパン) 撮影/黒沼 諭(aosora) BY:『Precious5月号』小学館、2020年
ブラウス(ストラスブルゴ)、カーディガン(スローン)、パンツ(ドゥロワー 六本木店〈ドゥロワー〉)、ピアス・リング(エドストローム オフィス〈シャルロット シェネ〉)、バングル(エストネーション〈ファリス〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(ジャンヴィト ロッシジャパン) 撮影/黒沼 諭(aosora) BY:『Precious5月号』小学館、2020年

きちんと感と清潔感を備え、ボリュームのあるボウが視線を集めるネイビーのノースリーブブラウスは、シルクのしなやかさとコットンのハリ感が絶妙にブレンドされた一枚。フレッシュなミントグリーンのパンツを合わせれば、春らしい生き生きとした表情が生まれて。

【21】グレーパンツ×ライトベージュジャケット×ピンクベージュブラウス

ブラウス・ジャケット・パンツ・バッグ(ジョルジオ アルマーニジャパン〈ジョルジオ アルマーニ〉)ピアス・バングル・リング(TASAKI) 撮影/黒沼 諭(aosora) BY:『Precious5月号』小学館、2020年
ブラウス・ジャケット・パンツ・バッグ(ジョルジオ アルマーニジャパン〈ジョルジオ アルマーニ〉)ピアス・バングル・リング(TASAKI) 撮影/黒沼 諭(aosora) BY:『Precious5月号』小学館、2020年

華やかなノースリーブブラウスを主役にする日は、センタープレスのきいたチャコールグレーのパンツを合わせて、ハンサムなエッセンスを加えれば、オフィスにも映える知的スタイルが完成。首元からフロントにかけてのフリル使いや、たおやかなシルクのピンクベージュが、別格の気品をもたらします。

【22】ネイビーパンツ×ライトベージュブラウス

ブラウス・パンツ・バッグ・靴(クロエ) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious5月号』小学館、2020年
ブラウス・パンツ・バッグ・靴(クロエ) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious5月号』小学館、2020年

知的でシンプルなバンドカラーのブラウスを、艶やかなダークネイビーのパンツで引き締めて、たとえば仕事先でのパーティへ。小物はクリーミーなブラウスに合わせ、ニュアンスカラーで優しく。

【23】イエローストライプ柄パンツ×白シャツ

シャツ・パンツ・ベルト・リング・バングル・バッグ(クリスチャン ディオール〈ディオール〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious5月号』小学館、2020年
シャツ・パンツ・ベルト・リング・バングル・バッグ(クリスチャン ディオール〈ディオール〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious5月号』小学館、2020年

白シャツの清潔感とストライプのパンツで、マリンな雰囲気が漂う春のパンツスタイル。透け感のあるごく薄手のコットンシャツは、生き生きとした美しさが宿る清潔感が魅力。この一枚が特別に見える秘密は、すっきりとしたシルエット、丈感など細部まで今にアップデートされているから。