爽やかさはもちろん、涼しく快適に過ごせる白ワンピースは、真夏に着こなしたいアイテムの筆頭です。

こなれたコーディネートに仕上げていたセレブたちをお手本にして、夏スタイルをおしゃれにアップグレードさせましょう。

夏スタイルに欠かせないアイテムNo.1!「白ワンピース」スタイル4選

■1:アレッサンドラ・アンブロジオは…ポケット付き白シャツを×ベルトで切れよくサファリ風アレンジを加えて

ワンピース_1
合わせたサンダルはフラットなので、カジュアルさが際立ちます。ベルトと同じ色味なので、全身の統一感も出てまとまっています。

2020年6月12日にSNAPされたアレッサンドラ・アンブロジオの着こなしです。

4つのポケットが存在感十分なロングシャツを、ベルトでウエストマークしてスマートに着こなしていました。
胸元はすっきり見えるよう開けて、バックスタイルは長めになっていることで今っぽくこなれた印象がアップ。

コンチョ風モチーフの付いたベルトが、シャツをよりサファリ風テイストに仕上げています。

脚を出すのが気になる場合は、脚のラインにフィットするレギンスを合わせてもいいのではないでしょうか。 

ここ最近愛用しているレオパード柄のマスクが白の着こなしに映えて、かっこよさが際立つスタイリングに。

■2:エミリー・ラタコウスキーは…女性らしいタンクワンピースは白スニーカーで軽快に仕上げると今っぽい

ベルトの色とリンクさせたサングラスがコーディネートに立体感をプラス。リッチさも盛り上がります。
ベルトの色とリンクさせたサングラスがコーディネートに立体感をプラス。リッチさも盛り上がります。

N.Y.ソーホーの街中で歩いている、モデルのエミリー・ラタコウスキー。

クリーンかつヘルシーな白のタンクワンピースを着こなして、颯爽としたムードを漂わせています。

ワンピースだけだとさみしく平坦になりがちなので、べっ甲のチェーンベルトをプラスして大正解。

ややルーズめにつけているところも、こなれたカジュアル感が盛り上がります。

エレガントにまとめたい場合はミュールやサンダルですが、今っぽく着こなすなら白スニーカー。

この足元ひとつで、ボディラインにフィットしてときに女らしく見え過ぎてしまうタンクワンピースも、軽快さがあるスポーティーテイストにまとまります。

■3:ニーナ・ドブレフは…白×ブラウンのリッチ配色で理想とする上品フェミニンを表現

ワンピース_2
大ぶりのフープピアスで顔周りを華やかかつシャープに彩って。ヘアがダウンスタイルのときも目を引きます。

2020年3月5日、女優のニーナ・ドブレフは、白のシャツワンピースを爽やかに着こなしていました。

シンプルなデザインのシャツタイプのワンピースは、フロントにボタンが並んだデザインで、好きなところまでボタンを開けてスリットっぽく着こなせます。

彼女はロングブーツを合わせてひざ上をちらっと肌見せしていましたが、夏はウェッジサンダルでも切れよく仕上がりそうです。

白の着こなしに映えるゴールドのフープピアス、胸元のサングラス、ブラウンレザーのベルトと、シンプルなワンピースにリッチさを加える小物合わせは、まさにお手本にしたいもの。

■4:ケイティ・ホームズは…ゴールドのボタンがびっしり並んだワンピースでIラインの視覚効果を発揮

ワンピース_3
お団子ヘアにすると身長が高く見えて、スマート見えするだけでなく、すっきり涼感もアピール。

N.Y.で2020年6月12日にポップなプリントのマスクをして歩いていた女優、ケイティ・ホームズ。

この日の白ワンピースは、細かくあしらわれた小さな金ボタンが全身のアクセントになり、縦のラインを強調していました。

このボタンの並んだデザインはIラインを生み出す効果をもたらし、すらっと見えできます。

そではふわっとして気になる二の腕を隠し、ひじまでの丈のため、手首の細い部分が強調される優秀なデザイン。

アクセサリー感覚で持てる極小のかごバッグ、ペタンコのミュールという今季らしい小物使いも、ワンピースがかしこまった雰囲気にならず、目ざしたい上級カジュアルが実現できます。


4人のセレブが着こなす白ワンピースは、ベルトをプラスしてスタイルアップさせていたり、ワンピース自体のボタンのデザインですらっと見せを可能にしていました。

選ぶ白ワンピースも甘いデザインではなく、シンプルかつ辛口のデザインにシフトしているようです。

ぜひ参考にして、夏のお出かけに取り入れましょう。

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
AFLO
EDIT&WRITING :
佐野有紀