夏こそ、絵になるプリントワンピースを着こなしてみませんか?

プリントに抵抗のある方には、まずモノトーンで大人っぽく仕上がるものをおすすめします。

女性らしさと今どきのこなれたムードもアピールできるので、ぜひ取り入れてみては?

落ち着きのある色味で大人の着映えが実現!「モノトーンプリントワンピース」3選

■1:アレッサンドロ・アンブロジオは…白のストライプが縦のIライン効果で理想のスマート見えに

ワンピース_1
首元にさまざまなデザインのネックレスを重ねづけ。こなれたムードが高まってセンスのいい印象がアップ。

2020年7月4日にL.A.でSNAPされたばかりのモデル、アレッサンドロ・アンブロジオの着こなしです。

霜降り状のシャンブレー素材にシャープなストライプが施されたワンピースをカジュアルな雰囲気に仕上げていました。

プリントワンピースに抵抗があっても、こんなストライプ柄なら、シャツの延長で着られます。

しかもIラインの視覚効果によって、すっきりと細見えできるので、うれしい限り。

マスクにはバンダナ柄を、足元はヌーディーなペタンコサンダルで、こなれたナチュラルさを演出できています。

■2:ニッキー・ヒルトンは…海をイメージさせるプリントでヘルシーかつ爽やかなエレガンスを生み出して

ワンピース_2
ウェッジタイプのエスパドリーユで夏らしくコーディネート。リボンで足首の引き締まった部分を強調できて、スタイルアップして見えます。

ウエストハリウッドで颯爽と歩いているところを見かけられた元祖セレブのニッキー・ヒルトン。

夏らしさを感じさせるアンカー(碇)のプリントを黒ベースで取り入れていて、落ち着いた大人のエレガンスを楽しんでいました。

フラワープリントや水玉など、甘めなイメージが苦手な方は、こんな夏モチーフのプリントをセレクト。

色味もカラフルでなければ取り入れやすく、大人っぽいラグジュアリーさが光ります。

ちらっと肌見せのデザインを選べば、アクセサリーいらずの女子力の高さをアピール。

あえてアクセサリーをつけない引き算のテクニックも見逃せません。

■3:アナ・デ・アルマスは…定番のチェックもフェミニンなデザインのワンピースになるとおしゃれ度がアップ

ワンピース_3
斜めがけしたYSLのミニポシェットで、軽快なカジュアルさが高まります。

ベン・アフレックとの熱愛報道から注目が集まる、女優、アナ・デ・アルマスがベニスビーチで見かけられました。

胸元がシャーリングに、すそはフリルになったフェミニンなデザインですが、モノトーンなので甘すぎず大人っぽい雰囲気に。

ベーシックな襟付きのシャツでのチェックは当たり前のように取り入れていましたが、ワンピースになると新鮮味が引き出されます。

Gジャンを羽織ったことも、ミニポシェットの投入も、こなれたカジュアルさの決め手に。

ちなみに足元は、ペタンコの白サンダルで涼しげにまとめていました。


モノトーンのプリントワンピースを着こなしていたセレブたちはみんな、派手すぎず落ち着いたムードを漂わせながらも、しっかりと絵になる着映えを実現していました。

ぜひこれからワンピースを取り入れるときの参考になさってください。

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
AFLO
EDIT&WRITING :
佐野有紀