地区の再開発に新たな商業施設、日本初上陸…私たちを刺激し続ける東京の街は、常に変化を続けています。なかでも食は、世界中を旅しなくても、素晴らしい味を体験できる世界一の都市だと常々思っています。

また新たに私たちを魅了してくれるレストランが、東京・恵比寿にオープンしました。Longrain(ロングレイン)は、オーストラリア発のモダン・タイ・レストラン。タイ料理というとカジュアルなイメージを持っている人もいるかもしれませんが、こちらではタイ料理をスタイリッシュに磨き上げた現代的なスタイル。「Spicy(辛さ)」「Sweet(甘み)」「Sour(酸味)」「Salty(塩気)」の4つを効かせた料理を鮮やかな色彩と斬新なスタイルで創り上げたメニューで人気を集めています。1999年にシドニーにオープンしたのち、メルボルンにも出店。目も舌も刺激する料理で常に満席という人気ぶりだとか。

タイ料理のイメージを覆す「モダン」っぷりに驚き!

Longrain(ロングレイン)の夜の店内は大人向け

たとえば、サラダの上にクモの巣に見立てた卵をのせたヘルシーなサラダ「“エッグネット” ビーンズスプラウトサラダ」や、厚みのある葉の上に、エビなどの具材をのせ、ひと口でいただく「ミャンカム」など、お料理は全体的にヘルシーなラインナップ。ミャンカムは「ひと口でいろいろなものを食べる」という意味を表し、タイでは料理のスターターとして親しまれています。

“エッグネット” ビーンズスプラウトサラダ Full ¥2,300、Half ¥1,380
「ミャンカム」海老ピーナッツソース、「ミャンカム」フレッシュシトラスとココナッツ  各1ピース ¥400 ※具材は季節によって変わります
エビのグリーンカレー Full ¥3,200、Half ¥1,920

Longrainのオーナーで、ソムリエでもあるサム・クリスティは、実は一足先に銀座にオープンしているオーストラリア発のモダン・ギリシャ・レストラン「THE APOLLO」のオーナー。オーストラリアの「Longrain」をつくったきっかけは、10代後半にタイにバックパック旅行をしたことから。

「チリの辛さやパンチの効いた香りがとても印象深く、この体験がタイ料理店を始めたきっかけとも言えます。僕たちの料理は、みなさんに新しい体験として喜んで受け入れてもらえると思います」

Longrainオーナーのサム・クリスティ

予約するならばぜひ窓際の席のキープがおすすめ。恵比寿ガーデンプレイスタワー39階からの光景は周囲に遮るものがなく、東京の広い空に浮かんでいるような気分で食事を楽しめます。

窓際の席からは、遠くに東京タワー、さらにその奥にはスカイツリーまで見ることができます

問い合わせ先

  • Longrain TEL:03-5425-1300
  • 営業時間/月~金 11:30~16:00 (15:00LO)、17:30~23:00(22:30LO)/土日、祝 11:30~23:00(22:30LO)
  • 定休日/施設に準ずる
    席数/約160席
  • 住所/東京都渋谷区 恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー39階

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
WRITING :
北本祐子
EDIT :
安念美和子