今回講師として招かれた、スタイリストの犬走比佐乃さん

企業の中で責任ある立場にあるキャリア女性に向けた本格的なジャケットを展開、女医や弁護士、大企業の役員から広い支持を集めているポール・スチュアートが、「ビジネスシーンで役立つ着こなしテクニック」を提案するイベントを8月30日に開催。参加した約40名の女性エグゼクティブに向けて、人気スタイリストの犬走比佐乃さんが「ワンパターンにならない着こなしテクニック」をていねいに解説しました。

犬走比佐乃さん
スタイリスト
文化女子大学短期大学部被服専攻科を卒業後、SUNデザイン研究所に入社。主にファッションショーのスタイリストとして高田賢三、イヴ・サンローラン、クリスチャン・ディオールなどのコレクション制作に携わる。フリーランスのスタイリストとして独立し、現在では女性誌『Precious』を中心に、多くの女優やCM、ドラマや舞台など、幅広い分野で活躍する。

犬走流、T.P.O.を意識したジャケットの着こなし方とは?

女性キャリアに求められるジャケットスタイルは、自身が美しく見えるだけでなく、取引先との会食や社内会議での発表、外回りなど、シチュエーションや人間関係に合わせたスタイリングをすることができるかどうか?が問われます。今回のセミナーでは、場の雰囲気に応じて機敏に、簡単にアレンジできる「リアルに使える」テクニックを、ジャケットマスターである犬走さんが伝授しました。

■1:大切なビジネスシーンでは女性らしい「きちんと感」を意識

機能美に優れた「内ポケット」がビジネスシーンで役立つ「ファーストジャケット」のアレンジ方法を実演

まずは、商談やプレゼンテーションなど、きちんと感が必要なシチュエーションを想定したスタイリングを提案。「インナーにシャツを合わせるとリクルートっぽさが出てしまうので、落ち着いた印象のあるレーストップスを合わせることで女性らしさを意識しましょう」。

アレンジ方法1:スマートに着映えるポケットチーフの活用法

特に男性が多いシーンなどでは、「ジャケットの着丈も短い方が女性らしさが際立ち、場も華やぐのでは」、と犬走さん。「ときには左ポケットの中に潜んでいるホワイトのポケットチーフを引き出して、スマートな品格も意識しましょう」

アレンジ方法2:同じスタイルをリピートしないアレンジ術

今回は「同じスタイリングをリピートし続けてしまう」という悩みを抱えている人に向けて、インナーやボトムスを変えるだけで着こなしの幅が広がるテクニックも披露。「女性が多いシーンでは、インナーに合わせてレースのスカートに変えて、女性から憧れられるようなスタイリングを意識して!」と犬走さん。こちらはジャケットを脱げばデート仕様に早変わりするのもポイントです

アレンジ方法3:常備すべきは「怖くならない」ノーカラージャケット

「怖くならないスタイリング」を意識することも、ビジネスシーンでは必須。「ファーストジャケット」では、より優しい印象を与えるノーカラータイプのジャケットも今シーズンより展開を開始したので、シーンに合わせて使い分けてみては

■2:職場で必須なのは「部下から受けのいい」ネイビーのセットアップ

10月発売予定のデザイン力の高いセットアップ

「ツイードジャケットの中に合わせているのは、なんと、ツイードのプリントが施された素材違いのセットアップなんです!」。こちらはスタイリングの幅が広がるよう、犬走さん自らポール・スチュアートのデザインチームにアドバイスをし、製作された思い入れの深いシリーズなのだとか。

動くごとに表情の変わるデザイン力の高いスカートは、座り姿も美しくあるよう計算されている「女子ウケ」も狙える心強い味方。部下からの好感度が上がる、軽やかなコーディネートの好例です。

アレンジ方法1:上級者に格上がる、カーディガンで着崩す方法

トップスをカーディガンに変えることで、日常のオフィスワーク仕様に。「カーディガンをスカーフ風に首に巻くなど、自分らしいオシャレな着崩し方を模索してみてください」。

アレンジ方法2:アジャストできるパールネックレスで華やぎをプラス

上着を着ない日など首元が寂しく感じるときには、ロングのパールネックレスを合わせて華やかさをプラスしたいもの。首の後ろで全体の長さをアジャストできるこちらのパールネックレスは、服とのバランスに合わせて長さを変えられる、着回し力の高いアイテムです。急なお食事会などにも対応してくれるので、オフィスのロッカーなどにストックしておくと便利そうです

犬走流、首元のアレンジテクニック

犬走さんお得意の、神業的スカーフのアレンジ術は必見

続いて、「Precious10月号」でも「毎日の仕事服のお悩みQ&A」企画を担当するなど、日本のビジネスファッションの第一人者である犬走さんが最も得意とする「首回り」のアレンジ方法を実演。

最近は襟付きのシャツよりもボウタイ付きのブラウスのコーディネートを提案しているという犬走さん。「リボンに結んだり、下に流して軽やかさを感じさせたり、アレンジできるのが便利です」。長すぎると野暮ったく見える可能性もあるとのことなので、ベストバランスを探求してみましょう
OFFシーンにも活躍するカジュアル感のあるジャージー素材のジャケットにも、シルキーなスカーフを巻くだけでエレガントな印象に早変わり。「色をさすことでスタイリング全体も華やぎますし、年を重ねるごとに気になってくる首元も上手くカバーできるという点でお勧めです」

ジャケットを素敵に着こなすには、「まずは常に着慣れることが大切」と犬走さん。

「私は夏こそジャケットを着るようにしています。しわが気にならない素材のものを、中にTシャツを合わせるなどして。(ジャケットを普段着ていない状態から)急に着ると『着られて』しまいます。だからちょっとずつでも、一年を通じてジャケットを着ているようにする。そうするとホテルなどでの扱いも変わってきます。私は年取ってもおばあさんになっても、ジャケットを着ていたい」。

「カーディガンの代わりにジャケットを着る」くらいの感覚でいることが、ジャケットをこなれて着こなす1番の要なのかもしれません。

そのほか、充実したイベント内容をダイジェストでご紹介

革新的な女性用ビジネスバッグ「ファーストバッグ」デビューを祝して、制作に携わった鞄メーカー、株式会社由利の代表取締役、由利昇三郎さんとのトークセッションも実施。普段ではお聞きできないような制作秘話やこだわりのポイントを余すことなく教えていただきました
セミナー後に行われた、来場者限定の「ファーストバッグのカラーオーダー会」では、自分オリジナルのカラーオーダーに挑戦される方が続出
犬走さんに直接お悩み相談できる、またとないチャンスも!
メイクアップ アーティストの栢木進さんによる、ジャケットに合わせた「アイメイク」デモンストレーションも開催。それぞれが一番美しく輝くメイクの「コツ」を個別に指導していただきました

忙しい日々を過ごす忙しいキャリア女性たちに「今すぐ役立つ」充実した内容でお届けするセミナー、「Paul Stuart's Exective Women's Seminar Series」は、今後も不定期で開催予定です。またとない希少な機会を見逃さないよう、オフィシャルのWEBサイトやお店で情報をチェックしましょう。

問い合わせ先

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
鈴木 智哉(キリンニジイロ)
EDIT&WRITING :
石原あや乃