一見クラシックなボウブラウスをカジュアルにアレンジして着るのが、今おしゃれです。

秋らしさを先取りできて、一枚で着映え効果をもたらすボウブラウスをぜひ取り入れてみましょう。

マルチな白、華やかなプリント、透け感ある素材とさまざまなタイプを選べるので、秋本番になるまでに好みのスタイルを見極めてみては。

華やぎあるムードで簡単に秋らしくドレスアップできる「ボウブラウス」コーデ3選

■1:シャーリーズ・セロンは…清楚な白をウォッシュデニムとの合わせで今どきの洗練カジュアルに

ブラウス_1
シンプルなパンプスと大きめのバッグはシャープな黒でまとめて、引き締め効果になっています。

N.Y.でキャッチされた女優、シャーリーズ・セロンのコーディネートです。

細身のジャケットに白のボウブラウスを合わせた上半身だけ見ると、かっちりとしたコンサバコーデですが、全身だと個性的なウォッシュが際立って、モードな雰囲気に。

普通のシャツカラーだと味気なくなるところ、ボウタイのデザインが華やかなニュアンスづけになっています。
ベーシックな色味だけでまとめているところも、大人っぽくリッチさが高まり、見逃せません。

スタイリッシュなモードカジュアルの主役アイテムとして活躍させると新鮮なので、ぜひ着こなしてみましょう。

■2:ケイティ・ホームズは…ピンクを新しい表情に見せて、切れ味のいいクールなアレンジを

ブラウス_2
足元はスポサンで新鮮にアレンジ。多くのセレブが今シーズン取り入れている人気のビルケンシュトックを愛用中。

2020年7月、レオパード柄のマスクをしてN.Y.、ソーホーで見かけられた女優、ケイティ・ホームズ。

ピンクのプリントがフェミニンなボウブラウスはリボンにせず、そのまま垂らした甘く見せないアレンジで着こなしていました。

ボトムにはストレートシルエットのベーシックなインディゴデニムを合わせていて、主張しすぎないおしゃれムードが光っています。

ブラウス自体に着映え力があるときは、ボトムは力を抜いたアイテムにすると、バランス良好です。
ピンクの着こなしに、キャメルの大きめバッグが上品なリッチさを印象づけるアクセントに。

■3:ソフィア・コッポラは…着やすさなら水玉×モノトーン。透け感が女性らしさの決め手に

ブラウス_3
パンツの丈を短めにして、ストラップをちら見せ。黒メインの着こなしなので、抜け感になっています。

数少ないハリウッドの女性映画監督として活躍中のソフィア・コッポラが映画の発表イベントの出席したとき、水玉のボウブラウスを着用していました。

もともと黒をメインとしたシックな着こなしを愛用することが多い彼女ですが、この日は水玉で華やかさをアピール。

インのキャミソールが透けて見えるシアーな素材だから、ドレスアップ感が高く着映えにつながっています。
また全身黒っぽくまとめても、透け感がある素材だと重たく見えず、軽やかです。

モノトーンなので、リボンがちょうどいい大人のスイートさを演出しています。


タイプの違うボウブラウスを着た3人のコーディネートを分析しました。

ボトムによってモードなテイストにクラスアップしたり、センスのいいカジュアルに仕上げたり、透け感が華やぎをもたらしたりと、今っぽく上手にアレンジしていました。

秋の着映えスタイルへのファーストステップとして、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
AFLO
EDIT&WRITING :
佐野有紀