メガネを購入する際に、自分の好みやトレンドを重視して選んでいませんか?

フレームの色と形は、顔立ちや肌そのものの印象を大きく左右します。たとえば黒や紺のフレームは顔立ちをくっきりシャープに際立たせ、茶系やベージュは肌色になじみ、優しい印象に仕上げます。

また透明なセルフレームやゴールドのメタルフレームは、光を集めて、肌そのものを明るく見せることが可能です。メガネにはメークとよく似た機能があるため、好みだけでなく、エイジングの悩みに合わせて選びましょう。

今回はアイウエアのセレクトショップ「コンティニュエ」から、エイジングの悩みを解決してくれる、3タイプのメガネをお届けします。

■タイプ1:気になるクマをカバー!グラデーションの「ウェリントン」

メガネ¥30,000(コンティニュエ〈オリバーピープルズ〉)、ブラウス(YOKO CHAN)、イヤリング[WG×ダイヤモンド] (ダミアーニ 銀座タワー)

スクエアなフォルムが知的なムードをつくり出し、顔立ちをきりっとシャープに引き締めて見せてくれるウェリントンは、40代~50代の女性たちに人気を集める定番のフレーム。

なかでもイチオシは、上がダークで下がライトカラーになったグラデーションタイプ。目の存在を強調しながら、目の下に不要な影をつくらないという優れもの。目の下側が明るくなるので、クマが目立たなくなり若々しい印象に仕上げます。

■タイプ2:眉間の縦ジワをカムフラージュする「ボストン」

メガネ¥28,000(コンティニュエ〈イエローズプラス〉)、ニット(クルチアーニ 東京ミッドタウン店)、ピアス(アルテミス・ジョイエリ〈アルテミス・ジョイエリ〉)

丸みのあるボストンタイプのフレームは、眉間の縦ジワを曲線でカムフラージュし、優しくやわらかな表情に見せてくれるのが最大のメリット。

縦のシワは「不幸ジワ」とも言われ、険がある顔や老け顔に見える一因になります。こちらのメガネはツルがちょうど目尻の位置についているため、まぶたのたるみや目尻のシワも上手にカバーしてくれます。

■タイプ3:たるみ顔がリフトアップする「フォックス」

メガネ¥28,000(コンティニュエ〈エナロイド〉)、プルオーバー(YOKO CHAN)、イヤリング[PG×ダイヤモンド](ダミアーニ 銀座タワー)

つり目ラインのフォックス型は、かけただけでフェースラインがぐっと持ち上がったようにリフトアップして見えるのがうれしいポイント。目尻もスーッと切れ長に、上がったように見せてくれます。特にこのベージュのフレームは、肌になじんで明るさアップの効果があるため、肌のくすみが気になる人にもおすすめです。

以上、エイジングの悩み別に、オススメの3タイプの美人メガネをお送りしました。顔の印象を大きく左右するメガネだからこそ、好みだけでなく、悩みに合わせて選ぶようにしましょう。

【関連記事:ビフォーアフターで大違い!メガネ女性を美しく変身させる7つの必須コスメ】

PHOTO :
鈴木 宏
STYLIST :
富岡百合子
HAIR MAKE :
尾花ケイコ
MODEL :
真樹麗子(Precious)
WRITING :
松澤章子
EDIT&WRITING :
荒川千佳子、五十嵐享子(Precious)