今年の春夏に続き、秋冬も注目の素材である「サテン」。

肌の上を滑る光沢感のある素材なので、シンプルなトップスやボトムス合わせもパッと華やかに魅せてくれるのが高ポイントです。

では早速、3人のセレブたちのサテンコーデをチェックしてみましょう。

取り入れるだけでパッと華やぐ! セレブたちのサテンを使った初秋コーデ3選

■1:オリヴィア・パレルモは…ダークカラーをサテンでリッチに着こなして

リッチなサテンを組み合わせることで、黒の品格がアップ。
リッチなサテンを組み合わせることで、黒の品格がアップ。

イタリアのミラノでキャッチされたソーシャライツのオリヴィア・パレルモは、サテン素材を使って黒の魅力を引き立てていました。

初秋にぴったりなポンチョ風の黒トップスに、ダークグリーンのスカートを合わせて一層季節感を深めています。スカートはサテン素材のプリーツデザインなので、プレーンなトップスに立体感を与えてくれます。

マーブルとゴールドと思われる細ベルトでウエストにポイントを加えることで、ダークカラーの上下の間延びを払拭しているさりげなさも参考にしたいですね。

■2:エミリー・ラタコウスキーは…定番ワンツーを素材と配色で今っぽく更新

シャツの素材と色を旬のものに置き換えて、シンプルワンツーを今っぽく。
シャツの素材と色を旬のものに置き換えて、シンプルワンツーを今っぽく。

CAにて、友人とのディナー帰りの姿をキャッチされたモデル、女優のエミリー・ラタコウスキー。

ロエベやトッズのランウェイで注目された、レンガのような色味のボルドーを使って、サテンシャツをトレンド感たっぷりに着こなしていました。

シャツとスキニーパンツは定番の組み合わせですが、ボルドーのサテン素材と白を組み合わせることで鮮度高く仕上がります。太めのベルトとスニーカーのロゴで少量の黒を散らせば、メリハリもさらにアップ。

真っ赤なレザーハンドバッグをプラスしても、ボルドーと同系色なので浮かずにちょうど良いアクセントとして魅力を放っています。

■3:ロージー・ハンティントン=ホワイトリーは…デニムルックを大人らしく優雅に導く

サテントップスを合わせれば、いつものデニムもこんなに洗練された表情に。
サテントップスを合わせれば、いつものデニムもこんなに洗練された表情に。

NYのSOHOにてショッピングしていた時の、モデルのロージー・ハンティントン=ホワイトリーの着こなしをピックアップ。

親しみ慣れたデニムパンツも、オフホワイトのサテンブラウスを合わせるだけで品格のある表情に変わります。

グッチ(GUCCI)のベルトやシャネル(CHANEL)のパンプスで淡いカラーを引き締めつつ、リュクスなムードを高める小物テクも参考にしたいですね。

ネックレスやピアスは、ベルトのバックルとリンクさせたゴールドを選んで、一体感をアップさせています。


この秋参考にしたい、セレブたちの「サテン」を使ったコーディネート術をご紹介しました。その素材特有のツヤ感で、高級感とこなれた印象を授けてくれるこのアイテム、是非ワードローブに加えてみてはいかがでしょうか。

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
AFLO
WRITING :
阿部芙美香