合わせる色は白か黒。色数を増やさないのが「上品カーキ」の鍵

ミリタリーテイストな色であり、どこかカジュアルなムードが漂う「カーキ」。この秋冬もトレンドのひとつとして注目されています。

この色をあくまでエレガントな大人の着こなしに仕上げるには…エディターJのこれまでのコーデを見ると、「白×カーキ」か「黒×カーキ」がひとつの正解として見えてきます。

色数は増やさずすっきりと、そしてこなれたムードに仕上げられた3つの装いから、この秋冬のファッションのヒントを探してください!

■1:カーキブルゾン×カーキニット×白デニムパンツ

ニット_1,ワイドパンツ_1,デニム_1,ホワイト_1
ブルゾン・デニム/ユニクロ ニット・ネックレス・ピアス/J.Crew 時計/シャネル バッグ/DRAGON 靴/ジミー チュウ

白、黒、ベージュに続き、エディターJの「MYベーシックカラー」であるカーキ。もともとカジュアル感のある色だから、どうコーディネートしても着慣れた風に見えるのが魅力だそう。

この日は4月。カーキ×黒では重く、暑苦しいと選んだのは、白のデニムパンツでした。カーキのトップスをコンパクトにまとめることで、上半身がキュッと引き締まり、ワイドシルエットのパンツもバランスのいい着こなしに。

4月以上に気温が高い日が多い初秋にも、ぴったりのコーディネートではないでしょうか?

■2:黒ニット×カーキパンツ

ニット_2,パンツ_2,バッグ_1,パンプス_1,大人コーデ_1
ニット/ジル・サンダー Tシャツ/プチバトー 時計/シャネル 靴/ジミーチュウ

写真ではわかりづらいのですが、この日のボトムは黒とカーキが混ざったような迷彩柄のジョガー風パンツ。このカジュアル感が強いアイテムを、エレガントにまとめるのがエディターJならではの着こなしです。

ポイントはバッグと靴できちんと感を意識すること。バッグはクラシカルで女らしいトップハンドルタイプをセレクト。カーキと黒の配色です。靴もカーキスエードのパンプスで、辛口のエレガンスを加えます。

そしてトップスをすっきりとしたタイトシルエットの黒ニットにすれば、「黒×カーキ」のこなれコーデが完成! さらにニットの裾から覗かせたTシャツと、腕時計で添えたほんの少しの白が絶妙な抜け感を演出している点も、プラスアルファのテクニックとしてぜひ参考にしてください。

■3:カーキブルゾン×黒タートルニット×黒パンツ

ニット_3,パンツ_3,バッグ_2,パンプス_2,大人コーデ_2
ニット・ブルゾン/ユニクロ パンツ/バーニーズ ニューヨーク サングラス/マックスマーラ バッグ/ブルガリ 靴/ジミー チュウ 

カーキアイテムの王道といえば、MA-1風のブルゾン。これを上手に着こなせると、ぐっとおしゃれ度がアップします。

ここでも活躍しているのが、上のコーデと同じハンドバッグ&パンプス。同じカーキ色でつなげつつ、エレガントなアイテムを投入することで、カーキがカジュアル一辺倒にならないよう意識しているのだそう。

また、存在感のある大ぶりのアクセサリーを合わせて、ちょっとしたドレスアップ感を添えるのも大人の着こなしに仕上げるワザ。この日はハンドバッグのメタルに合わせ、ボリュームのあるゴールドのピアスと時計、一部にゴールドを使ったサングラスをコーディネートしています。


以上、【身長152cmの着こなし】シリーズから、こなれた印象に仕上げた「カーキ」のコーディネートをまとめました。これからのおしゃれのヒントを見つけていただけたら幸いです!

【身長152cmの着こなし】シリーズはこちら

エディターJ待望のインスタもスタート!

エディターJのコーディネートをもっと見たい!という方も多いはず。書籍販売に合わせて、待望のインスタもスタートしました。

いますぐに取り入れたくなるファッションTipsをくまなくチェックできます。通勤時間や日常のスキマ時間の楽しみに、インスタフォロー(ユーザー名:152editorj)もお忘れなく!

Instagramはこちらから

「152cmだっておしゃれはできる!小さな天才、エディターJ『ワンパターンでうまくいく』」ご予約はこちらから!

大人のクリスマスコフレ&限定コスメ特集【2020】_1
「152cmだっておしゃれはできる!小さな天才、エディターJ『ワンパターンでうまくいく』」¥1,400(税抜)

2020年11月5日(木)発売に伴い、ネットでの予約も受付中です。

どうぞネットにて、ご予約ください。

楽天ブックスで予約する

Amazon.co.jpで予約する

ヨドバシカメラで予約する

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。