仕事ができる出版社の営業マン・飴谷甘太朗が、仕事を効率よく終わらせてはその合間に大好きな甘味を食べ歩く姿が描かれる異色スイーツドラマ『さぼリーマン甘太郎』(テレビ東京系で放送中)。主演の尾上松也さんの細やかなモノローグや体を張った“スイーツに溺れる甘太朗”の演技、ハイスピードカメラを駆使して撮影されるスイーツの映像など、見ると間違いなくスイーツが食べたくなるドラマに仕上がっています。

尾上松也さん演じる飴谷甘太朗

松也さんは、元々スイーツが大好きと公言していたこともあって「ありがたいことに、差し入れなどで甘いものをいただく確率が増えた」そう。ドラマ内でも、プライベートでも数々の絶品甘味を堪能してきた松也さんに、今まででもらってうれしかった、おいしくて印象的だった差し入れスイーツを5つ、挙げていただきました。

■1:パトロン(鎌倉 歐林洞)

パトロン:4個入り1600円/6個入り2,400円/10個入り4,000円(税込)

「僕が大好きな栗ベースのお菓子です。マロンのペーストをミルクチョコレートとダークチョコレートでコーティングしたお菓子で、2種類同じように見えて味が違い、どちらも非常においしいです。チョコレートでコーティングしているので一見『なんだろう?』と思いますが、ひと口食べると栗のお菓子なんですよね。

差し入れでいただいて衝撃を受けて、自分でも買うようになり、差し入れに持っていく機会も増えて……そうすると、僕がとても好きだということに歐林洞さんが気づいてくださり(笑)、ときどき差し入れしてくださいます。

生クリームを使っているのであまり日持ちはしないのですが、差し入れしたら絶対に喜んでいただけると思います。秋に向けて、とてもいいお菓子ですね」

問い合わせ先

  • 鎌倉 歐林洞 TEL:0467-23-8838
    住所/神奈川県鎌倉市雪の下2-12-18
    電話/0467-23-8838
    営業時間/11:00~18:00(LO.17:30)
    定休日/無休
    ※松屋銀座(東京都中央区銀座3-6-1)、東急百貨店本店(東京都渋谷区道玄坂2−24−1)、小田急百貨店新宿店(東京都新宿区西新宿1-1-3)内の店舗でも購入可

■2:マロンシャンティイ(SWEETS&DELI)

マロンシャンティイ:648円(税込) ※現在、期間限定で「和栗と和三盆のマロンシャンティイ」(税込950円)も発売中(~11月末)

「またマロンペーストのお菓子なのですが(笑)、パレスホテル内のSWEETS&DELIというお店で売っているマロンケーキです。

普通のモンブランは、マロンペーストの中に生クリームが入っているじゃないですか。こちらのは逆で、マロンペーストを生クリームでコーティングしています。ですので、見た目は真っ白で、食べると中にマロンペーストが入っています。

僕の中でマロンケーキは、ペーストは好きですが栗をそのまま使っているのはあまり好きではないので、これはまさに僕の理想のマロンケーキですね」

問い合わせ先

  • SWEETS&DELI TEL:03-3211-5315
  • 住所/東京都千代田区丸の内1-1-1 パレスホテル東京 B1F
  • 営業時間:10:00~20:00

■3:いちごシャンデ(オザワ洋菓子店)

いちごシャンデ:特大320円/大230円/小200円(税込)

「全体がチョコレートでコーティングされていて、形がいびつなんです。最初は、『なんだこれは!?』と警戒していたのですが(笑)、ひと口食べたら生クリームといちごが入っていてびっくりしました。

まさか生クリームが入っているとは思っていなくて。基本的に生クリームが大好きなので嬉しいですし、それだけでも驚きましたね。最初はよくわからないのですが、間違いなくおいしいです。いただくまでは存在すら知らなかったのですが、最近はいろいろな楽屋でも届いているのを見かけます」

問い合わせ先

  • オザワ洋菓子店 TEL:03-3815-9554
    住所/東京都文京区本郷3-22-9
    営業時間/9:40~19:30(平日)、9:40~18:30(土曜日)
    定休日/日曜日・祝日

■4:プティ・タ・プティ(アンリ・シャルパンティエ)

プティ・タ・プティ :Sボックス1,296円/Mボックス2,160円/Lボックス3,024円(税込)

「アンリ・シャルパンティエの小さなクッキーセットです。ひとつひとつのクッキーは小さめですが、とてもおいしいです。いろいろな種類を少しずつつまみながら食べられますし、日持ちもするので差し入れにはとてもいいですね。
僕は、差し入れでいただくと楽屋に置いておき時間をかけて少しずつ食べるのが楽しみです。パッケージもかわいいので、プレゼントに喜ばれると思います」

問い合わせ先

■5:生クリームあんぱん(パオン昭月)

生クリームあんぱん:164円(税込)

「季節限定で販売されている、生クリームの入ったあんぱんです。(共演中の)石川 恋ちゃんが撮影のときに差し入れしてくれました。あんこと生クリームの組み合わせは、シンプルでよくあるのですが、それがとてもおいしかったです。撮影現場でも非常に好評だったので、僕もほかの現場で差し入れしようかなと思っています(笑)」

問い合わせ先

  • パオン昭月 TEL:03-3421-4831
    住所/東京都世田谷区駒沢2-18-11
    営業時間/7:00~20:00
    定休日/日曜日

松也さんにとって、スイーツとは“生きる喜び”だそう。「お店に足を運ぶまではいかなくても、毎日何かしらの甘いものは口にしていますし、少なくとも僕にとってはなくてはならないものです」と、スイーツ男子らしいコメントを寄せてくれました。

スイーツは日々の生活に彩りを添えるもの。友人宅に招かれたときのお持たせとして、またはがんばっている自分へのご褒美として……何気ない時間を特別なものにするために、今回紹介した差し入れスイーツを一度、口に運んでみてくださいね。

 

【関連記事:スイーツ男子・尾上松也も虜!ドラマ『さぼリーマン甘太朗』に出てきた都内の絶品スイーツ5選】

■ドラマ『さぼリーマン甘太朗』(テレビ東京、毎週木曜深夜1時~)
2017年7月~放送中。出版社の営業マン、飴谷甘太朗は仕事を完璧にこなし周囲の信頼も厚い。そんな彼の唯一の秘密、それは「仕事をサボってスイーツを食べること」。今日も彼は外回り営業を手早く終わらせ、甘味の園へと赴いていく。甘太朗が食べ歩く和洋さまざまな絶品スイーツは、どれも実在する店舗のもの。VFXで表現される「スイーツに酔いしれる甘太朗の脳内イメージ」も見どころの、異色スイーツドラマ。
©アビディ井上・萩原天晴/講談社©「さぼリーマン甘太朗」製作委員会

PROFILE
尾上松也(おのえ まつや)さん
1985年生まれ。歌舞伎俳優。1990年5月に「伽羅先代萩」の鶴千代役にて二代目尾上松也を名のり初舞台。歌舞伎以外にも、ミュージカルや大河ドラマなどに出演、また声優や番組MCとしても活躍するなど、幅広く活動している。
公式サイト:https://onoematsuya.jp/
松竹エンタテイメント:http://www.shochiku-enta.co.jp/
この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
WRITING :
Mami Azuma