世の中いたるところに“ギャップ”が転がっている。仕事をしていれば、上司や部下との考え方に違和感を覚える。海外に出れば、お辞儀の仕方ひとつをとっても文化や慣習の違いはあたりまえだ。そんなあたりまえに転がっているギャップのなかで、だれもが遭遇するいちばん深い溝といえば…男女関係。そう考えさせられたのが、映画『さざなみ』である。

sazanami-main


土曜日に結婚45回目の結婚記念日パーティを予定しているケイト(シャーロット・ランプリング)とジェフ(トム・コートネイ)。子供はいないものの、互いを思いやり、愛情をもって平穏に暮らす夫婦だ。ところが、月曜日にジェフのもとにスイスからある手紙が届く。それは、ケイトと知り合う前にジェフがつきあっていた恋人の遺体が、アルプスの氷河の中から発見され、遺体確認に来てほしいという知らせだった。目の前の妻の存在を忘れ、一気にかつての恋人と過ごした過去へと浸っていく夫。夜中にベッドを抜け出し、屋根裏に上って元彼女の写真を探し出す。そんな夫にいらだち、その写真を手渡すように声を荒げる妻。水曜日、ケイトはスライドを発見し、ある事実から激しい嫉妬に駆り立てられていく…。

2さざなみサブ


思い出に浸ることで、再び若き日々を取り戻すことができるかのように過去に執着する夫。恋人の写真を見たことで、了解していたはずなのに自分の写真が一枚もないことに怒りを覚える妻。夫が過去の余韻に浸れば浸るほど、「出会う前のことに腹を立てることなんてできない」とわかっていながら、夫の裏切りを感じて不信を覚え、嫉妬に取り憑かれていく。そんな妻を、ランプリングが、表情ひとつで鮮やかに見せる。美人女優は年を重ねるほど、主役を張るのは難しい。だが、ランプリングは『まぼろし』『スイミング・プール』などでも魅せたように、本作でもますます円熟した演技で魅了する。疑念を抱き、嫉妬にとらわれ、軽蔑に至る男に対する女の視線。多くの女性が共感するはずだ。どんなに懸命な夫婦であっても男と女の溝は深い。その事実に改めて気づかされる。

© The Bureau Film Company Limited, Channel Four Television Corporation and The British Film Institute 2014

■さざなみ

結婚45周年パーティを土曜に控えたケイトとジェフ。月曜に、ある手紙が届き、夫婦間の信頼が揺らいでいく。シャーロット・ランプリングは本作でベルリン国際映画祭銀熊賞ほか受賞、アカデミー賞主演女優賞など多数ノミネート。

監督:アンドリュー・ヘイ 出演:シャーロット・ランプリング、トム・コートネイほか。

http://sazanami.ayapro.ne.jp/

※この情報は2016年4月7日時点のものになります。

この記事の執筆者
生命保険会社のOLから編集者を経て、1995年からフリーランスライターに。映画をはじめ、芸能記事や人物インタビューを中心に執筆活動を行う。ミーハー視点で俳優記事を執筆することも多い。最近いちばんの興味は健康&美容。自身を実験台に体にイイコト試験中。主な媒体に『AERA』『週刊朝日』『女性セブン』『プレジデント ウーマン』『朝日新聞』など。著書に『バラバの妻として』『佐川萌え』ほか。 好きなもの:温泉、銭湯、ルッコラ、トマト、イチゴ、桃、シャンパン、日本酒、豆腐、京都、聖書、アロマオイル、マッサージ、睡眠、クラシックバレエ、夏目漱石『門』、花見、チーズケーキ、『ゴッドファーザー』、『ギルバート・グレイプ』、海、田園風景、手紙、万年筆、カード、ぽち袋、鍛えられた筋肉
クレジット :
文/坂口さゆり
TAGS: