「デザイン」、「ミュージック」、「ファッション」、「フューエル(食)」の4つにフォーカスし、仕掛けに満ちたデザインホテルを展開しているWホテル。その52番目にあたる「W上海―外灘」が2017年6月30日にオープンしました。

きらめく浦東を望む、Wフロアにあるウエット(プール)
きらめく浦東を望む、Wフロアにあるウエット(プール)

上海きっての夜景ビュー!ネオンきらめく浦東が真正面に

場所は、緩やかに蛇行する黄浦(ホワンプー)江の南に位置する、急ピッチで開発が進む虹口(ホンコー)エリア。上海の代名詞となっている近未来的風景の浦東(プートン)の目の前。実は、これほどプートンの眺望が真正面に迫るロケーションは他にはないと言われています。

コンセプトは、上海ならではの「魅力的なコントラスト」

各国のWホテルでは、プロジェクト段階でその土地のことを徹底的に調べ上げます。そして、何をテーマに表現するかを、じっくりと精査。W上海―外灘では「キャプティベイティング・コントラスト」(魅力的な対比)がコンセプトになっています。たとえば、歩んできた歴史とモダンな国際都市の「新と旧」、伝統的な中国文化と1920年代のフランス租界の「東洋と西洋」など、コントラストをなす魅力的な要素が上海にはたくさん。かえって、絞り込むのに苦労したとか!?

目を向けた先には必ずアートなこだわりがあるW上海―外灘。これは館内で最大かつシグネチャーなアートピース
目を向けた先には必ずアートなこだわりがあるW上海―外灘。これは館内で最大かつシグネチャーなアートピース

42階建ての高層ホテルの1階エントランスでは、4階までの吹き抜けに吊るされたいくつものネオン管が目を引きます。ネオン管のモチーフは上海の目抜き通りの名前や、ドレス(Wホテルに出かけるための)など。これは、上海へ行かれた方なら見かけたことがあるであろう、路地裏の物干し風景からインスパイアされたとか。

N.Y.のビストロを思わせるザ・キッチン。「フューエル(食)」もWホテルの大切なポイント
N.Y.のビストロを思わせるザ・キッチン。「フューエル(食)」もWホテルの大切なポイント

Wフロア(4階)に、ロビーやリビングルーム(ラウンジ)、ザ・キッチン(レストラン)、ウエット(プール)、アウェイスパなどのパブリックな施設が集まっています。W上海―外灘の中心的場所ともいえる、DJブースのあるリビングルームにも実は裏テーマがあります。外灘エリアにあるフランス租界の建物には、通りからは見えないコートヤードがあるのですが、「館内にコートヤードを入れてしまおう!」と、バーの裏手など3か所に吹き抜けがつくってあるのです。これは、ほんの一例。語り出したら尽きないほど、あちこちに仕掛けがちりばめられています。

打たせ湯など水流マッサージ施設もしつらえたウエットの屋内プール
打たせ湯など水流マッサージ施設もしつらえたウエットの屋内プール
東方テレビ搭が窓の向こうに輝くアウェイスパ
東方テレビ搭が窓の向こうに輝くアウェイスパ

絶景を愛でるための、落ち着きあるウッドを多用した部屋

374室のゲストルーム(CNY1,960/泊~ 1CNY=約17円 ※2017年10月2日現在)は、各フロアの部屋ごとにオレンジ色からチャイナレッドへとテーマカラーが移行していくカラーリング。そして、ほぼ全室が浦東ビュー! 建物がジェリービーンズのようなシルエットなので、大きな窓が直線ではなく、せり出すように突き出た造りになっています。そのため、圧巻のパノラマビュー! 七色に輝く東方テレビ塔や高層タワーの森ビル、ネオンきらめくスカイラインが夜空を染め、眼下をみれば巨大な貨物船がゆっくりと航行していきます。いつまでも眺めていたくなる風景。夜景で有名なインターコンチネンタル香港と双璧をなす美しさです。

部屋数の最も多いワンダフルルーム。窓に沿うようにソファが配置されています
部屋数の最も多いワンダフルルーム。窓に沿うようにソファが配置されています
チャイニーズレッドに染まるファンタスティックスイートのリビング
チャイニーズレッドに染まるファンタスティックスイートのリビング

ゲストルームで印象的なのはウッドを多用していること。パブリックエリアではド派手なデザインが炸裂していても、部屋に戻れば、ほっとひと息。落ち着いた室内で絶景に癒されます。そしてベッドの上に置いてある、小龍包と箸のクッションにクスリと微笑が誘われるのです。

ベッドの上の小龍包と箸のクッションは「W上海―外灘」のアイコン
ベッドの上の小龍包と箸のクッションは「W上海―外灘」のアイコン

問い合わせ先

  • W上海-外灘 TEL:86-21-2286-9999
  • 住所/200080 上海市, 上海 No.66 Lvshun Road
この記事の執筆者
ダイビング雑誌の編集者を経てフリーに。海外旅行専門誌でもビーチを担当。月に1~2回、海外を中心に国内外のビーチリゾートへ通うこと、かれこれ四半世紀以上になる。女性誌の旅記事、ライフスタイル誌の連載、ウェブの連載ほか、共著に『奇跡のリゾート 星のや竹富島』など。世界のビーチガイド「World Beach Guide(http://www.world-beach-guide.com ) 」主催 好きなもの:海でボーッとすること、ボディボード、ダイビング、ビーチパーティー、Jazztronik、H Zettrio、渋谷Room
公式サイト:古関千恵子ホームぺージ
Twitter へのリンク
Instagram へのリンク
WRITING :
古関千恵子
EDIT :
安念美和子