おしゃれアイテムとして、もはや定番となったフラット靴。カジュアルにも、ビジネスシーンにも重宝しますが、「脚が短く見えそう」と気になる方もいるのではないでしょうか。これはボトムとの組み合わせを考えることで、改善できます。4タイプの最旬ボトムを例に、フラット靴とボトムのベストバランスをスタイリング別にご紹介します。理想のコンビネーションを見つけてみましょう。

■1:リボン付きパンプス×ひざ下丈のセミタイトスカート

靴[ヒール0.5cm]¥82,000(ジージーアール ジャパン〈ジャンヴィト ロッシ〉)
〝マックスマーラ〟のトップス¥65,000・ベルト¥47,000・バッグ¥148,000・〝エス マックスマーラ〟のスカート¥67,000(マックスマーラ ジャパン)、ネックレス¥1,000,000・リング¥500,000(シャンテクレール 東京店)

体のラインを拾いすぎず、美しいシルエットをつくれるセミタイトスカートは、知的な女性のデイリーアイテム。ほんのり肌の透ける黒ブラウスに、キャメルスカートを合わせたレディライクな着こなしには、フラットでも女らしさを取り入れたいところ。リボンディテールで甘さを加えた黒のフラット靴を合わせ、上級者コーディネートに仕上げます。

■2:メタリックシューズ×タックテーパードパンツ

靴[ヒール1.5cm]¥93,000・バッグ¥326,000(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)
トップス¥120,000(ザ シークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉)、パンツ¥32,000(レキップ)、ベルト¥18,000(エストネーション〈メゾン ボワネ〉)、ピアス¥29,500・リング¥74,000(ジョージジェンセン ジャパン)

華奢な足首を演出するタックテーパードパンツは、常にワードローブの主役として活躍します。シンプルなボトムラインに合わせるのは、辛口なシルバーと指先がのぞく、抜け感のバランスが絶妙なフラット靴。目を引くシルバーのポインテッドトゥが、軽快さをもたらすアクセントとして輝きます。

■3:秋色ベルベッドパンプス×ボリュームAラインスカート

靴[ヒール0cm]¥71,000(JIMMY CHOO<ROMY>)
バッグ¥192,000(JIMMY CHOO)、ニット¥29,000・スカート¥33,000(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、ピアス¥22,000・ネックレス¥113,000(ジョージ ジェンセン ジャパン)

ふんわりと広がるAラインスカート×フラットシューズの王道コンビには、旬のベルベット素材を投入。特有の光沢が、シンプルな着こなしにリッチ感をプラスします。落ち着きのあるボトルグリーンのフラットシューズは、取り入れやすく、装いをワンランクアップさせます。

■4:ポインテッドトウ×フレアクロップドパンツ

靴[ヒール1cm]¥48,000(アマン〈ペリーコ〉)
カーディガン¥44,000・ニット¥30,000(wb)パンツ¥39,000(ADORE)、バッグ¥52,000(ユナイテッドアローズ 銀座店〈フルラ〉)、ピアス¥170,000・ネックレス¥99,000・バングル上から/¥920,000・¥103,000・リング¥67,000(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)

ゆったりとエレガントなラインが女らしいワイドパンツは、足首ぎりぎりの9分丈が最旬バランス。ボトムにボリュームがあるため、足元をきゅっと引き締めることで一気に女らしさがアップします。フラットシューズは、スエードにリザードの型押しを施した新素材を使用。ノーズ部分はエナメルで、軽やかな足元を演出します。

以上のように、「スタイルが悪く見えそう」と思いがちなフラットシューズも、ボトムとのコンビネーション次第で、まったく違った印象に仕上げることができます。最旬ボトムとフラットシューズの最強タッグで、ワンランク上の装いを完成させましょう。

関連記事

PHOTO :
水田 学(NOSTY/人物)、小池紀行・池田 敦(パイルドライバー/静物)
STYLIST :
戸野塚かおる
HAIR MAKE :
三澤公幸(3rd)
MODEL :
LIZA