仕事中、椅子に座っていたときに「上からの視線」が気になったこと、ありませんか?

コシがなくなってくると、せっかくブローで髪を根元から立ち上げても、時間が経つとペタンコになりやすいもの。そこで、コシがなくても地肌が見えにくく、ブローが長持ちするテクニックを、渋谷の美容室「P-cott」の店長・白倉和則さんに教わります。

【お悩み】すぐにペタ~ッとなる髪にボリュームがほしい!

ショート代表:江里口千瑞子さん(45歳/主婦)のこの悩みを解決するには…

■髪型:レイヤーを入れすぎない「ショートボブ」でボリューム不足をカバー

完成
サイド
バック

江里口さんのHAIR CHART

  1. ◾️やわらかさ(柔→硬)★
  2. ◾️ボリューム(少→多)★
  3. ◾️髪の太さ(細→太) ★
  4. ◾️うるおい(乾→潤) ★★
  5. ◾️白髪の量(多→少) ★★★

「ショートヘアはマニッシュでシャープな雰囲気になりそう…」と思う人も多いのではないでしょうか。

「前髪を長めにしてシルエットに丸みを持たせると優しいフォルムになるので、40代、50代の女性にオススメです。レイヤーを入れることで髪に厚みができるので、ボリューム不足を解消できるんです。レイヤーを入れるとスタイルに動きが生まれるメリットがあるのですが、入れすぎるとうねったり、広がりやすくなるので、控えめに入れるのがポイントです」(P-cott店長・白倉和則さん)

■スタイリング:分け目をぼかすように乾かして、根元をふんわり立たせる

スタイリングする前に、髪を根元からしっかり濡らしておくことが、大事なポイントなのだそう。

「ブローするとき、髪の表面しか濡らしていない方が多いのですが、それでは根元まで熱が伝わりにくく、すぐペタッとなってしまいます。髪にハリがほしいなら、洗い流さないアウトバストリートメントも効果的。ドライヤーをかける前に根元を中心になじませておくと、ハリ感が長持ちします」(白倉さん)

スタイリング前

◾️1:髪を根元までしっかり濡らしたら、ハリがほしい部分を中心に「洗い流さないトリートメント」をなじませる

 

◾️2:指先で分け目をぼかすイメージで、指で地肌を擦りながらドライヤーの温風をあてる。髪が乾いたら、仕上げに冷風をあてるとキープ力がアップ

 

<老け見えをくい止めるポイント3か条>

  1. ◾️サイドとバックにレイヤーを入れて立体感のあるスタイルをつくること
  2. ◾️を根元から立たせたい部分はブローする前に地肌から濡らすこと
  3. ◾️風でしっかり乾かしたら、仕上げに冷風をあてる

「ご自宅のシャンプー&トリートメントも、ハリとコシが出やすいものに変えると、スタイリングしやすくなります。いつものお手入れから見直してみてください」(白倉さん)

P-cott店長・白倉和則さん。「10年前からショートケーキにハマってます。究極の逸品を探し求めて、食べ歩いています」

問い合わせ先

  • P-cott
    住所/東京都渋谷区神南1-13-10
  • TEL:03-5456-4941
  • 営業時間/11:00~21:00
  • 定休日/火曜
P-cottのテーマは大人の隠れ家。雑誌などにも取り上げられる卓越した技術に信頼を寄せるモデルたちが、こぞって通う美容室

大人のヘアカタログ

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
古谷利幸〈F-REXon〉
WRITING :
中島祐美
DIRECTION :
青木 笑